松本 由香 (マツモト ユカ)

Matsumoto Yuka

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

70259274

研究分野・キーワード

被服学,服装文化

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学部   学校教育教員養成課程   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1978年04月
    -
    1982年03月

    奈良女子大学   家政学部   被服学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2007年03月

    奈良女子大学大学院  人間文化研究科  複合領域科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 奈良女子大学 -  博士(学術)  複合領域科学専攻

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      琉球大学 教育学部 学校教育教員養成課程 教育実践学専修 准教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

      琉球大学 教育学部 学校教育教員養成課程 教育実践学専修 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    日本家政学会

  • 1987年04月
    -
    継続中
     

    日本風俗史学会   理事・九州支部長

  • 1989年04月
    -
    継続中
     

    民族芸術学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本衣服学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    Textile Society of America

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生活科学一般

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • その他の研究テーマ

  • その他の研究テーマ

  • その他の研究テーマ

  • 東南アジアおよび日本の服飾文化・染織研究

  • 沖縄の染織と暮らしの持続性に関する研究

     概要を見る

    2015年度から2018年度までの4年間に、科学研究費(基盤研究(C))を受けて、沖縄県内の染め織り産地を訪ね、聞き取りの手法で調査研究を行っている。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • インドネシア人デザイナーの創作と思考―多文化性、伝統およびグローバル化との関連から―

    2007年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「子ども服の安全」についての家庭科教育への提案

    上里 奈々子,

    No.24 (2017/3) ( 琉球大学教育学部附属教育実践総合センター )  ( 24 ) 35 - 44   2017年09月

     概要を見る

    (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 「沖縄の染め織りと暮らしの持続性に関する研究と教材開発―染め織りがもたらす地域生活でのつながり―」

    松本由香・佐野敏行・長田真理子

    教育学部紀要 ( 琉球大学教育学部 )  第90集   27 - 50   2017年

  • 中学校家庭科における染め織り教育の可能性

    長田 真理子,

    No.88 (2016/2) ( 琉球大学教育学部 )  ( 88 ) 187 - 204   2016年08月

     概要を見る

    (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 生活者として家庭生活の向上を図る授業デザイン(3年次)

    東町子・松本由香

    研究紀要:未来を切り拓く対話からの学び―協調学習による個を生かす授業づくり―<3年次> ( 琉球大学教育学部附属中学校 )  第28集   151 - 164   2016年

  • 沖縄の染織と暮らしの持続性に関する研究

    松本 由香, 佐野 敏行

    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集 ( 一般社団法人 日本家政学会 )  68 ( 0 )   2016年

     概要を見る

    <b>目的</b> 沖縄県には多様な染織文化が存在するが、生産者は減少傾向にあり、学校教育でほとんど取り上げられないこともあって、その継承は喫緊の課題である。そこで本研究は、沖縄の染め織りに関する衣生活教材の製作を目的とし、その内容となる染め織りに含まれる価値観、染め織りの世代間の継承のあり方と、その今後の持続可能な生活の形成への貢献のあり方について考察する。<br><b>方法</b> 沖縄の染め織りを、平成25・26年度の調査から導いた3つのテーマ、(1)地域生活でのつながり、(2)地域文化の探求、(3)経済性の追求、に分けてとらえ、平成27年度から4年計画で調査研究を行っている。本研究発表では、平成27年度の(1)のテーマである沖縄本島本部町伊豆味、小浜島、久米島、与那国島の事例から考察を行う。<br><b>考察</b> 伊豆味では、藍葉の生産農家が減少していく中で、泥藍が一軒の家内工業でつくられ、地域での藍葉の生産の保護、本部町、沖縄県、また国によってその継承が模索されている。小浜島では、染め織りは高齢女性の生き甲斐であり、女性たち相互のコミュニケーションの役割をもつ。久米島では、染め織りが地域の相互扶助で行われている。与那国島では、地元出身者と移住者とによって染め織りが継承されている。これらの事例から、染め織りが、家族・地域の人々の日々の暮らしの中でワークライフバランスをもって営まれ、家族・地域の人々につながりをもたらす役割を担っているといえる。<br><br>&nbsp;

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 1.9世界の民族服飾、1.9.1アジア、1.9.2中東

    松本由香 ( 担当: 共著 )

    朝倉書店  2016年 ( 担当ページ: p.2 )

  • 世界の愛らしい子ども民族衣装

    佐々井啓・田中俊子・松本由香他 ( 担当: 共著 )

    エクスナレッジ  2016年

  • アジア4)ベトナム、タイ、マレーシア、5)インド(ネパール)、ブータン、6)中央アジア、ウズベキスタン、イラン、イラク、トルコ

    松本由香 ( 担当: 共著 )

    丸善出版  2015年 ( 担当ページ: p.5 )

  • 文化のアイデンティティとしての服飾デザイン

    松本由香 ( 担当: 単著 )

    光生館  2011年 ( 担当ページ: p.8 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄の染織と暮らしの持続性に関する研究―学校・市民教育に向けた衣生活教材開発―

    松本由香・佐野敏行

    平成28年度科学研究費・基盤研究(C)報告書 ( 琉球大学教育学部 )    1 - 95   2017年

     

  • アメラジアンスクールでの「家庭科」衣生活領域の出前授業を通した子ども・地域・国際理解の推進事業」

    松本由香

    琉球大学コミュニティキャンパス成果報告会 ( 琉球大学コミュニティキャンパス事業本部 )    2016年

     

  • 日本にいる外国につながる児童の家庭科をめぐる現状の検討(報告書)

    伊藤葉子・河村美穂・上野顕子・福留奈美・堀江さおり・松本由香

    日本家庭科教育学会2014~2016年度課題研究 ( 日本家庭科教育学会 )    2016年

     

  • 沖縄の染め織りを訪ねて―山藍(琉球藍)と多良間花(紅花)染め

    松本由香

    その他の掲載誌 ( 奈良女子大学佐保会沖縄県支部会 )    2016年

     

  • 沖縄の染織と暮らしの持続性に関する研究―学校・市民教育に向けた衣生活教材開発―

    松本由香

    平成27年度科学研究費・基盤研究(C)報告書 ( その他の出版社 )    1 - 60   2016年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄の染め織りと暮らしの持続性に関する研究―地域文化をどう探求・表現するかを教材化するために―

    松本由香・佐野敏行

    第69回大会  2017年  -  2017年   

  • 沖縄の染織と暮らしの持続性に関する研究―染め織りがもたらす地域生活でのつながり―

    松本由香・佐野敏行

    第68回大会  2016年  -  2016年   

  • 外国につながりのある小学校児童の現状と家庭科の課題

    伊藤葉子・河村美穂・上野顕子・福留奈美・堀江さおり・松本由香

    日本家庭科教育学会第58回大会  2015年  -  2015年   

  • 沖縄の染め織り素材・布とサスティナブル社会

    松本由香

    第45回繊維学会夏季セミナー  2015年  -  2015年   

  • Changes in the way of Traditional Cloth Makings and the Weaver's Contribution in the Ryukyus

    SANO, Toshiyuki and MATSUMOTO, Yuka

    Textile Society of America 14th Biennial Symposium 2014  2014年  -  2014年   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学附属小学校研究発表会指導助言

    その他の研究諸活動 

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

  • 琉球大学教員免許状更新講習「家庭科衣領域教育の見直し―衣服製作を通して―」

    その他の研究諸活動 

    2016年
     
     
     

     概要を見る

    琉球大学教員免許状更新講習

  • 琉球大学公開講座「パターン製図からかりゆしチュニックづくりにトライ!」

    その他の研究諸活動 

    2016年
     
     
     

     概要を見る

    琉球大学公開講座

  • 琉球大学教員免許状更新講習「家庭科衣領域教育の見直し―衣服製作を通して―」

    その他の研究諸活動 

    2015年
     
     
     

     概要を見る

    琉球大学教員免許状更新講習

  • 琉球大学公開講座「パターン製図からワンピースづくりにトライ!」

    その他の研究諸活動 

    2015年
     
     
     

     概要を見る

    琉球大学公開講座

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本風俗史学会研究奨励賞

    1996年10月   日本風俗史学会  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • アメラジアンスクールでの「家庭科」衣生活領域の出前授業を通した子ども・地域・国際理解の推進事業

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2017年  -  2018年03月 

    代表者: 松本由香  資金配分機関: 琉球大学

    直接経費: 35,000(円)  金額合計: 35,000(円)

  • アメラジアンスクールでの「家庭科」衣生活領域の出前授業を通した子ども・地域・国際理解の推進事業

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2016年  -  2017年03月 

    代表者: 松本由香  資金配分機関: 琉球大学

    直接経費: 100,000(円)  金額合計: 100,000(円)

  • 家庭科衣生活領域教育における魅力ある教材研究

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2016年  -  2017年03月 

    代表者: 萩野敦子  連携研究者: 松本由香他  資金配分機関: 琉球大学

    直接経費: 100,000(円)  金額合計: 100,000(円)

  • 生活科学教育を通した沖縄の衣服・布づくり文化振興に向けた取組

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2016年  -  2017年03月 

    代表者: 松本由香  資金配分機関: 琉球大学

    直接経費: 80,000(円)  金額合計: 80,000(円)

  • アメラジアンスクールでの「家庭科」衣生活領域の出前授業を通した子ども・地域・国際理解の推進事業

    研究費種類: 学内助成(後援会・財団含む)  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2015年  -  2015年03月 

    代表者: 松本由香  資金配分機関: 琉球大学

    直接経費: 100,000(円)  金額合計: 100,000(円)

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 沖縄・アジア・染織・衣生活文化

    服装文化

     概要を見る

    沖縄およびアジアの衣生活に関する研究

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2018年度  被服構成実習Ⅰ  実験・実習・実技

  • 2018年度  卒業研究Ⅱ  講義

  • 2018年度  被服学特論演習Ⅱ  演習

  • 2018年度  被服学特論演習Ⅰ  演習

  • 2018年度  被服学特論Ⅱ  講義

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • オリジナル模様ワンピースづくりにトライ!

    琉球大学 

    2017年09月
     
     

  • パターン製図からかりゆしチュニックづくりにトライ!

    琉球大学 

    2016年09月
     
     

  • パターン製図からワンピースづくりにトライ!

    琉球大学 

    2015年08月
     
     

  • アメラジアンスクール・イン・オキナワでの家庭科衣生活出前授業の実施

    アメラジアン・スクール・イン・オキナワ 

    2015年04月
    -
    継続中

  • 沖縄の暮らしと染め織り

    沖縄県立南部農林高等学校 

    2015年03月
     
     

全件表示 >>