古川 雅英 (フルカワ マサヒデ)

Furukawa Masahide

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

40238671

研究分野・キーワード

海洋地質学,放射線環境地学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   物質地球科学科   教授  

  • 併任   琉球大学   研究推進機構   その他  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   その他  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年03月

    琉球大学   理工学部   海洋学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年03月

    琉球大学  理学研究科  海洋学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    1990年10月

    神戸大学  自然科学研究科  環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 神戸大学 -  学術博士  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 物質地球科学科 海洋地圏科学講座 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    アメリカ地球物理学連合

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本地震学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本地質学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本エアロゾル学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本保健物理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地質学

  • 放射線・化学物質影響科学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 東アジアの風成塵

  • 自然放射線・放射能の時空間分布

  • 海溝ー島弧ー背弧海盆システムの形成テクトニクス

論文 【 表示 / 非表示

  • 琉球弧に関する更新世古地理図の比較検討

    藤谷 卓陽,

    No.98 (2014/9) ( 琉球大学理学部 )  ( 98 ) 1 - 8   2014年10月

     概要を見る

    In order to estimate the geohistory of Ryukyu Arc and the origin of terrestrial biota in the recent Ryukyu Islands, many paleogeographic maps have been drawn based on geologic and biologic hypotheses. However it has not come up with the conclusive paleogeographic maps yet. With this being the situation, to suggest more feasible hypothesis, we had a try at the comparative study on the existing paleogeographic maps mainly for Pleistocene. As a preliminary product, some paleogeographic maps of Ryukyu Arc and its surroundings redrawn with uniform projection are shown in this paper. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • Terrestrial Gamma Radiation Dose rate in Japan Estimated before the 2011 Great East Japan Earthquake

    M. Furukawa, R. Shingaki

    Radiation Emergency Medicine ( Hirosaki University )  1 ( 1, 2 ) 11 - 16   2012年

  • 自然放射線と天然放射性核種および福島原発事故によって放出された人工放射性核種からの被ばく

    3. 細田正洋, 床次眞司, 古川雅英

    放射線生物研究 ( その他の出版社 )  47   22 - 45   2012年

  • Characteristics of Radon and Thoron Exhalation Rates in Okinawa, Subtropical Region of Japan

    Araki, S., Tanaka, R., Yasuoka, Y., Mukai, T., Takizawa, H., Ohnuma, S., Horiuchi, K., Ishikawa, T., Fukuhori, N., Furukawa, M. and Tokonami, S.

    Radiation Protection Dosimetry ( Oxford Univ. Press )  220   1 - 5   2012年

  • In situ measurements of thoron exhalation rate in Okinawa, Japan

    Y. Shiroma, N. Isa, M. Hosoda, A. Sorimach, T. Ishikawa, S. Tokonami, M. Furukawa

    Radiation Protection Dosimetry ( Oxford Univ. Press )  141 ( 4 ) 457 - 461   2011年

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 沖縄の放射線環境と原子力防災

    古川雅英 ( 担当: 単著 )

    沖縄タイムス  2012年 ( 担当ページ: p.12 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Eolian dust may be an effective expander of HBRA: a case of China-Ryukyu connection, High Levels of Natural Radiation and Radon Areas,

    M. Furukawa, W. Zhuo, S. Tokonami, N. Akata, Q. Guo

    Inernational Congress Series ( その他の出版社 )  1276   307 - 308   2005年