森山 克子 (モリヤマ カツコ)

Moriyama Katsuko

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

20437982

研究分野・キーワード

給食管理,調理学,栄養教諭,調理実習,食育

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯生物資源科学科   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京家政大学 -  学士  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

      琉球大学 教育学部 生涯健康教育コース 講師  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    栄養改善学会

  • 2001年04月
    -
    2003年03月
     

    栄養改善学会   第49回日本栄養改善学会 実行委員

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本調理科学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本給食経営管理学会

  • 2007年04月
    -
    継続中
     

    日本調理科学会 九州支部   理事

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食生活学

  • 生活科学一般

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 沖縄の食文化

  • 栄養教諭

  • 学校給食

論文 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県における学校給食調理員の衛生管理に関する意識調査 : 学校給食調理員のO-157事件以降の衛生管理意識

    高吉 裕士,

    No.85 (2014/8) ( 琉球大学教育学部 )  ( 85 ) 225 - 232   2015年09月

     概要を見る

    学校給食においては、食中毒を防止し、安全かつ安心で美味しい学校給食を提供することが最も重要であり、その調理業務を担う調理員の貢献は大きい。平成20年、学校給食法が改正され、食中毒防止策など衛生管理の基準を規定し徹底させつつ、学校給食の主な目的を従来の「栄養改善」から「食育」に転換された。学校給食における食育の推進には、栄養教諭等の資質向上は無論、調理業務を行う調理員の食育に対する職業意識の在り方が今後求められると推察するが、調理員にとって最大の使命は、安全な給食を提供することである。そこで、本研究では、「食育」を推進するにあたり、ますは、調理員の職業意識等の中でも衛生管理に関する意識の実態を明らかにする必要があると考え、沖縄県内の学校給食施設に勤める学校給食調理員438名に衛生管理意識に関するアンケート調査を実施した。その結果、387名の回収があった。調理員の衛生管理意識は雇用形態や経験年数などで有意差がなく、調理員一人一人が高い衛生管理意識を持っていた。平成8年O157事件以降、調理員の衛生管理意識は調査者全員が変わったと回答している。その理由としては衛生管理体制の確立や講習会が主にあげられていた。また、経験年数13年以上の栄養士に対してO157食中毒事件以降調理員の衛生管理意識の変化について「良くなった」「やや良くなった」と答えたのは100%であったことからO157食中毒事件以降調理員の衛生管理意識の変化は、客観的にも検証できたと考える。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 食育情報教材「Q-食マスター」の開発(2) : 家庭科、特別活動、道徳における実践報告

    金城 千秋,高吉 裕士

    No.85 (2014/8) ( 琉球大学教育学部 )  ( 85 ) 213 - 223   2015年09月

     概要を見る

    平成22年、子供たちが、「食育」から「海洋」を学ぶことができる食育情報教材Q-食マスターを開発した。その効果を検討するために、平成23年11月~3月、沖縄県那覇市立城東小学校の特別支援教室で授業を行った。児童や教諭のアンケートから、本教材は、児童の海洋に関する理解、興味、関心を高めることが可能であるとわかった。また、本教材は、家庭科、道徳、学級活動、給食指導と幅広い教科等で、「食育」から「海洋」を学習する食育情報教材としての期待ができることもわかった。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 3歳児が自ら調理する食育プログラムの実践報告 : 家庭教育講座の創意工夫をめざした活動

    宮城 沙耶香,

    No.8 (2014/3) ( 琉球大学生涯学習教育研究センター )  ( 8 ) 9 - 20   2015年03月

     概要を見る

    (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 食育情報教材「Q-食マスター」開発(1) : ゲーム内容と実践報告

    その他の著者

    No.21 (2014/3) ( 琉球大学教育学部附属教育実践総合センター )  ( 21 ) 175 - 183   2015年02月

     概要を見る

    食育と海洋がコラボレーションする食育情報教材「Q-食マスター」を開発した。そこで、本報は、ゲーム内容と効果の検証のため、実践例を報告することを目的とする。実践校より、児童は「楽しみながら海の食材の学習をしていた」また、学習後「児童がゲームの料理を給食にリクエストし、それを受けて栄養士が生きた教材として、給食で提供した。児童は食べることで再び海洋を学んだ」と報告があった。食育は、給食を生きた教材として海洋教育や情報教育でも活用できることが示唆された。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 学校給食から海洋県沖縄の食文化を伝える研究(2) : 学校教育計画における海に関わる指導内容の実態

    その他の著者

    No.21 (2014/3) ( 琉球大学教育学部附属教育実践総合センター )  ( 21 ) 163 - 174   2015年02月

     概要を見る

    学校給食から海洋県沖縄の食文化を伝えるため、沖縄県内の小中学校の学校教育計画における海に関わる指導内容を調査したところ、都市地区より農村部の学校で沖縄の食文化に関わる内谷があった。北部の本部町や離島の座間味村、宮古島市では、沖縄の食文化のベースとなる鰹節づくりに関する内容があったことから海洋県沖縄の食文化の伝承が今後も可能であることがわかった。海産物では「もずく」の出現数が最も多く、給食管理の献立から伝承し易い海の食育教材は、「もずく」であった。これらのことから、国語、理科、社会科、家庭科の教科や道徳、総合学習等で学校教育計画全体で横断的に指導しつつ、給食から海洋県沖縄の食文化を伝承できることが示唆された。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 海を学ぶ食育教材:「Qー食マスター」

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( PCゲーム開発(日本財団) )    2011年

     

  • 海を活用した食育実践:「朝ごはんで脳と体が目覚める」

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( 教材用パンフレット作成(日本財団) )    2011年

     

  • 「ボクとわたしがつくる~おめざめレシピ~」

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( 食育教材用パンフレット作成,(21COCEF) )    2011年

     

  • 平成21~23年度日本調理科学会特別研究「調理文化の地域性と調理科学」報告書-行事食・儀礼食-

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( 日本調理科学会「調理文化の地域性と調理科学」特別研究委員会 )    2011年

     

  • 「伝えたい!学校給食から郷土料理,レシピ付~元気っ子のリメイク朝ごはんPart2~なぜ,学校給食があるの?栄養教諭ってなあに?」

    その他の著者

    その他の掲載誌 ( 食育教材用パンフレット作成(21COCEF) )    2010年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県中南部における伝承したい家庭料理(1)~豚肉料理~

    その他の発表者

    その他の会議  2014年  -  2014年   

  • 沖縄県中南部における伝承したい家庭料理(2)~サツマイモ,タイモ,ヤマイモの料理~

    その他の発表者

    その他の会議  2014年  -  2014年   

  • 田原美和、森山克子、金城須美子、東盛キヨ子:沖縄の清明祭の供物・料理の現状と伝承について:平成24年度一般社団法人日本調理科学会九州支部会 講演・研究発表大会要旨集:16:2012.6 <口頭発表>

    その他の発表者

    その他の会議  2012年  -  2012年   

  • 沖縄の祖先祭祀 -清明祭・盆の供物を中心に-

    その他の発表者

    その他の会議  2010年  -  2010年   

芸術系の活動、フィールドワーク等 【 表示 / 非表示

  • 特別活動の学級活動(保健、給食、道徳)等における授業実践  指導目標、低学年:偏食に関する指導 中学年:消化、吸収に関する指導、高学年:頭で食べよう等の授業を実施、北谷町内小中学校6校(桑江中・北谷中・北谷小・北玉小・浜川小・北谷第二小)1991~1995

    1900年
     
     
     

  • 浦添市立前田小学校行内研修,「食の指導」,講師,2007.8.23

    1900年
     
     
     

  • 第19回千原初等教育研究大会,「食における家庭科と栄養教諭の連携」,講師,2007.8.3.

    1900年
     
     
     

  • 那覇市立神原中学校校内研修,「食育について」,講師,2007.8.2.

    1900年
     
     
     

  • 宜野座村教職員研修会,「いま,なぜ,食育が必要か!」,講師,宜野座村教育委員会, 松田小学校多目的ホール,2007.7.27.

    1900年
     
     
     

全件表示 >>