玉城 陽子 (タマシロ ヨウコ)

TAMASHIRO Yoko

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

70347144

研究室住所

〒903-0215 沖縄県中頭郡西原町上原207番地

研究分野・キーワード

助産学、母性看護学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

098-895-1268

研究室FAX

098-895-1268

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   助教  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2017年03月

    琉球大学  保健学研究科  博士後期課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    1993年03月

    琉球大学  保健学研究科  保健学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(保健学)  助産学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 保健学科 助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2017年03月
     

    民族衛生学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    思春期学

  • 2017年04月
    -
    継続中
     

    日本健康学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用健康科学

  • 臨床看護学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 助産師

  • 看護師

  • 保健師

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 妊娠期の食事摂取量と児の出生体重との関連

  • 月経基礎体温を利用した生活習慣・食習慣改善

  • BBTと頸管粘液による女性の健康

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Physiological and nutritional intake characteristics of pregnant women according to their recommended gestational weight gain in relation to the birth weight of their full-term infants

    2018年07月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Japanese fathers’ experience with children with profound intellectual and multiple disabilities

    Tamayo Hasegawa, Yasuko Koja, Yumiko Endoh, Yoko Tamashiro

    琉球医学会誌     2019年10月

  • Perception of research difficulties affects staff nurses’ motivation towards research Paeticipation: the impact of understanding research value and collegial support

    Yumiko Endoh, Takehiko Toyosato, Takao Yokota, Chikako Maeshiro, Misuzu Takahara, Yumiko Henna, Yoko Tamashiro, Midori Kuniyoshi, Yasuko Kojya

    琉球医学会誌     2019年10月

  • 病院看護師の死生観とターミナルケア態度との関連について

    籏生恭兵, 豊里竹彦, 眞榮城千夏子, 平安名由美子, 高原美玲, 照屋典子, 玉城陽子, 遠藤由美子, 古謝安子, 與古田孝夫

    琉球医学会誌     2018年10月

  • Physiological and nutritional intake characteristics of pregnant women according to their recommended gestational weight gain in relation to the birth weight of their full-term infants

    Yoko Tamashiro, Yumiko Endoh, Takehiko Toyosato, Takao Yokota, Fujiko Omine, Kumiko Tsujino

    琉球医学会誌     2018年10月

  • 沖縄県の地域住民の経済状況と地域愛着が親扶養意識に及ぼす影響について

    德元 裕子, 豊里 竹彦, 眞榮城 千夏子, 平安名 由美子, 遠藤 由美子, 照屋 典子, 玉城 陽子, 髙原 美鈴, 與古田 孝夫

    日本健康学会誌 ( 日本健康学会 )  84 ( 1 ) 3 - 11   2018年01月

     概要を見る

    <p><b>Objective: </b>This study aimed to clarify the association between sense of filial responsibility, local residents' subjective economic status, and attachment to the local community, and to contribute to local community policies and measures including support systems for elderly in need of care and family.</p><p><b>Methods: </b>We conducted in<tt>-</tt>home interviews in 2015 in Okinawa, Japan. A total of 2,663 local residents were selected, and after invalid responses were excluded, 1,656 responses (62.2%) were analyzed. Participants were asked about demographic variables (sex, age, marital status, birth order, subjective health, living arrangement), subjective economic status, attachment to the local community, and sense of filial responsibility (such as caring for and supporting their elderly parents).</p><p><b>Results: </b>Age, marital status, birth order, and attachment to the local community were positively associated with sense of filial responsibility. Participants with low subjective economic status had low sense of filial responsibility. Even if subjective economic status was low, participants with high attachment to the local community had significantly high sense of filial responsibility. Moreover, participants with high attachment to the local community provided and received more instrumental support than participants with low attachment to the local community.</p><p><b>Conclusions: </b>Our findings suggest that high attachment to the local community can form a support system in local areas, and that support systems in turn help local residents when they support their parents. In light of these findings, measures for creating networks between local residents, as well as improvement of the physical environment, are necessary for local community planning.</p>

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 助産実習における臨床指導者と教員の教育的関わりに関する調査

    玉城陽子

    平成 22 年度児童関連 サーヒス事業 助産学実習を通して考察する母親のニートに沿い根拠に基つく助産ケア検討に関する調査研究報告書     2011年03月

     

  • アセスメントがよくわかる看護過程 子宮筋腫

    玉城陽子

    ナーシングカレッシ     2010年

     

  • 母性看護学の地域実践力強化としての大学生と教員による思春期健康教育の教材開発と効果測定ツールの検討

    大嶺ふし子,古川卓,仲村美津枝,宮城万里子,儀間繼子,玉城陽子

    平成 18 年 度琉球大学中期計画実現推進経費 教育・研究・診療・学生支援フロシェクト経費 研究成果報告書     2007年03月

     

  • 4年制大学の中ての助産師教育を受けて−私にとっての助産師とは−

    玉城陽子

    日本助産師会機関誌 助産師     2007年

     

  • 戦後,沖縄て助産師教育か行われなかった 9 年間に本土て資格を取得した助産師の軌跡

    仲村美津枝, 儀間繼子, 玉城陽子, 大嶺ふし子

    琉球医学会誌     2004年10月  [査読有り]

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 3歳児の睡眠とスマートフォン等のメディア視聴との関連

    儀間繼子,上原真名美,辻野久美子,大嶺ふじ子,玉城陽子,遠藤由美子,鈴木ミナ子

    第38回 日本看護科学学会  2018年12月  -  2018年12月   

  • Characteristics of Health Status Using Orienral Medical Scale by Generation among Femalr Nursrs in Okinawa, Japan

    Yumiko Endoh, Yumeno Maejo, Liu Ping, Yoko Tamashiro, Kanako Yonamine, Rika Takemoto, Manami Uehara, Fujiko Omine

    The 50th APACPH CONFERENCE  2018年09月  -  2018年09月   

  • Relationships between Mental Health, Nutrient Intake and Menstruation of Nursing Students

    Yoko Tamashiro, Yumiko Endoh, Rika Takemoto, Manami Uehara, Tsugiko Gima, Fujiko Omine

    The 50th APACPH CONFERENCE  2018年09月  -  2018年09月   

  • The relationship between Depressive Tendency and Resilience among Women Three Months Postpartum

    Rika Takemoto, Yumiko Endoh, Yoko Tamashiro, Tsugiko Gima, Tomomi Takayama, Manami Uehara, Shinobu Yamada, Keiko Kawamitu, Fujiko Omine

    The 50th APACPH CONFERENCE  2018年09月  -  2018年09月   

  • Health-promoting lifestyle among nurses with the “Unilless status” in Okinawa, Japan: a cross-sectional survey

    Ping Liu, Fujiko Omine, Yumiko Endoh, Yoko Tamashiro, Rika Takemoto, Hanae Henzan

    The 49th APACPH CONFERENCE  2017年08月  -  2017年08月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 離島で働く看護師の未病およびストレスコーピングに関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 19k10709

    研究期間: 2019年04月  -  継続中 

    代表者: 遠藤由美子 

  • 妊娠期における心身の出産準備を支援するセルフケアアセスメントツールの開発と評価

    基盤研究(C)

    課題番号: 17k12351

    研究期間: 2017年04月  -  継続中 

    代表者: 大嶺ふじ子 

  • 女子大学生の月経・基礎体温を利用した生活習慣・食習慣改善プログラムの構築

    基盤研究(C)

    課題番号: 26350838

    研究期間: 2014年  -  2018年 

    代表者: 玉城 陽子 

    直接経費: 3,800,000(円)  間接経費: 1,140,000(円)  金額合計: 4,940,000(円)

  • 開発途上国における日本型助産技術研修の継続的開催および受講者情報システム構築

    基盤研究(C)

    課題番号: 24593370

    研究期間: 2012年04月  -  2015年03月 

    代表者: 大嶺ふじ子 

  • 大学生の基礎体温と頚管粘液の分析-年代別比較と10年後の追跡調査-

    若手研究(B)

    課題番号: 16700485

    研究期間: 2005年  -  2005年 

    代表者: 玉城 陽子 

    直接経費: 700,000(円)  金額合計: 700,000(円)

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 月経周期における基礎体温の変動に関する研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2014年  -  2014年 

    資金配分機関: -

    直接経費: 770,000(円)  間接経費: 230,000(円)  金額合計: 1,000,000(円)

  • 基礎体温パターン分類に関する研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2011年  -  2011年 

    資金配分機関: -

    直接経費: 500,000(円)  金額合計: 500,000(円)

  • 助産学実習をとおして考察する母親のニードに沿い根拠に基づく助産ケアの検討

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 受託研究  事業名: 児童関連サービス調査研究棟事業

    研究期間: 2010年  -  2011年03月 

    資金配分機関: 財団法人 こども未来財団

  • 学内 LAN の利用による効果的な小児・母性看護演習 プログラムの開発

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 中期計画実現推進経費

    研究期間: 2007年  -  2008年03月 

    資金配分機関: 琉球大学

  • 母性看護学の地域実践力強化としての大学生と教員による思春期健康教育の教材開発と効果測定ツールの検討

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 研究助成  事業名: 中期計画実現推進経費

    研究期間: 2006年  -  2007年03月 

    資金配分機関: 琉球大学

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 看護職の研究力アップ講座

    2018年08月
    -
    継続中

  • 助産師出向支援導入事業

    2017年04月
    -
    継続中

  • 私たちの体と月経

    2009年08月
    -
    2011年08月

  • らくらく出産、いきいき母乳育児

    2003年09月
    -
    2005年10月