王 怡人 (オウ イジン)

Wang YiJen

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

20290538

研究分野・キーワード

マーケティング,広告,中小製造企業のマーケティング,観光行動,ネットくちコミ

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~yi-jen/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   ■廃止組織■   産業経営学科   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    1996年03月

    神戸大学  経営学研究科  商学  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  博士(商学)  商学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

      広島修道大学 商学部 商学科 講師  

  • 2000年04月
    -
    2004年03月

      広島大学 社会科学研究科 マネジメント専攻 准教授  

  • 2004年04月
    -
    2015年08月

      流通科学大学 商学部 マーケティング学科 准教授 教授  

  • 2015年09月
    -
    継続中

      琉球大学 観光産業科学部 産業経営学科 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    日本商業学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学

  • 商学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 旅行者の観光動機変容の研究-日・台国際観光へのネット・くちこみ・メディアの影響-

  • 日台の中小製造企業のマーケティング活動の比較研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 「日本中小製造企業のマーケティング活動に関する調査分析」

    王 怡人

    経済研究 ( 琉球大学 法文学部 )  ( 94 ) 9 - 20   2017年09月

     概要を見る

    日本の中小製造企業が展開するマーケティング活動と業績の関係を探るために質問票調査を行った。本稿は回収したデータに基づいて統計分析を行った結果をまとめたものである。「直近3年間の平均業績」との線型的相関関係に統計的有意差があらわれたのは、「産業景気」、「製品独自性」、「製造技術独自性」、「マーケティング費用の削減」、「生産工程の見直しや簡素化」、「効率的な新生産技術の導入や開発」、「社会貢献によるブランドイメージの向上」、「川上交渉力」、「新技術開発度」、「新取引相手開発度」といった10項目である。それに対して、統計的有意差が得られなかったのは「低コスト原材料供給者の探索」、「代替原材料の探索」、「OJTによる従業員の作業効率の向上」、「事務作業流れの見直し」、「取引の電子化」、「SNSの利用」、「SNSでポジティブな話題の発信」、「顧客クチコミへの重視度」、「価格優位性」、「新製品開発度」の10項目である。

  • 「アウトバンド観光行動に対するネットくちコミの影響」

    大津 正和 王 怡人

    総合文化研究所紀要 ( 同志社女子大学 総合文化研究所 )  34   30 - 44   2017年07月

  • 「台湾中小製造企業のマーケティング活動に関する調査分析」

    王 怡人

    『琉球大学経済研究』 ( 琉球大学 法文学部 )  92   65 - 75   2016年09月

     概要を見る

    中小製造企業は規模の零細性により、独自の工夫でマーケティング活動を展開しなければならない。日台の比較分析を行うために本稿はまず台湾の中小製造企業に対する調査結果をまとめた。

  • 「インバウンド観光推進のための情報提供の課題-台湾人旅行者の情報収集活動の実態から」

    王 怡人、大津正和

    『季刊 ビジネス・インサイト』 ( 神戸大学経営学研究科現代経営学研究所」 )  24 ( 2 ) 7 - 11   2016年07月

     概要を見る

    台湾人旅行者に対するインタビューから、若年層台湾人旅行者が旅行する際の情報収集過程に焦点を当て、その特徴から今後の観光客誘致活動に提言した。

  • 「インバウンド観光行動に対するネットくちコミの影響-台湾からの訪日観光者におけるネットくちコミ利用の現状」

    大津正和、王 怡人

    『総合文化研究紀要』 ( 同志社女子大学、総合文化研究所 )  33   50 - 62   2016年07月

     概要を見る

    台湾人旅行者495人を対象にした質問票調査による統計集計の結果である。目的はSNSの利用状況及びそれによる観光行動への影響を確認することである。特にネットでのクチコミからの影響に焦点を当てた。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『1からの戦略論 第2版』 第7章「事業システム」

    嶋口充輝、内田和成、陰山孔貴、落合康裕、村山貞幸、清宮政宏、宮副謙司、富田健司、王怡人、片山富弘、黒岩健一郎、矢吹雄平、竹村正明、亀岡京子、上原聡、駒田純久、鳥取部真己 ( 担当: 分担執筆 )

    碩学舎  2016年03月 ( ページ数: 268 ,  担当ページ: p.123-139 )

     概要を見る

    アスクルという会社の事例を通じて、競争優位を獲得するために企業がどのように自社の事業システムを構築しているのかをわかりやすく解説した。

  • 『企業経営とビジネスエシックス』第5章「消費とマーケティング活動から見る倫理-市場のダイナミズムを中心に」

    榎本悟、築達延征、戸梶亜紀彦、原口恭彦、王怡人、星野一郎、片木晴彦、松川実、椿康和 ( 担当: 分担執筆 )

    法律文化社  2004年04月 ( ページ数: 162 ,  担当ページ: p.62-77 )

     概要を見る

    組織の倫理が乱れれば、不祥事は多発する。従って、組織の倫理を維持するには個々人の自制心が必要である。しかし、だからといって組織倫理の問題を単純な「べき論」で片付けてはいけない。本稿は「自他相互依存論」に基づいて「他者の行為に対する自分の行動の影響」という観点から、不祥事の発生メカニズムを分析した。それに合わせて、対策の提案をした。

  • 『現代経営学講座11 マーケティング』第4章「広告の意味論について:記号体系の解体と再構築を中心に」

    石井淳蔵、栗木契、宮内美穂、王怡人、木村純子、入江信一郎、廣田章光、岸谷和宏、細井謙一、崔相鐵、竹村正明、清水信年、川上智子 ( 担当: 分担執筆 )

    八千代出版社  2001年12月 ( ページ数: 279 ,  担当ページ: p.59-83 )

     概要を見る

    視聴者は「広告」に直面する際、「広告」というフレームによって、広告のメッセージを歪曲する傾向がある。本稿は、この心理的抵抗を抑えるために、「意味のずれ」という「リ・フレーミング」の手法を紹介し、広告の記号体系の解体と再構築という概念をわかりやすく解説した。

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 「インバウンド観光推進のための情報提供の課題-台湾人旅行者の情報収集活動の実態から」

    王 怡人、大津正和

    『季刊 ビジネス・インサイト』   24 ( 2 ) 7 - 11   2016年

     

  • 「インバウンド観光推進のための情報提供の課題-台湾人旅行者の情報収集活動の実態から」

    王 怡人、大津正和

    『季刊 ビジネス・インサイト』   24 ( 2 ) 7 - 11   2016年

     

  • 「インバウンド観光行動に対するネットくちコミの影響-台湾からの訪日観光者におけるネットくちコミ利用の現状」

    大津正和、王 怡人

    『総合文化研究紀要』   33   50 - 62   2016年

     

  • 「インバウンド観光行動に対するネットくちコミの影響-台湾からの訪日観光者におけるネットくちコミ利用の現状」

    大津正和、王 怡人

    『総合文化研究紀要』   33   50 - 62   2016年

     

  • 「地域振興:集客力と商業機能の向上-台湾の商圏再生のケースを通じて-」

    王 怡人

    『流通科学大学論集-流通・経営編』   27 ( 2 ) 17 - 34   2015年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 中小企業、マーケティング、情報発信

    商業

     概要を見る

    沖縄県の産業マーケティング力アップ

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  広告論  講義

  • 2017年度  マーケティング概論  講義

  • 2017年度  戦略的マーケティング  講義