仲松 亮 (ナカマツ リョウ)

Nakamatsu Ryo

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

70529495

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科建築学コース   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(工学)  工学

  • 琉球大学 -  修士(工学)  工学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 環境建設工学科 環境計画学講座 助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本気象学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本建築学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 都市計画・建築計画

  • 建築環境・設備

  • 環境技術・環境材料

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of Green Curtains to Improve the Living Environment

    Masashi Kato, Tsukasa Iwata, Norimitsu Ishii, Kimihiro Hino, Jun-ichiro Tsutsumi, Ryo Nakamatsu, Masakazu Suzuki,Yoshitaka Nishime, Koji Miyagi

    Spatial Planning and Sustinable Development ( Spatial Planning and Sustainable Development )    pp.271-286   2013年03月

  • 廃ガラスと炭酸カルシウムの水熱固化

    今泉晴貴,前田浩孝,仲松亮,JING Zhenzi,石田秀輝

    Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan ( 無機マテリアル学会 )  ( No.344 ) page.30-35   2010年01月

  • 屋外温熱環境指標としてのグローブ温度の計算

    堤 純一郎,

    No. 58 (1999/09) ( 琉球大学工学部 )  ( 58 ) 29 - 34   2007年08月

     概要を見る

    Developments and examinations of the methods of calculating globe temperature set outside are the main purposes of this paper. Globe temperature is regarded as an outdoor thermal sensation index, though it is usually used indoors. Globe temperature is tried to calculated from basic meteorological data, air temperature, wind speed, solar radiation and so on. Calculated values are to be compared with measured data to examine the accuracy. Field measurement was carried out in two elementary schools in Naha city. General meteorological data observed at Okinawa Meteorological Observatory were also used for the calculation to generalize the globe temperature as a thermal sensation index. Some combinations of the field data and the general data were tested. The calculation of globe temperature needs shape factors and surface temperatures of the surroundings. Shape factors were calculated by ray tracing method. Sol-air temperatures were used as the surface temperatures. If all the field data were used, the calculated values agree well with the measured data. However, since the sol-air temperature changes too sharply against the actual surface temperature, the calculated values are sometimes higher in the daytime and lower in the nighttime than measured data. If only the wind speed data are the field data, the accuracy is almost the same level as the calculation with full field data, though all the general data could not make good results. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 宮古島における住宅のエネルギー消費量に関するアンケート調査

    原田傑,堤純一郎,仲松亮

    日本建築学会2013年度大会(北海道)  2013年  -  2013年   

  • 沖縄県における住宅用太陽光発電の発電量とその遮熱性能

    屋比久祐盛,堤純一郎,仲松亮

    日本建築学会2013年度大会(北海道)  2013年  -  2013年   

  • 宮古島市における住宅のエネルギー消費量実測調査

    仲松亮,堤純一郎,原田傑

    日本建築学会2013年度大会(北海道)  2013年  -  2013年   

  • 沖縄における建物の屋外表面被覆材料の熱負荷軽減量の算出

    仲松亮

    沖縄支所2010年度研究助成  2010年  -  2010年   

  • 建物の日射遮蔽に関する多様な技術の検証

    堤純一郎, 仲松亮

    平成23年度沖縄ブロック国土交通研究会  2007年  -  2007年