松田 昇一 (マツダ ショウイチ)

Matsuda Shoichi

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90390567

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科エネルギー環境工学コース   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  工学博士  熱工学

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 材料加工・処理

  • 熱工学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 溶融池磁気制御アーク溶接法の適用拡大に関する研究

  • 衝突噴流の伝熱特性に関する研究

  • 沖縄における海洋温度差および深層水利用の研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Penetration Control of Arc Welding utilizing Electromagnetic Controlled Molten Pool Welding Process

    Shoichi MATSUDA, Yasushi TANAHARA, Manabu TANAKA

    7th International Conference on Welding Science and Engineering ( 7th International Conference on Welding Science and Engineering )    2017年10月

  • Study on the Molten Metal Flow and Temperature Characteristics of Electromagnetic Controlled Molten Pool Welding using an Unsymmetrical Alternative Magnetic Field

    Yuhei ONODA1, Shoichi MATSUDA, Yasushi TANAHARA, Toshinaga ASATO

    Proceedings of the 13th International Symposium on Experimental Computational Aerothermodynamics of Internal Flows ( Proceedings of the 13th International Symposium on Experimental Computational Aerothermodynamics of Internal Flows )  s-0067   2017年07月

     概要を見る

    In fusion welding, gravity makes molten metal flow downward and it sometimes causes an irregular-shaped weld bead and weld defects. This problem makes it difficult to conduct high-quality and high-deposition rate welding, especially in the horizontal and overhead positions. To solve these problems, the authors propose an ECMP (Electromagnetic Controlled Molten Pool Welding Process) method using an unsymmetrical alternating magnetic field. In this paper, the authors will describe in detail the influence of various welding parameters on the flow and temperature of the molten pool to expand the application of the ECMP method using an unsymmetrical alternative magnetic field, the authors investigated in detail the influence of various welding parameters on the flow and temperature of the molten pool. The molten metal flow was visualized by using a Pulse Laser (=810nm) which had a maximum power of 500W. And then, the obtained data was analyzed by Particle Image Velocimetry (PIV) which is a well-established technique for measuring velocity without contacting objects directly. Also, two-color temperature radiometry utilizing a color high-speed camera was used to obtain the surface temperature of the molten metal. As a result, the effects of various welding parameters on the flow and temperature of the molten pool could be evaluated.

  • A new analytical method for solving the problem of one-dimensional transient heat conduction in a sab by using the temperature solutions of semi-infinite solids

    KATO Sumio, MATSUDA Shoichi

    Mechanical Engineering Journal ( 一般社団法人 日本機械学会 )  4 ( 3 ) 17   2017年02月

     概要を見る

    <p>A new simple analytical method for solving the problem of one-dimensional transient heat conduction in a slab of finite thickness is proposed, in which the initial temperature is assumed zero or constant and the boundary surfaces are assumed to be at constant temperature, constant heat flux, or insulated. In this method, the solution is expressed by an infinite series representation, each term of which is the temperature solution of the corresponding initial-boundary value problem for the semi-infinite solid. Each semi-infinite solid extends to infinity in the positive or negative direction of the <i>x</i> axis and the surface is located at various positions along the <i>x</i> axis. Each term and the partial sum in the infinite series automatically satisfy the heat conduction equation and the initial condition. The solution is easily constructed so that the boundary values of the partial sum converge to those of the heat conduction problem as the number of terms <i>N</i> increases to infinity. The basic concept of the solution method for the problem of one-dimensional transient heat conduction in a slab is described. The solution method is applied to various initial-boundary value problems. The formulas of the typical solutions by this method are found to be the same as those of the solutions obtained by other literature using the method of Laplace transformation, which supports the validity of the new solution method proposed in this paper. The usefulness of this method is also examined.</p>

  • 溶融池磁気制御溶接法における磁場が溶融池の流動と温度場に及ぼす影響

    松田昇一,棚原靖

    溶接学会誌 ( その他の出版社 )  84 ( 4 ) 24 - 30   2015年06月

  • 溶融池磁気制御溶接法の溶融池の流動と温度場

    松田 昇一, 棚原 靖

    溶接学会全国大会講演概要 ( 一般社団法人 溶接学会 )  2015 ( 0 ) 378 - 379   2015年

     概要を見る

    我々は,アーク溶接において,重力に起因するアンダーカット等の形状欠陥を防止するために,外部磁場を用いた「溶融池磁気制御溶接法:ECMP」を提案している.本研究発表では主にECMP法を下向姿勢ホットワイヤTIG溶接に適用した場合の溶融池の流れ場と温度場を詳細に観察した結果を報告する.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 実践的高度溶接技術者育成コース 教材(上下巻)

    真鍋幸男, 松栄準治, 眞喜志隆, 比嘉吉一, 松田昇一他6名 ( 担当: 共著 )

    産学連携製造中核人材育成事業  2007年03月

  • 衝突噴流の時・空間温度および流動場の可視化による熱伝達特性に関する実験的研究

    松田昇一 ( 担当: 単著 )

    琉球大学  2000年03月

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 外部磁場を用いた溶け込み 制御の研究

    松田昇一, 棚原靖, 田中学, 中山友裕

    平成30年度 秋季全国大会  (愛媛大学)  2018年09月  -  2018年09月   

  • 溶融池磁気制御アーク溶接による溶け込み制 御に関する研究

    安里 利祥, 松田 昇一, 棚原 靖, 斧田 有平

    2017 年度日本機械学会年次大会  (埼玉大学)  2017年09月  -  2017年09月   

  • 低レイノルズ数における円形衝突噴流の流動と熱伝達特性

    松田 昇一, 加藤 純郎, 安谷屋 宏樹, 冨岡 功哉

    日本機械学会九州支部 第70期総会・講演会  (佐賀大学)  2017年03月  -  2017年03月   

  • 溶融池磁気制御溶接法の溶融池の流動と温度場

    松田昇一、棚原靖

    その他の会議  2015年09月  -  2015年09月   

  • 軽量CFRPアブレータ用軸対称アブレーション解析コードの開発

    渡邉輝洋,加藤純郎,松田昇一

    その他の会議  2014年11月  -  2014年11月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 非対称交流磁場を用いた上向姿勢溶融池磁気制御アーク溶接法に関する研究 (非対称交流磁場によるアークおよび溶融金属流動制御)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 平成29(2017)年度 次世代を担う研究者助成事業

    研究期間: 2017年04月  -  2018年03月 

    資金配分機関: 一般社団法人日本溶接協会

  • 高・低速衝突噴流群の赤外線映像による熱移動解析

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 1997年04月  -  1998年03月 

    資金配分機関: -

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 島嶼地域に適した海洋温度発電の調査研究

    研究期間: 2010年04月  -  2013年 

    資金配分機関: 佐賀大学海洋エネルギー研究センター

  • 溶融池磁気制御アーク溶接における熱輸送現象解析

    研究期間: 2007年04月  -  2014年 

    資金配分機関: 大阪大学接合科学研究所