村末 勇介 (ムラスエ ユウスケ)

Murasue Yusuke

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

10782344

研究分野・キーワード

学級経営,生活指導,保健指導,性教育

ホームページ

http://murasue.style.coocan.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学研究科   高度教職実践専攻   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  修士(教育学)  教育学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

      琉球大学 大学院教育学研究科 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    継続中
     

    九州体育・スポーツ学会

  • 2018年04月
    -
    継続中
     

    日本思春期学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 学級経営

  • 生活指導

  • セクシュアリティ教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 「特別の教科 道徳」の教科書教材と授業展開に関する一考察 : 小学校「生命の尊さ」項目の教科書教材分析を手がかりに

    その他の著者

    高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 No.3 (2019/3) ( 琉球大学大学院教育学研究科 )  3   135 - 146   2019年03月

     概要を見る

    2014 年 10 月,中央教育審議会が「道徳に係る教育課程の改善等について」を答申し,小・中学校において「特別の教科 道徳」の新設が決定された。これをうけて,2015 年 3 月には学習指導要領が一部改正され,それから,わずか3年後の 2018 年,小学校において本格実施を迎えた。教科化により「道徳科」の検定教科書が登場したが,この短期間においていったいどのような教科書が作られ,それらは今後どのように活用されていくのだろうか。また,これまで蓄積された様々な形式の補助教材(地域教材や学校独自の教材)等の扱いはどうなるのだろう。こうした問題意識の下,本研究では,道徳教科化の根拠とされた「いじめ問題の解決」にとって重視される「生命の尊重」項目内容に関する教科書会社8社,145 本の教材を分析した。その結果,「道徳科」教科書が,厳しい規制の中で短期間で作成されたこともあり,内容的には各社横並びの傾向が明らかになった。さらに,「道徳科」の授業の担い手たる教師自身が,その教科書の使用義務に強く制約を受けることも予想される。このような中で,主体的な授業づくり,とりわけ文科省が推奨する「考え,議論する道徳」に対してどのようにとり組めばよいのか。課題山積の中,その 1 つの方法である教科書教材を創意・工夫の下,主体的に活用する視点について,筆者自身の具体的な実践例から紹介した。

  • 子どもたちの性的行動と向き合う性教育実践の課題 : 「恋愛クラブを科学する」の実践を通して

    その他の著者

    高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 No.2 (2018/3) ( 琉球大学大学院教育学研究科 )  2   119 - 130   2018年03月

     概要を見る

    教室での子どもたちの性的行動を,彼らの成長・発達に向けての学習要求課題として読み取り,それをどのように実践につないでいくかを検討した。「学習指導要領」における性教育への姿勢は,その内容規定において,「受精に到る過程は扱わないものとする」といった,いわゆる「歯止め規定」が存在し,子どもたちの性的行動を初めから一定の枠組みにおいて捉えようとするものであるが,「生徒指導提要」等にみられる生徒指導的な立場からの性教育は,子どもの現実からの積極的な実践展開の可能性を有している。本稿では,小学6年生男子の性的行動から生まれた学級での男女の対立問題を出発点にした「恋愛クラブを科学する」という学級活動における授業実践を例に,子どもの生活現実から出発する性教育の意義を示し,そこから導かれる実践課題について提起した。思春期の子どもの姿を丁寧に読み取り,子育てに不安を抱く保護者と共にそれに関わっていく実践の創造が,今,求められている。

  • 中学校男子の性教育内容の構成に関する研究 : A市公立中学校での特別授業を通して

    その他の著者

    高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 No.1 (2017/3) ( 琉球大学大学院教育学研究科 )  1   69 - 80   2017年05月

     概要を見る

    若年出産率の高さに代表される,沖縄県における若者の性と性教育を巡っての課題を念頭に置きつつ,中学校 男子の性教育の内容構成について検討した。性教育の総合情報誌である『Sexuality』誌の分析を踏まえ,沖縄県 A市内の公立中学校での特別授業においては,若者の男性に広がりつつある「射精」への否定的態度を克服する ための科学的な内容について取り扱った。生徒らの授業評価,感想文等から,授業内容を積極的・肯定的に受け止 める中学生男子の姿を確認することができ,男子の性教育内容の構成にとって必要となる視点と課題を明らかにした。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • スポーツ・リテラシー研究への一視角-スポーツに対する価値意識とスポーツ観との関連から-

    中島憲子,海野勇三,村末勇介,鐘ヶ江淳一,口野隆史

    中村学園大学・中村学園短期大学部研究紀要 42   ( 42 ) 137 - 146   2010年03月

  • 子どもと創る「いのち」の学習12ヶ月

    村末勇介

    鹿児島子ども研究センター研究報告 ( 鹿児島子ども研究センター )  12   17 - 42   2006年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島子ども研究センターブックレット 新子どもの願いを真ん中に~鹿児島からの発信~

    愛好明美,内山仁,大平政徳,川野恭司,黒川久美,村末勇介,他7名 ( 担当: 共著 )

    南方新社  2019年12月 ( ページ数: 109 ,  担当ページ: p.22 )

  • 性教育はどうして必要なんだろう

    浅井春夫,艮香織,鶴田敦子,村末勇介 他 ( 担当: 共著 )

    大月書店  2018年08月 ( ページ数: 175 ,  担当ページ: p.4 )

  • 新いつでもどこでも群読

    浅野亨三,石田俊輔,海上和子,片桐史裕,重水健介,村末勇介 他 ( 担当: 共著 )

    高文研  2017年07月 ( ページ数: 175 ,  担当ページ: p.6 )

  • 鹿児島子ども研究センターブックレット 子どもの願いを真ん中に~鹿児島からの発信~

    今村俊一,大平政徳,川野恭司,黒川久美,村末勇介,他6名 ( 担当: 共著 )

    南方新社  2012年 ( ページ数: 113 )

  • 新版かごしま子ども白書-みつめる、みとおす、つながる-

    岩元昭雄,大平政徳,柿木淑江,川野恭司,黒川久美,村末勇介,他23名 ( 担当: 共著 )

    南方新社  2009年 ( ページ数: 214 ,  担当ページ: p.7 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 目の前の子どもとともに教育課程を自前で創り、たった1つのドラマとして展開しよう

    村末勇介

    たのしい体育・スポーツ ( 学校体育研究同志会 )  38 ( 3 ) 38 - 43   2019年08月

     

  • 性教育実践・研究と子ども研究センター

    村末勇介

    かごしまの子ども ( 鹿児島子ども研究センター )  ( 36 ) 16 - 17   2019年07月

     

  • 教材・教具の教育実践論-性教育に引き寄せて-

    村末勇介

    たのしい体育・スポーツ ( 学校体育研究同志会 )  37 ( 4 ) 38 - 41   2018年10月

     

  • 動き始めた「特別の教科 道徳」

    村末勇介

    かごしまの子ども ( 鹿児島子ども研究センター )  ( 35 ) 20 - 23   2018年09月

     

  • 「いのち・からだ・性」の学びを自尊感情の礎に~中学校男子への飛び込み授業を通して~

    村末勇介

    かごしまの子ども ( 鹿児島子ども研究センター )  ( 34 ) 79 - 83   2017年08月

     

全件表示 >>

SDGs 【 表示 / 非表示

  • セクシュアリティ教育 国際教育支援