大島 順子 (オオシマ ジュンコ)

Oshima Junko

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

40423735

研究分野・キーワード

環境教育学,持続可能な開発のための教育,地域開発,成人教育

ホームページ

http://www.tourism.u-ryukyu.ac.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   ■廃止組織■   観光科学科   准教授  

  • 併任   琉球大学   観光科学研究科   その他  

  • 併任   琉球大学   島嶼地域科学研究所   その他  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • オーストラリアQLD州立グリフィス大学 -  環境教育学修士  教育工学

  • 日本体育大学 -  体育学修士  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年10月
    -
    継続中

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本観光ホスピタリティ教育学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本野外教育学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本環境教育学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    Ecotourism Association of Australia

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    Australian Association for Environmental Education

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域研究

  • 教育学

  • 科学教育

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Community Adult Education for Sustainable Community Development

  • Community Development for Sustainable Tourism

  • Ecotourism as Environmental education

  • 地域づくりにおける大人の学び

  • 持続可能なツーリズムによる地域づくり

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 観光の教育力の構造化に向けて

    その他の著者

    Vol.8 (2016/12) ( 琉球大学大学院観光科学研究科 )  8   73 - 86   2017年02月

     概要を見る

    This article aims to structuralize for educational capability of tourism based on practical relationship between tourism and education. In this context, it attempts to examine a tourism education framework addressing three dimensions ; education in tourism, education about tourism and education for tourism. Education in tourism involves classic tourism education in hospital industry and school curriculum and educational tourism, such as any educational / learning tourist activity in school students' travel, excursion and adult study tours. Education about tourism includes knowledge of tourism as industry, the impacts and the management issues associated with tourism settings to understand tourism broadly. Education for tourism focuses on tourism activity to be responsible as both an individual tourist and any institutions for sustainability. Lastly a framework for Education for Sustainability in Tourism is introduced to review and guide discussion of education for Sustainability in Tourism further. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 「商品としての観光」より「集落再発見としての観光」

    大島順子

    『現代農業 2009年2月増刊号』 ( 社団法人農山漁村文化協会 )    2009年02月

  • 「集落ツアーガイドブック」

    大島順子

    『現代農業 2008年11月増刊号』 ( その他の出版社 )    2008年10月

  • 「地域づくりと地元学・地域学-持続可能な開発のための教育と地域づくりの視点から」

    大島順子

    『自然と人間を結ぶ 農村文化運動185』 ( 社団法人農山漁村文化協会 )    2007年07月

  • 林業が抱える問題解決のための森林ツーリズムにおける担い手育成に関する実践的研究 (1) : 沖縄やんばる地域の取り組みを事例として

    その他の著者

    Vol.1 (2007/3) ( 琉球大学法文学部 )  1   119 - 135   2007年05月

     概要を見る

    This study explores developing local skills in solving community-based problems with forest tourism in Okinawa prefecture, in particular regarding with activities in Yambaru area. Yambaru is a rural area, and is currently well-known domestically and a popular ecotourism destination because of its pristine subtropical rainforest environment, unknown on the Japanese mainland. As a result of depression of timber industry, problems within forestry have been developing all over Japan and the industry needs to undergo some restructuring to change from a single dimensional usage of forest for lumber, into a consciousness of multifaceted forest usage, such as for shelter from natural disaster, carbon sequestering to offset global warming, preserving drinking water, habitat for native animals and plants as well as promoting forest environmental education. However, the forestry industry and forestry cooperative in Okinawa are completely unaware of such recent trends. A major focus of this study is that social action which leads to sustainable community development is contingent on learning about social phenomena affecting community life and on applying that learning to planning and problem solving with adult education theory. Accordingly the process orientation of community development takes precedence over task orientation in this study. As the first stage of the study, this paper identifies current usage of Yambaru forest as a tourist destination and awareness of the issues involved in the local initiatives, such as conducting forest study and tour. It concludes with recommendations for further research. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第6章「持続可能な観光を築く地域における教育のあり方」

    生方秀紀・神田房行・大森享編著 ( 担当: 共著 )

    ミネルヴァ書房  2010年04月

  • 第3章「地域づくりにおける環境教育‐地域が主体となって築く持続可能なツーリズムを構築していく視点から」

    降旗信一・高橋正弘編著 ( 担当: 共著 )

    筑波書房  2009年07月

  • 「持続可能なツーリズムをめざす地域づくりと学び」

    山西優二・上條直美・近藤牧子編者、磯野昌子 岩崎裕保、大島順子他著 ( 担当: 共著 )

    新評論  2008年02月

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示