眞榮城 千夏子 (マエシロ チカコ)

Maeshiro Chikako

写真a

職名

講師

科研費研究者番号

70295319

研究分野・キーワード

基礎看護学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   講師  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  修士(保健学)  保健学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年09月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 保健学科 講師  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本看護科学学会

  • 2006年07月
    -
    継続中
     

    日本老年看護学会

  • 2007年10月
    -
    継続中
     

    日本看護研究学会

  • 2008年06月
    -
    継続中
     

    日本看護学教育学会

  • 2009年09月
    -
    継続中
     

    日本健康学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域・老年看護学

  • 応用健康科学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 地域高齢者の転倒予防への介入研究

  • 看護師のワーク・エンゲイジメントとその関連要因について

論文 【 表示 / 非表示

  • 病院看護師の死生観とターミナルケア態度との関連について

    籏武恭兵, 豊里竹彦, 眞榮城千夏子, 平安名由美子, 髙原美鈴, 照屋典子, 玉城陽子, 遠藤由美子 , 與古孝夫, 古謝安子

    琉球医学会誌 ( 琉球医学会 )  37 ( 1-4 ) 5 - 12   2018年

  • 沖縄県の地域住民の経済状況と地域愛着が親扶養意識に及ぼす影響について

    德元 裕子, 豊里 竹彦, 眞榮城 千夏子, 平安名 由美子, 遠藤 由美子, 照屋 典子, 玉城 陽子, 髙原 美鈴, 與古田 孝夫

    日本健康学会誌 ( 日本健康学会 )  84 ( 1 ) 3 - 11   2018年

     概要を見る

    <p><b>Objective: </b>This study aimed to clarify the association between sense of filial responsibility, local residents' subjective economic status, and attachment to the local community, and to contribute to local community policies and measures including support systems for elderly in need of care and family.</p><p><b>Methods: </b>We conducted in<tt>-</tt>home interviews in 2015 in Okinawa, Japan. A total of 2,663 local residents were selected, and after invalid responses were excluded, 1,656 responses (62.2%) were analyzed. Participants were asked about demographic variables (sex, age, marital status, birth order, subjective health, living arrangement), subjective economic status, attachment to the local community, and sense of filial responsibility (such as caring for and supporting their elderly parents).</p><p><b>Results: </b>Age, marital status, birth order, and attachment to the local community were positively associated with sense of filial responsibility. Participants with low subjective economic status had low sense of filial responsibility. Even if subjective economic status was low, participants with high attachment to the local community had significantly high sense of filial responsibility. Moreover, participants with high attachment to the local community provided and received more instrumental support than participants with low attachment to the local community.</p><p><b>Conclusions: </b>Our findings suggest that high attachment to the local community can form a support system in local areas, and that support systems in turn help local residents when they support their parents. In light of these findings, measures for creating networks between local residents, as well as improvement of the physical environment, are necessary for local community planning.</p>

  • 救急・集中治療領域の終末期治療における代理意思決定支援実践尺度の開発

    下地 智之, 豊里 竹彦, 眞榮城 千夏子, 平安名 由美子, 垣花 シゲ

    日本看護科学会誌 ( 公益社団法人 日本看護科学学会 )  37 ( 0 ) 437 - 445   2017年

     概要を見る

    <p><b>目的:</b>救急・集中治療領域における終末期治療の代理意思決定支援実践尺度を開発し信頼性および妥当性を検証する.</p><p><b>方法:</b>尺度原案は文献検討および内容妥当性を検討し作成した.全国の救命救急センター病床/ICUにて,看護師473名に質問紙調査を実施した.項目分析,IT相関,GP分析,探索的因子分析,基準関連妥当性の検証,既知集団法,および再テスト法を行った.外的基準は看護師の倫理的行動尺度を用いた.</p><p><b>結果:</b>探索的因子分析の結果,4因子18項目が抽出され,第1因子から順に【他職種連携】【代理意思決定の準備】【偏りのない姿勢と説明の確認】【代理意思決定を考える促し】と命名した.尺度全体のクロンバックαは0.89(下位因子0.74~0.84)であった.再テスト法の級内相関係数は0.71で,看護師の倫理的行動尺度との相関係数ρは0.54であった.資格および学習経験のある群が有意に高値であった.</p><p><b>結論:</b>救急・集中治療領域の終末期治療における代理意思決定支援実践尺度の信頼性および妥当性が確認された.</p>