土岐 知弘 (トキ トモヒロ)

Toki Tomohiro

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

50396925

研究分野・キーワード

地球化学

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~toki/index.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    東京大学   理学部   化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    東京大学  理学研究科  化学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2004年03月

    北海道大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学 -  博士(理学)  地球宇宙化学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2015年04月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系 助教  

  • 2015年05月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本地球化学会

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本地質学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ地球物理学連合

  • 2015年06月
    -
    継続中
     

    日本海水学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地球宇宙化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Deep-biosphere methane production stimulated by geofluids in the Nankai accretionary complex.

    Ijiri A, Inagaki F, Kubo Y, Adhikari RR, Hattori S, Hoshino T, Imachi H, Kawagucci S, Morono Y, Ohtomo Y, Ono S, Sakai S, Takai K, Toki T, Wang DT, Yoshinaga MY, Arnold GL, Ashi J, Case DH, Feseker T, Hinrichs KU, Ikegawa Y, Ikehara M, Kallmeyer J, Kumagai H, Lever MA, Morita S, Nakamura KI, Nakamura Y, Nishizawa M, Orphan VJ, Røy H, Schmidt F, Tani A, Tanikawa W, Terada T, Tomaru H, Tsuji T, Tsunogai U, Yamaguchi YT, Yoshida N

    Science advances ( Science Advances )  4 ( 6 ) eaao4631   2018年06月

  • Origin of methane-rich natural gas at the West Pacific convergent plate boundary.

    Sano Y, Kinoshita N, Kagoshima T, Takahata N, Sakata S, Toki T, Kawagucci S, Waseda A, Lan T, Wen H, Chen AT, Lee H, Yang TF, Zheng G, Tomonaga Y, Roulleau E, Pinti DL (担当範囲: 地質学情報の提供および一部執筆)

    Scientific Reports   7 ( 1 ) 15646   2017年11月

     概要を見る

    日本周辺の天然ガス中のメタンの起源について,微生物起源と熱分解起源と非生物起源の混合で説明することができ,地質学的な背景との関連が極めて高いことを示した。

  • Atribacteria from the Subseafloor Sedimentary Biosphere Disperse to the Hydrosphere through Submarine Mud Volcanoes.

    Hoshino T, Toki T, Ijiri A, Morono Y, Machiyama H, Ashi J, Okamura K, Inagaki F (担当範囲: 海水中のメタン濃度分析および一部執筆)

    Frontiers in microbiology   8   1135   2017年06月

     概要を見る

    種子島沖に見つかった複数の泥火山から,表層堆積物および直上海水を採取し,メタン濃度および微生物群集解析を行った。堆積物中に検出された従属栄養型嫌気性細菌が,海水中においてもメタンの高濃度水塊に呼応して分布している様子が見られた。本来,酸化的な環境では生きられない微生物であることから,泥火山の噴出と共に噴き出した泥粒子の空隙などに生息し,低層流に流されて分布していると考えられる。

  • Effect of CO2 on hydrogen absorption in Ti-Zr-Mn-Cr based AB2 type alloys

    Nobuko Hanada, Hirotaka Asada, Tessui Nakagawa, Hiroki Higa, Masayoshi Ishida, Daichi Heshiki, Tomohiro Toki, Itoko Saita, Kohta Asano, Yumiko Nakamura, Akitoshi Fujisawa, Shinichi Miura (担当範囲: 生成ガスの組成分析および一部執筆)

    Journal of Alloys and Compounds ( Elsevier B.V. )  705   507 - 516   2017年02月

     概要を見る

    AB2型の合金について,添加物をFe,Co,Niの三元素で比較して,CO2耐性および水素吸収耐性を調べた。FeとCoは,水素吸収耐性が向上し,NiはCO2耐性が低下した。いずれの合金からも炭化水素が発生し,合金表面が触媒となって,CO2がCOとOに解離していることが示唆された。

  • Endemicity of the cosmopolitan mesophilic chemolithoautotroph Sulfurimonas at deep-sea hydrothermal vents.

    Mino S, Nakagawa S, Makita H, Toki T, Miyazaki J, Sievert SM, Polz MF, Inagaki F, Godfroy A, Kato S, Watanabe H, Nunoura T, Nakamura K, Imachi H, Watsuji TO, Kojima S, Takai K, Sawabe T (担当範囲: 熱水の化学組成分析および一部執筆)

    The ISME journal ( International Society for Microbial Ecology )  11 ( 4 ) 909 - 919   2017年01月

     概要を見る

    世界中の4つの海底熱水系から単離したサルフリモナス株の遺伝子類似性と海底熱水の化学組成を調べた。地理的に明らかに離れている海底熱水系から単離された株の遺伝子は完全に異なり,海底熱水の化学組成よりも地理的な要因によって支配されていることが示唆された。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 琉球列島の自然講座 サンゴ礁・島の生き物たち・自然環境

    土岐 知弘 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 海底熱水研究なう@沖縄トラフ )

    ボーダーインク  2015年03月 ( ページ数: 207 ,  担当ページ: p.160-161 )

     概要を見る

    沖縄トラフにおける海底熱水研究の最新トピックをわかりやすく紹介した。

  • Nature in the Ryukyu Archipelago

    Tomohiro Toki ( 担当: 単著 , 担当範囲: When do you research hydrothermal systems? Now! )

    Change and Coral Reef/Island Dynamics Faculty of Science, University of the Ryukyus  2015年 ( ページ数: 154 ,  担当ページ: p.120-121 )

     概要を見る

    沖縄トラフの海底熱水研究の最新トピックをわかりやすく英語で紹介。

  • 潜水調査船が観た深海生物ー深海生物研究の現在

    石橋 純一郎, 土岐 知弘 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 分担執筆 )

    東海大学出版会  2008年02月 ( ページ数: 487 ,  担当ページ: p.10-22 )

     概要を見る

    冷湧水の化学組成に関する研究のレビューを行った。

  • 先端の分析法: 理工学からナノ・バイオまで

    佐野 有司, 土岐 知弘 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 気体成分 )

    エヌ・ティー・エス  2004年12月 ( ページ数: 1000 )

     概要を見る

    気体成分のサンプリング方法から各種分析方法までを詳しく説明した。

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • バガスの熱分解時発生気体の捕集実験

    伊藤 涼, 仲宗根 桂子, 土岐 知弘

    琉球大学理学部紀要 ( 琉球大学理学部 )  ( 102 ) 1 - 11   2016年09月

     

  • 屋我地島沿岸海底のメタン湧出域から採取したバクテリアマットの微生物群集構造

    土岐 知弘, 平山 仙子, 大嶋 将吾

    琉球大学理学部紀要 ( 琉球大学理学部 )  ( 100 ) 5 - 12   2015年09月

     

  • 南西諸島南部海域における地球化学的・地質学的調査―長崎丸RN10航海報告 ―

    土岐 知弘, 古川 雅英, 吉村 浩, 神田 洋司, 白 大烈, 藤田 和彦, 藤村 弘行

    琉球大学理学部紀要 ( 琉球大学理学部 )  ( 91 ) 9 - 19   2011年03月

     

  • 時系列採水装置による南海トラフ付加体の地球化学的観測

    土岐 知弘, 角皆 潤, 蒲生 俊敬

    月刊地球号外「沈み込み帯の科学と海洋観測技術:総特集」 ( 海洋出版 )  51   204 - 212   2005年07月

     

  • 海底下には火をつけると燃える氷が存在する

    中山 典子, 土岐 知弘

    海のトリビア ( 日本教育新聞社 )    28 - 29   2005年03月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Edifices on Deep-Seafloor

    Tomohiro Toki

    1st International Workshop on Role of Microorganism and Thermo-Hydro-Chemico-Mechanical Process in Geoengineering and Geoscience  (University of the Ryukyus)  2017年03月  -  2017年03月   

  • 竹富海底温泉の起源についての一考察

    大嶋 将吾, 土岐 知弘, 堤 映日, 石橋 純一郎

    日本地球化学会年会要旨集  2017年  -  2017年   

    CiNii

  • 伊是名海穴における海底下鉱体周辺の熱水性成分の分布

    土岐 知弘, 大竹 翼, 石橋 純一郎, 松井 洋平, 川口 慎介, 加藤 大和, 淵田 茂司, 宮原 玲奈, 堤 映日, 中村 峻介, 川喜田 竜平, 宇座 大貴, 上原 力, 新城 竜一, 野崎 達生, 熊谷 英憲, 前田 玲奈

    日本地球化学会年会要旨集  2017年  -  2017年   

    CiNii

  • 世界の泥火山研究レビュー(無機化学編)

    土岐 知弘

    日本地質学会学術大会講演要旨  2017年  -  2017年   

    CiNii

  • Hydrothermal fluids of the Okinawa Trough: Sr isotopic composition

    Tomohiro Toki, Ryuichi Shinjo, Jun-ichiro Ishibashi

    Goldschmidt 2016  2016年06月  -  2016年06月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第24回しんかいシンポジウムポスター発表賞

    2008年03月14日   海洋研究開発機構  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 堆積物に埋積した黒鉱様海底熱水鉱床の探査技術の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年09月  -  2010年03月 

    代表者: 土岐 知弘  資金配分機関: 国立大学法人岡山大学 学長 千葉 喬三

    直接経費: 5,926,240(円)  間接経費: 1,777,872(円)  金額合計: 7,704,112(円)