宮里 厚子 (ミヤザト アツコ)

MIYAZATO Atsuko

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

70325827

研究分野・キーワード

フランス現代小説、琉球・フランス交流史

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   国際言語文化プログラム   准教授  

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1993年10月
    -
    1994年06月

    フランス ブルゴーニュ大学(Université de Bourgogne)  

  • 1994年09月
    -
    1996年06月

    フランス・リヨン・リュミエール第2大学(Université de Lyon II Lumière)  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • リュミエール・リヨン第2大学 -  文学修士  各国文学・文学論

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    継続中

      琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 ヨーロッパ文化講座 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    日本フランス語フランス文学会

  • 1996年04月
    -
    継続中
     

    沖縄外国文学会

  • 2016年10月
    -
    継続中
     

    日本仏学史学会

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 琉球・フランス交流史

  • 戦後小説における戦争の記録

論文 【 表示 / 非表示

  • フランス海軍関係資料から見るアルクメーヌ号の琉球来航

    宮里厚子

    仏蘭西学研究 ( 日本仏学史学会 )  ( 45 ) 3 - 12   2019年06月

  • 19世紀におけるフランス人宣教師の琉球滞在について―宣教活動と語学学習を中心に―

    宮里厚子

    仏蘭西学研究 ( 日本仏学史学会 )  ( 43 ) 27 - 39   2017年06月

  • 布教事業団(L'oeuvre de la Propagation de la Foi)における日本関連資料について

    その他の著者

    欧米文化論集No.60 (2016/3) ( 琉球大学法文学部国際言語文化学科(欧米系) )  ( 60 ) 113 - 122   2016年08月

     概要を見る

    Ce rapport de recherche a pour but de présenter les documents et les objets qui appartiennent à l'oeuvre de la Propagation de la Foi fondée en 1822 à Lyon. Il s'agit d'un organisme qui, en collectionnant les dons de leurs abonnes catholiques, finance les activités des missionnaires dans le monde. Ici, après avoir expliqué la nature et le rôle de l' oeuvre, nous présentons les lettres et les photos qui ont été envoyées par les missionnaires du Japon, principalement entre les années 1840 et 1930. Nous parlons également des objets japonais qui appartiennent à l'organisme mais qui sont maintenant conservés dans un nouveau musée lyonnais. Ces documents et objets, voire l'existance de l' oeuvre de la Propagation de la Foi semblent en effet assez méconnus au Japon. Nous espérons donc, avec ce rapport, faire découvrir ces témoins de l'histoire si intéressants. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • L'incertitude de l'existence dans Un Pedigree de Patrick Modiano

    その他の著者

    欧米文化論集 No.52 (2008/3) ( 琉球大学法文学部 )  ( 52 ) 47 - 58   2008年05月

     概要を見る

    モディアノの青少年期を描いた自伝Un Pedigreeは、多くの作家がこれまでに発表してきた自己の青少年時代の人格形成や性の目覚めなどを描いた自伝に比べると、両親の出生からパリでの出会いと自身の21歳までのエピソードが、乾いた、「事務書類的」文体で語られているのが特徴的である。これは、「記憶の番人」として自身の生きた時代の人々と出来事を後世に記録として残しておきたいという、作家としての責任感を反映したものである。一方でこのような記録を刻む(特に両親の家族や交友関係を記述する)作業は、より個人的には、出自が複雑で生き様が不確かな両親の存在を外堀から固めることによって、自分自身のアイデンティティを確認しようとする作業でもある。しかしながら、モディアノはこの作品を通して、青少年期の自己の存在を「血統のない犬」、「密航者」のような人生、「透明な人生」と繰り返し表現し、過去の自分の存在感の不確かで希薄な印象を強調している。本稿では、その印象が何に起因しているのか分析を試み、モディアノの青少年期における「家族」という確かな枠組みの経験の欠如や、父親を含めた過去の人間関係の現在との断絶などがその大きな要因になっていることを示した。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • Un Pedigree de Patrick Modiano: nécessité de l'autobiographie

    Atsuko Miyazato

    フランス文学論集 ( 九州フランス文学会 )  ( 42 ) 45 - 56   2007年11月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 沖縄からの眼差し・沖縄への眼差し』 琉大ブックレット3

    石原昌英,赤嶺守,鈴木規之 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 十九世紀におけるフランスと琉球の関係 )

    琉球大学  2015年03月 ( ページ数: 141 ,  担当ページ: p.37-44 )

  • 平成9~11年度科学研究補助金基盤研究(A)(2)成果報告書:フランスにおける琉球関係資料の発掘とその基盤研究

    赤嶺政信,森田孟進,豊見山和行 他 ( 担当: その他 , 担当範囲: ルテュルデュ神父の『報告書』と『琉球(沖縄)日記』 )

    琉球大学法文学部  2000年03月 ( ページ数: 242 ,  担当ページ: p.93-168 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 『フライデーあるいは太平洋の冥界』と『砂の女』における文明からの離脱

    その他の発表者

    沖縄外国文学会第13回大会  1998年07月  -  1998年07月   

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 交錯するまなざし―琉球・沖縄をめぐる欧米のトラベルライティングの総合的研究

    基盤研究(B)

    課題番号: 24320056

    研究期間: 2012年04月  -  2015年03月 

    代表者: 山里勝己  研究分担者: 石原昌英, 豊見山和行, 山城新 他