神田 康行 (カンダ ヤスユキ)

Kanda Yasuyuki

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

10468069

研究分野・キーワード

計算力学,材料加工学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科機械工学コース   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(工学)  工学基礎

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 機械システム工学科 材料システム工学講座 助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 材料加工・処理

  • 工学基礎

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 回転自由度を有する三角形界面要素の開発と植物繊維強化カーボンセラミックス複合材料解析への適用

    神田 康行,福本 功

    日本計算工学会論文集   20180004   2018年03月

  • αアルミナスラッジの粒子形状が放電プラズマ焼結体の機械的強度に及ぼす影響

    神田 康行, 福本 功

    粉体および粉末冶金 ( 一般社団法人 粉体粉末冶金協会 )  64 ( 3 ) 91 - 99   2017年

     概要を見る

    <p>Alumite sludge is a precipitation that is generated by anodizing of aluminum sash products. The crystal structure of alumite sludge is changed to α-alumina (α-alumina sludge) by heat treatment. For effective utilization of alumite sludge, we attempted to improve the sintered body mechanical strength by applying milled α-alumina sludge to spark plasma sintering. The raw (no milling) material has a cuboid particle shape. By milling the raw material, the particle shape is changed from cuboid to cube, and the particle size is decreased. The changing particle shapes improved flexural strength to a maximum of 403 MPa at low firing temperatures. Observation of the fracture surface using SEM revealed that the fracture originated from a rectangular pore remaining in the sintered body. The shape factor of the rectangular pore (area, pore ratio, inclination angle) decreased with the change in particle shape. In order to ascertain the experimental result, the effect of rectangular pore shape on crack occurrence was investigated by using finite element method. The principal stress value around the rectangular pore decreased with the change in particle shape. Thus, crack occurrence at the fracture origin is inhibited by the change in particle shape.</p>

  • バガス灰と炭化バガスを用いた放電プラズマ焼結によるβ-SiCの合成

    福本功,神田康行

    粉体および粉末冶金 ( その他の出版社 )  63 ( 5 ) 261 - 268   2016年06月

  • 炭化バガスにチタン粉末を複合化した放電プラズマ焼結体の力学的特性

    神田康行,福本功

    粉体および粉末冶金 ( その他の出版社 )  62 ( 5 ) 234 - 242   2015年05月

  • アルミニウム合金粉末にフライアッシュを複合化した放電プラズマ焼結体の力学的特性

    神田康行,山里將史,福本功

    粉体および粉末冶金 ( その他の出版社 )  62 ( 5 ) 243 - 251   2015年05月

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 回転とひずみ自由度を有する三角形要素を用いた剛塑性有限要素法の基礎的検討

    神田 康行

    日本機械学会2017年度年次大会  2017年09月  -  2017年09月   

  • Development of Generalized Finite Element with Added Heaviside Function to Drilling Degress of Freedoms for Composite Material

    Yasuyuki KANDA, Isao FUKUMOTO

    Proceedings of the 12th World Congress on Computational Mechanics & The 6th Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics  2016年07月  -  2016年07月   

  • 放電プラズマ焼結法におけるαアルミナスラッジ粉末の緻密化挙動解析

    神田康行,福本功

    粉体粉末冶金協会講演概要集平成27年度秋季大会  2015年11月  -  2015年11月   

  • バガス灰と炭化バガスを用いた放電プラズマ焼結によるSiCの合成

    福本功,神田康行

    粉体粉末冶金協会講演概要集平成27年度秋季大会  2015年11月  -  2015年11月   

  • バガス繊維を用いた複合材料の圧縮成形体の機械的性質

    福本功,神田康行

    日本機械学会九州支部長崎講演会講演論文集  2015年09月  -  2015年09月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示