高倉 実 (タカクラ ミノル)

Takakura Minoru

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

70163186

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~minoru/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東邦大学 -  医学博士  公衆衛生学・健康科学

  • 筑波大学 -  体育学修士  応用健康科学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 保健学科 教授  

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

      琉球大学 大学院 保健学研究科長  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 学校保健・健康教育・ヘルスプロモーション

  • 応用健康科学

  • 公衆衛生学・健康科学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 青少年における健康の社会的決定要因に関する社会疫学研究

  • 児童思春期の身体活動・体力と学力向上に関する縦断研究

  • 児童思春期の心理社会的学校環境と健康状態との関連

  • 学校健康教育の役割と介入効果

  • 児童思春期の抑うつ症状の実態とその関連要因

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 融合学術領域としての学校保健学の可能性 : 多様な学問領域,理論と実践を串刺しする

    籠谷 恵, 高倉 実

    学校保健研究 ( 日本学校保健学会 )  61 ( 6 ) 313 - 317   2020年02月

  • The relative association of collective efficacy in school and neighborhood contexts with adolescent alcohol use.

    Takakura M, Miyagi M, Ueji M, Kobayashi M, Kurihara A, Kyan A

    Journal of Epidemiology ( 日本疫学会 )  29 ( 10 ) 384 - 390   2019年10月

     概要を見る

    Background: It is unclear that either neighborhood collective efficacy or school collective efficacy can be associated with adolescent alcohol use. This study aimed to examine the relative contributions of collective efficacy both in school and in the neighborhood contexts to alcohol use among Japanese adolescents. Methods: A cross-sectional study was conducted in public high schools across Okinawa and Ibaraki Prefectures in Japan in 2016. The study participants consisted of 3,291 students in grades 10 through 12 cross-nested in 51 schools and 107 neighborhoods. Alcohol use was measured by current alcohol drinking, that is self-reported drinking on at least one day in the past 30 days. Collective efficacy was measured by scales of social cohesion and informal social control in school and the neighborhood. Contextual-level collective efficacy was measured by aggregated school-level and neighborhood-level individual responses, respectively. We used non-hierarchical multilevel models to fit the cross-nested data. Results: Significant variation in alcohol use was shown between schools, but not between neighborhoods. After adjusting for covariates, school collective efficacy at individual- and contextual-levels were protectively associated with alcohol drinking (Odds Ratio [OR] for the increase of one standard deviation from the mean 0.72, 95% Confidence Interval [CI], 0.63–0.82; OR 0.61, 95% CI, 0.49–0.75), whereas neighborhood collective efficacy at individual- and contextual-levels were not associated with alcohol consumption. Conclusion: The school-level associations with adolescent alcohol use may have the greater impact than the neighborhood-level associations. Adolescent drinking prevention efforts should include enhancing school collective efficacy.

  • 授業中の学習を伴う身体活動プログラム(アクティブ・レッスン・プログラム)の学業および身体活動への効果:システマティックレビューによる研究動向のアップデート

    喜屋武 享, 高倉 実

    日本健康教育学会誌 ( 日本健康教育学会 )  27 ( 3 ) 229 - 245   2019年08月

     概要を見る

    <p>目的:教科学習中の学習を伴う身体活動介入(active lesson program,以下,ALP)の質を評価し,介入による身体活動,体格,健康指標,学業への有効性に関するエビデンスを更新すること.</p><p>方法:2015年4月から2018年8月に公刊された学術論文を5つの電子データベース(ERIC, PubMed, Science Direct, Cochrane Library, EMBASE)より選定した.選択基準は1)身体活動と学習内容の双方が含まれた授業であること,2)身体活動量,体格,体力要素,学業成績,学習行動促進要因を介入効果指標としていること,3)ランダム化比較試験,準実験デザイン研究,前後比較研究のいずれかであること,4)5歳~18歳の児童生徒が対象であること,5)介入期間が少なくとも1週間以上であること.学習内容が含まれない身体活動小休止,複合的な介入の一部として実施されたALP,特異的な集団(肥満児や障がい児)を対象とした研究は除外した.研究のバイアスリスクは,the Cochrane Collaboration "risk of bias" assessment toolを用いて評価した.</p><p>結果:10研究が採択・除外基準に適合した.そのうち,6研究は身体活動と学業の双方を,3研究は学業のみを,1研究は身体活動のみを評価した.10研究のうち2研究は,ALPと有酸素運動による小休止を比較したのに対し,その他は身体活動を伴わない授業を対照群として設定していた.全ての研究でALP後の身体活動量の増加を認めた.身体活動を伴わない学習と比較した場合,ALPの標準学力テストに対する積極的効果を示した研究は2研究あったが,その他の研究は群間の差を示さなかった.学習行動促進要因の1つである課題従事行動を評価した4研究が,ALPの積極的効果を示した.バイアスリスクは低程度から高程度であった.</p><p>結論:研究デザインの質は改善しているものの,バイアスリスクは高い.総じてALPは学力を阻害することなく身体活動を促進させることのできるプログラムであるといえるものの,健康指標への有効性について言及するためには更なる検討が必要である.</p>

  • Mediating effect of aerobic fitness on the association between physical activity and academic achievement among adolescents: A cross-sectional study in Okinawa, Japan.

    Kyan A, Takakura M, Miyagi M

    Journal of Sports Sciences   37 ( 11 ) 1242 - 1249   2018年11月

  • Does Physical Fitness Affect Academic Achievement among Japanese Adolescents? A Hybrid Approach for Decomposing Within-Person and Between-Persons Effects.

    Kyan A, Takakura M, Miyagi M

    International journal of environmental research and public health ( International Journal of Environmental Research and Public Health )  15 ( 9 ) 1901   2018年09月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 健康心理学事典 (日本健康心理学会編)

    高倉実 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 思春期・青年期の健康教育, 健康観のアセスメント )

    丸善出版  2019年09月

  • ソーシャル・キャピタルと地域の力: 沖縄から考える健康と長寿

    高倉実 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 沖縄における青少年の危険行動とソーシャル・キャピタル )

    日本評論社  2013年08月 ( 担当ページ: p.17 )

  • スポーツ心理学事典

    高倉実 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 運動の身体的効果:心臓病 )

    大修館書店  2008年04月 ( 担当ページ: p.2 )

  • 最新スポーツ科学事典

    高倉実 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 健康習慣 )

    平凡社  2006年09月 ( ページ数: 919 ,  担当ページ: p.2 )

  • 新教師をめざす人のための本-教育実習から採用までのガイダンス-

    高倉実, 和気則江 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 教師と学校保健(養護教諭)とのかかわり )

    明治図書  2005年04月 ( 担当ページ: p.6 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 学会長講演 結でつくる健康教育・ヘルスプロモーション

    高倉実

    第25回日本健康教育学会学術大会  (沖縄県恩納村)  2016年06月  -  2016年06月   

  • 学会長講演 青少年の健康行動に及ぼす学校環境・社会環境の力

    高倉実

    第45回沖縄県公衆衛生学会  (沖縄県那覇市)  2013年11月  -  2013年11月   

  • 学会長講演 すべての子どもに豊かな健康を

    高倉実

    第56回日本学校保健学会  (沖縄県那覇市)  2009年11月  -  2009年11月   

  • Longitudinal relationships of physical activity and aerobic fitness with academic achievement in Japanese adolescents

    Kyan A, Takakura M, Miyagi M, Kobayashi M.

    The 7th ISPAH International Congress on Physical Activity and Health  (London, UK.)  2018年10月  -  2018年10月   

  • Associations of social cohesion in neighborhood and school with compliance to physical activity recommendations among Japanese adolescents

    Takakura M, Miyagi M, Ueji M, Kobayashi M, Kurihara A, Kyan A.

    The 7th ISPAH International Congress on Physical Activity and Health  (London, UK.)  2018年10月  -  2018年10月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度日本学校保健学会学会賞

    2015年11月28日   日本学校保健学会  

    受賞者: 高倉実

  • 平成12年度沖縄県医科学研究財団研究奨励賞

    2001年03月03日   沖縄県医科学研究財団  

    受賞者: 高倉実

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 健康行動実践モデル実証事業

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2012年  -  2016年 

    資金配分機関: -

    金額合計: 2,000,000(円)

  • パルスエッグに関する実験

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2002年  -  2003年 

    資金配分機関: -

    金額合計: 700,000(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 幼児の24時間ガイドラインと運動機能および認知機能との関係

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

    代表者: 田中千晶  連携研究者: 高倉実  資金配分機関: 桜美林大学

  • 国民の健康・体力つくり実践活動に関する調査研究

    研究期間: 2005年  -  2006年 

    金額合計: 2,980,000(円)

  • 沖縄県の高校生における不登校発生と予測因子に関するコホート研究

    研究期間: 2003年  -  2004年 

    金額合計: 340,000(円)

  • 南太平洋諸島住民の健康問題に関する調査研究

    研究期間: 2003年  -  2004年 

    金額合計: 4,000,000(円)

  • 小学校体育「保健領域」の実施状況および教員の意識とその変化について

    研究期間: 2002年  -  2004年 

    金額合計: 200,000(円)

全件表示 >>

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 青少年における健康の社会的決定要因に関する社会疫学研究