下里 哲弘 (シモザト テツヒロ)

Shimozato Tetsuhiro

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90452961

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科社会基盤デザインコース   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(工学)  構造工学・地震工学・維持管理工学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 助教  

  • 2009年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部  教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    土木学会

  • 2007年04月
    -
    2009年03月
     

    日本鋼構造協会   鋼橋の疲労耐久性向上・長寿命技術委員

  • 2007年09月
    -
    継続中
     

    日本鋼構造協会

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    土木学会   鋼構造委員会鋼床版の疲労改訂小委員会 幹事長

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    九州橋梁・構造工学研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 技術士補

  • 測量士補

  • 土木構造診断士

  • 甲種火薬類取扱保安責任者

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腐食した高力ボルトの保有性能評価

  • 新耐食性鋼材の開発に関する研究

  • 耐候性鋼材の適用評価に関する研究

  • 鋼橋の腐食劣化メカニズムの解明と耐久性診断に関する研究

  • モノレール鋼軌道桁の合理化構造に関する研究

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 塩害により材料劣化を受けた鉄筋コンクリート桁の力学特性に関する実験的研究

    本田 博幸, 下里 哲弘, 有住 康則

    土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造) ( 公益社団法人 土木学会 )  75 ( 2 ) 44 - 59   2019年

     概要を見る

    <p> 沖縄県本島の東海岸の塩害環境にて40年曝され,著しい塩害を受けた鉄筋コンクリート桁を研究対象とし,劣化状態を外観調査と材料調査により分析した上で,切り出した試験体に対して静的載荷試験,繰り返し載荷試験を行い,塩害での鉄筋腐食により材料劣化した鉄筋コンクリート桁のたわみ剛性とひずみ特性などの力学特性を検証した.また,本橋の劣化状況に基づき,劣化進行を模擬した試験桁に対して静的載荷試験と繰り返し載荷試験を破壊まで繰り返し,極限状態下での腐食した鉄筋コンクリート桁の破壊特性について示した.</p>

  • さび鋼板面に対するコールドスプレー法の防食皮膜形成に関する実験的研究

    下里 哲弘, 日和 裕介, 有住 康則, 山城 慶

    鋼構造論文集 ( 社団法人 日本鋼構造協会 )  24 ( 93 ) 93_65 - 93_72   2017年

     概要を見る

    <p>Bridge girder ends and high-strength bolts are one of the major weak points against corrosion. Therefore, it is necessary to develop the anticorrosion technique for them. In this study, we fo- cused on Cold Spray technique, which can form a metallic film, as a corrosion protection film-forming method. Cold Spray technique with mixed particles of zinc and alumina particles was applied to rust steel plate surfaces. In order to evaluate the abilities of abrasive blast-cleaning and anticorrosion property and to clarify its adhesion mechanism, cross-section observation by SEM, adhesion and accelerating corrosion tests were carried out.</p>

  • 腐食鋼桁端部の性能回復技術に関する基礎的実験

    下里 哲弘, 長坂 康史, 矢吹 哲哉, 有住 康則

    構造工学論文集 A ( 公益社団法人 土木学会 )  62 ( 0 ) 559 - 570   2016年

     概要を見る

    Recently, corrosion damage on those steel bridges has been often reported. In particular, a section loss and a plate thickness reduction are concentrated in bridge girder ends, and the damage leads bridge failure in the worst case scenario. Since it is estimated that the corrosion damage of steel bridges greatly increases, effective and efficient repair methods are required. This study focuses on the repair method with carbon fiber sheets for shear panels. As a result of tests, the good specimen of shear strength, load carrying capacity and elongation performance, has been proven to be with low elasticity adhesives.

  • 腐食減肉位置が鋼管杭の残存曲げ耐力に及ぼす影響の解析的検討

    田井 政行, 三木 千壽, 白旗 弘実, 下里 哲弘

    鋼構造論文集 ( 社団法人 日本鋼構造協会 )  23 ( 90 ) 90_39 - 90_49   2016年

     概要を見る

    <p>In this research, a residual loading capacity of corroded steel pipe pile was investigated by FE analysis. According to the analysis results, although the effect of eccentricity for a residual thickness was not so high, the damage location and distribution had a profound influence on the loading capacity. In addition, a position of damaged steel pipe pile contributed little to the loading capacity in both 2-D and 3-D frame models. However, in the case of 3-D frame model, the capacity decreased when the loading position reaches the deck edge.</p>

  • 海浜大気環境下において長期暴露された耐候性鋼桁橋の腐食減厚特性

    下里 哲弘, 玉城 喜章, 有住 康則, 矢吹 哲哉, 小野 秀一, 三木 千壽

    構造工学論文集 A ( 公益社団法人 土木学会 )  62 ( 0 ) 785 - 795   2016年

     概要を見る

    In recently, a great deal of highway bridge is considered either structurally deficient or functionally obsolete. The deterioration of steel bridge elements, especially, under chloride attacks is influenced by the effect of corrosion performance. This paper at first presents monitoring data on the corrosion performance of an aged steel plate girder bridge with unpainted weathering steel exposed for 28 years near by the seashore in Okinawa. The monitoring makes clear the corrosion damage profile and the transfer path of air-born chlorides into the bridge cross section. Finally the paper gives bridge inspection data based on the corrosion performance. The data may be used to estimate deterioration of the bridge elements and further to suggest such structural design as to provide against the corrosion damage.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 建設論壇

    松野栄明、栄野川盛信、當間卓、崎原盛秀、豊田益市、屋比久勉、下里哲弘、神谷暁 ( 担当: 共著 )

    株式会社 沖縄建設新聞  2012年04月 ( ページ数: 208 )

  • 鋼床版の疲労

    その他の著者 ( 担当: 共著 )

    土木学会  2010年12月

  • 疲労損傷を受けた鋼橋の耐久性評価及び耐久向上技術

    その他の著者 ( 担当: 共著 )

    日本鋼構造協会  2009年09月

  • 腐食した鋼構造物の耐久性照査マニュアル

    その他の著者 ( 担当: 共著 )

    土木学会  2009年03月

  • 鋼橋付属物の疲労

    その他の著者 ( 担当: 共著 )

    日本鋼構造協会  2008年07月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 腐食により崩落に至った鋼プレートガーダー橋の崩落メカニズムと桁端部の損傷回復評価に関する解析的検討

    田井政行、下里哲弘、玉城喜章、有住康則、矢吹哲哉

    構造工学論文集   Vol.61A   416 - 428   2015年

     

  • 腐食により崩落に至った鋼プレートガーダー橋の崩落メカニズムと桁端部の損傷回復評価に関する解析的検討

    田井政行、下里哲弘、玉城喜章、有住康則、矢吹哲哉

    構造工学論文集   Vol.61A   416 - 428   2015年

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 従来鈑桁橋におけるFRPスマートカバーの構造部材への応用

    大塚恵、山下修平、矢吹哲哉、下里哲弘、塚原雄介

    その他の会議  2016年01月  -  2016年01月   

  • 腐食面に対するSmartZIC工法の適用性に関する研究(その1:SZ工法の基本性能検証)

    山城慶、日和裕介、下里哲弘、有住康則、井口進、曽我麻衣子、清川昇悟、木村雅昭、橋都瑞城

    その他の会議  2016年01月  -  2016年01月   

  • 実腐食した摩擦接触面の腐食特性とすべり係数

    山下修平、下里哲弘、有住康則、奥嶋一世

    その他の会議  2016年01月  -  2016年01月   

  • 添接板の腐食表面形状に着目したすべり試験

    奥嶋一世、下里哲弘、有住康則、山下修平

    その他の会議  2016年01月  -  2016年01月   

  • 異なる減厚分布形状を有する鋼Ⅰ桁のせん断耐荷力特性に関する研究

    園田政和、下里哲弘、有住康則、玉城喜章

    その他の会議  2016年01月  -  2016年01月   

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • 鋼床版のデッキ内に亀裂の深傷のための探触子ホルダ、探傷装置及び深傷方法

    特願 2007-045984  (2007年02月)

    特開    (2010年02月)

    特許 4459244  (2010年02月)

    下里哲弘、牛越裕幸、村野益巳

  • コンクリート舗装に使用するコンクリート材料供給装置

    特願 2007-.014737  (2007年01月)

    特開    (2012年01月)

    特許 4900698  (2012年01月)

    下里哲弘、牛越裕幸

  • ケーブル制振装置

    特許 3127191  (1994年11月)

    下里哲弘

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県特定調達苦情検討委員会委員

    その他の研究諸活動 

    2015年05月
    -
    2016年03月
     

  • 沖縄地区鋼橋塗装マニュアル検討委員会委員

    その他の研究諸活動 

    2015年05月
    -
    2016年03月
     

  • 首都高速道路に橋梁に関する調査研究(平成26年度)小委員会委員

    その他の研究諸活動 

    2015年02月
    -
    2016年03月
     

  • 「沖縄における鉄軌道をはじめとする新たな公共交通システム導入課題検討に向けた基礎調査」調査検討委員会の委員(鉄軌道構造に対する技術的助言

    その他の研究諸活動 

    2014年05月
    -
    2015年03月
     

  • 九州支社技術コンソーシアムアドバイザー委員

    その他の研究諸活動 

    2014年04月
    -
    2016年03月
     

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 土木学会 田中賞

    2015年06月   土木学会  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者/下里 哲弘,玉城 喜章,有住 康則,矢吹 哲哉,小野 修一,三木 千壽

  • 土木学会 田中賞

    2002年04月   土木学会  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者/三木 千壽,市川 篤司,坂本 拓也,田辺 篤史,時田 英夫,下里 哲弘

  • 土木学会 田中賞

    1996年04月   土木学会  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者/山口 宏樹,高野 晴夫,小笠原 政文,下里 哲弘,加藤 真志

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 国土交通省 国土技術政策総合研究所 表面処理技術を応用した防食鋼桁端部の性能回復技術に関する研究開発 (18,279千円)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2014年08月  -  2017年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 国土交通省 国土技術政策総合研究所

    金額合計: 18,279,000(円)

  • 一般社団法人 日本鉄鋼連盟 腐食協力ボルト継手の実用的な残存軸力評価に関する研究 (4,000千円)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2013年06月  -  2015年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 一般社団法人 日本鉄鋼連盟

    金額合計: 4,000,000(円)

  • 株式会社 横河ブリッジ アルミニウム製飛来塩分遮断板等の性能評価に関する研究 (2,500千円)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2012年10月  -  2015年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 株式会社 横河ブリッジ

    金額合計: 2,500,000(円)

  • 株式会社 IHIインフラ建設 ボルト用防錆キャップの耐候性に関する研究 (3,498千円)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2012年06月  -  2015年05月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 株式会社 IHIインフラ建設

    金額合計: 3,498,000(円)

  • 一般社団法人 日本鉄鋼連盟 塩害等で損傷を受けた橋梁の耐荷力性能評価と性能回復に関する研究 (11,700千円){研究分担者}

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2010年06月  -  2012年03月 

    代表者: 有住 康則  連携研究者: 下里 哲弘  資金配分機関: 一般社団法人 日本鉄鋼連盟

    金額合計: 11,700,000(円)

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 株式会社横河ブリッジ・東京ファブリック工業株式会社 Smart ZICを用いた鋼製高力ボルトの防食技術開発に関する研究 (2,000千円)

    研究期間: 2013年11月  -  2016年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 株式会社横河ブリッジ・東京ファブリック工業株式会社

    金額合計: 2,000,000(円)

  • 電源開発株式会社技術開発部茅ヶ崎研究所 発電所桟橋構造の効率的な維持管理手法の開発 (9,630千円)

    研究期間: 2013年07月  -  2016年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 電源開発株式会社技術開発部茅ヶ崎研究所

    金額合計: 9,630,000(円)

  • 株式会社 宮地鐵工所 FRPを用いた橋梁の防錆技術に関する研究 (3,000千円)

    研究期間: 2011年04月  -  2014年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 株式会社 宮地鐵工所

    金額合計: 3,000,000(円)

  • 一般社団法人 沖縄しまたて協会 鋼プレートガーターの構造部位別腐食特性がせん断耐荷力に及ぼす影響 (1,200千円)

    研究期間: 2011年  -  2012年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 一般社団法人 沖縄しまたて協会

    金額合計: 1,200,000(円)

  • 太平洋セメント株式会社 腐食劣化した橋梁の回復技術に関する研究 (3,000千円)

    研究期間: 2010年05月  -  2013年03月 

    代表者: 下里 哲弘  資金配分機関: 太平洋セメント株式会社

    金額合計: 3,000,000(円)

全件表示 >>