越智 正樹 (オチ マサキ)

Ochi Masaki

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

90609801

研究分野・キーワード

地域社会学,観光社会学,農村社会学

ホームページ

http://www.tourism.u-ryukyu.ac.jp/semi/OST/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   ■廃止組織■   観光科学科   教授  

  • 併任   琉球大学   島嶼地域科学研究所   併任教員  

  • 併任   琉球大学   観光科学研究科   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年03月

    京都大学  農学研究科  生物資源経済学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2011年01月

    京都大学  農学研究科  生物資源経済学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(農学)  農学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年10月
    -
    2013年04月

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 講師  

  • 2012年04月
    -
    2013年04月

      琉球大学大学院 観光科学研究科 講師  

  • 2013年05月
    -
    2017年03月

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 准教授  

  • 2013年05月
    -
    2017年03月

      琉球大学大学院 観光科学研究科 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    観光学術学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    西日本社会学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本社会学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本村落研究学会

  • 2014年04月
    -
    2016年03月
     

    日本村落研究学会   理事

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • その他の研究テーマ

論文 【 表示 / 非表示

  • 観光と公共性の社会学 : 観光社会学の現代的再定位

    その他の著者

    Vol.7 (2015/12) ( 琉球大学大学院観光科学研究科 )  7   41 - 54   2016年02月

     概要を見る

    This paper aims to reorient the specialty and the role of the sociology of tourism under the current situation of Japanese society. At first, through reviewing the previous trend of the sociology of tourism, we may find that so many literatures have been nothing but articles of sociology, merely whose subject is tourism. In contrast, this paper seeks a way to establish a conspicuous presence of the sociology of tourism as an essential discipline of the tourism sciences. To this end, it considers a relationship between tourism promotion and transformaion of the public. Through the consideration, it suggests its own operational concept of the public, and discusses that the role of the sociology of tourism is to build bridges between the private interest of tourism industry and the public from sociological aspects. To fill the role, the sociology of tourism should make researches about whether some tourism resource creation and commodification would lead to an activation of the public in the region or a declination of it. After those discussions, this paper offers specifics on the image of the sociology of the tourism as the practical science, which is both an empirical science and a normative science at the same time. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 「那覇まちま~い」ガイドに関する質問票調査報告

    その他の著者

    Vol.6 (2014/10) ( 琉球大学大学院観光科学研究科 )  6   41 - 48   2015年01月

     概要を見る

    This paper reports on the results of a questionnaire survey of the guides engaging in 'Naha Machi-maai', or the town walking tour at Naha, Okinawa. This survey has been carried out as part of an investigation by the author on a social effects which might emerge from town walking tourism. The results are accounted, being organized by mainly those subjects; pooling and distributing the information of resource value, and, conservation and generation of it. A tentative and a prospect of further investigation are refered at the last part. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 「農の観光的現象と農的自然」

    その他の著者

    『西日本社会学会年報』 ( その他の出版社 )  ( 13 ) 19 - 32   2015年

  • 観光地活動における「過剰な現在のロカリティ」研究に向けて

    その他の著者

    Vol.5 (2013/10) ( 琉球大学大学院観光科学研究科 )  5   80 - 85   2014年01月

     概要を見る

    (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 「(調査報告)『那覇まちま~い』ガイドに関する質問票調査報告」

    その他の著者

    『観光科学』 ( その他の出版社 )  ( 6 ) 41 - 48   2014年

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『持続と変容の沖縄社会―沖縄的なるものの現在』

    谷 富夫, 安藤 由美, 野入 直美, 越智 正樹,ほか ( 担当: 共著 )

    ミネルヴァ書房  2014年05月 ( ページ数: 304 ,  担当ページ: p.pp.280-297 )

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 「沖縄県における流動的当事者性と地域公共圏の再構築に関する観光社会学的研究」

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2013年  -  2013年 

    資金配分機関: -

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 「東アジアにおける結婚移民とコミュニティの再生産に関する研究─移動・家族の機能変化・ネットワークの構築」

    研究期間: 2009年  -  2010年