齋藤 将人 (サイトウ マサト)

Saito Masato

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

30335476

研究分野・キーワード

スペクトル拡散通信,符号分割多元接続方式,拡散符号,マルチキャリア伝送,無線アドホック通信,最適化問題,マルチホップ通信,リレー通信,圧縮センシング

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科電子情報通信コース   准教授  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   電気電子工学専攻   その他  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    1996年03月

    名古屋大学   工学部   電気・電子及び電子情報学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    名古屋大学  工学研究科  電子情報学専攻  博士前期課程  修了

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    名古屋大学  工学研究科  電子情報学専攻  博士後期課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    メルボルン大学 電気電子工学科 客員研究員  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学 -  博士(工学)  通信・ネットワーク工学

  • 名古屋大学 -  修士(工学)  通信・ネットワーク工学

  • 名古屋大学 -  学士(工学)  通信・ネットワーク工学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

      奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助手  

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      大阪産業大学 経済学部 非常勤講師  

  • 2007年04月
    -
    2010年03月

      奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教  

  • 2009年04月
    -
    2010年03月

      大阪産業大学 経済学部 非常勤講師  

  • 2010年04月
    -
    2017年03月

      琉球大学 工学部 電気電子工学科 准教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1995年12月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

  • 1997年01月
    -
    継続中
     

    米国電気電子学会

  • 2001年05月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会   電子情報通信学会査読委員

  • 2005年05月
    -
    2009年04月
     

    電子情報通信学会   モバイルマルチメディア通信研究専門委員

  • 2005年11月
    -
    2006年04月
     

    電子情報通信学会   センサネットワーク時限研究専門委員会 幹事補佐

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 通信・ネットワーク工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 無線従事者免許

  • ソフトウェア開発技術者/第1種情報処理技術者

  • 陸上無線技術士(第1~2級)

  • 陸上特殊無線技術士(第1~3級)

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 周期時変指向性アンテナを用いたMIMO通信に関する研究

  • ESPARアンテナを用いた単一RFフロントエンド受信ダイバーシチに関する研究

  • 圧縮センシングを用いた干渉除去に関する研究

  • キーレスエントリに適した通信方式に関する研究

  • 次世代無線ネットワークに向けたマルチキャリア変調方式を用いたマルチホップ通信技術によるネットワーク容量増大化

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Periodic Reactance Time Functions for 2-element ESPAR Antennas Applied to 2-output SIMO/MIMO Receivers

    Kosei Kawano, Masato Saito (担当範囲: 全般にわたり共著者と共同した)

    IEICE Transactions on Communications ( 電子情報通信学会 )  E102-B ( 4 )   2019年04月

     概要を見る

    In this paper, we propose a periodic reactance time function for 2-element electronically steerable passive array radiator (ESPAR) antennas applicable to the receivers of both single-input multiple-output (SIMO) and multiple-input multiple-output (MIMO) systems with 2 outputs. Based on the proposed function, we evaluate the power patterns of the antenna for various distances between two antenna elements. Moreover, for the distances, we discuss the correlation properties and the strength of the two outputs to find the appropriate distance for the receiver. From the discussions, we can conclude that the distance of from 0:1 to 0:35 of the wavelength is effective in terms of receive diversity. In this paper, we propose a periodic reactance time function for 2-element electronically steerable passive array radiator (ESPAR) antennas applicable to the receivers of both single-input multiple-output (SIMO) and multiple-input multiple-output (MIMO) systems with 2 outputs. Based on the proposed function, we evaluate the power patterns of the antenna for various distances between two antenna elements. Moreover, for the distances, we discuss the correlation properties and the strength of the two outputs to find the appropriate distance for the receiver. From the discussions, we can conclude that distances from 0.1 to 0.35 times the wavelength are effective in terms of receive diversity.

  • OFDM/PM 方式における線形補間を用いた位相復調誤り削減に関する検討

    宮城 晶,齋藤 将人 (担当範囲: 全般にわたり共著者と共同した)

    平成 30 年度 電気学会九州支部沖縄支所講演会講演論文集     2018年12月

  • Periodically Variable Antenna Pattern for Maximizing Path Diversity Gain in MIMO Receivers

    Masato Saito (担当範囲: 全般)

    Proceedings of 5th IEEE Uttar Pradesh Section International Conference on Electronics and Computer Engineering (UPCON-2018)     2018年11月

     概要を見る

    We propose a periodically variable antenna pattern (PVAP) that turns a receive antenna unit into multiple virtual antennas located at the same position without additional antenna elements. We also propose a multiple-input multiple-output (MIMO) system model that considers the receiver with PVAP and derive the average channel capacity of the MIMO system. We show numerical results of the ergodic capacity of the system and conclude that the performance can be improved by path diversity gain and by increasing the number of virtual receive antennas.

  • 2素子アレイアンテナを用いた4出力受信アンテナに関する一検討

    齋藤将人 (担当範囲: 全般)

    電子情報通信学会2018年ソサイエティ大会講演論文集 ( 電子情報通信学会 )    162 - 162   2018年08月

  • A study on channel capacity of MIMO systems with a receiver with antenna pattern modulation

    Dia Abrerramane, Masato Saito

    Proceedings of 2017 International Symposium on Antennas and Propagation, ISAP 2017 ( 2017 International Symposium on Antennas and Propagation, ISAP 2017 )    2017年12月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • ESPARアンテナを用いたOFDM受信ダイバーシチに関する研究

    有田渉,齋藤将人

    琉大工学部・沖縄高専専攻科学生研究発表会 ( 琉球大学工学部・沖縄工業高等専門学校教育研究推進委員会 )    18   2012年01月

     

  • 圧縮センシングを用いたOFDM信号の長遅延干渉除去に関する研究

    次呂久 信子,齋藤 将人

    琉大工学部・沖縄高専専攻科学生研究発表会 ( 琉球大学工学部・沖縄工業高等専門学校教育研究推進委員会 )    19   2012年01月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • 受信装置

    特願 2017-054403  (2017年03月21日)

    齋藤将人

  • 受信装置

    特願 2002-250482  (2002年08月29日)

    特開 2004-096140  (2004年03月25日)

    特許 4137560  (2008年06月13日)

    岡田 実,山本 平一,知念 賢一,齋藤 将人

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 論文誌編集委員

    学術専門雑誌等編集 

    2018年06月
    -
    2022年05月
     

     概要を見る

    電子情報通信学会和文論文誌基礎・境界A編集委員会

  • 論文誌編集委員

    学術専門雑誌等編集 

    2018年06月
    -
    2022年05月
     

     概要を見る

    電子情報通信学会英文論文誌基礎・境界A編集委員会

  • Ph. D thesis examiner

    その他の研究諸活動 

    2018年05月
    -
    2018年07月
     

     概要を見る

    Queensland University of Technology

  • Ph. D thesis examiner

    その他の研究諸活動 

    2013年05月
    -
    2013年07月
     

     概要を見る

    Queensland University of Technology

  • 編集委員

    学術専門雑誌等編集 

    2011年05月
    -
    2015年05月
     

     概要を見る

    電子情報通信学会

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award

    2018年11月04日   5th IEEE Uttar Pradesh Section International Conference on Electronics and Computer Engineering (UPCON-2018)   Periodically Variable Antenna Pattern for Maximizing Path Diversity Gain in MIMO Receivers  

    受賞者: Masato Saito (担当範囲: 全般 )

  • 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞

    2016年09月21日   電子情報通信学会通信ソサイエティ  

    受賞者: 齋藤将人

     概要を見る

    論文誌編集等に関する活動

  • 学生会講演奨励賞

    2014年01月   電子情報通信学会九州支部  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者:深見佳祐

  • 学生会講演奨励賞

    2014年01月   電子情報通信学会九州支部  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者:有田渉

  • IEEE VTS Japan 2012 若手研究者奨励賞

    2012年09月03日   IEEE VTS Japan  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    受賞者:有田渉

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 無線通信信号の冗長性に基づく干渉除去に関する研究

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2014年06月  -  2015年03月 

    代表者: 齋藤 将人  資金配分機関: -

    直接経費: 1,400,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 1,400,000(円)

  • 周波数共用型ダイバーシチ受信機の研究開発

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2013年09月  -  2014年03月 

    代表者: 齋藤 将人  連携研究者: 和田 知久  資金配分機関: 総務省

    直接経費: 3,110,512(円)  間接経費: 933,153(円)  金額合計: 4,043,665(円)

  • 無線通信信号の冗長性に基づく圧縮センシングを用いた干渉除去アルゴリズムに関する研究

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2012年07月  -  2013年03月 

    代表者: 齋藤 将人  資金配分機関: -

    直接経費: 1,000,000(円)  金額合計: 1,000,000(円)

  • マルチホップ・マルチセル無線ネットワークのための下位レイヤー技術の研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2003年04月  -  2006年03月 

    代表者: 岡田 啓  連携研究者: 和田忠浩,齋藤将人,大内浩司  資金配分機関: -

  • 地上デジタルテレビ放送方式の高度化に関する研究開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2003年04月  -  2005年03月 

    代表者: 豊田中央研究所  連携研究者: 山本平一,岡田実,齋藤将人  資金配分機関: -

    金額合計: 236,000,000(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 周期時変アンテナパターンを用いた単一RFフロントエンドMIMO受診に関する研究

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月 

    代表者: 齋藤 将人 

    直接経費: 1,390,000(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 1,390,000(円)

  • 無線通信システムにおけるデジタル信号処理のハードウェア規模削減に関する研究

    研究期間: 2007年04月  -  2010年03月 

    代表者: 齋藤 将人  連携研究者: 岡田実,Khoirul Anwar,Chandra Athaudage 

    金額合計: 6,000,000(円)

  • 次世代無線ネットワークに向けたマルチキャリア変調方式を用いたマルチホップ通信技術によるネットワーク容量増大化

    研究期間: 2007年04月  -  2009年03月 

    代表者: 齋藤 将人 

    金額合計: 3,335,600(円)

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  電磁波工学  講義

  • 2018年度  電磁波工学  講義

  • 2017年度  通信工学II  講義

  • 2017年度  電気数学I  講義

  • 2017年度  電磁波工学  講義

全件表示 >>