韓 昌完 (ハン チャンワン)

HAN Changwan

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

90599622

ホームページ

https://www.in-child.com/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学部   学校教育教員養成課程   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2003年03月

    東北大学  医学系研究科  機能医科学講座 肢体不自由学講座  博士前期課程  修了

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    東北大学  医学系研究科  機能医科学講座 内部障害学分野  博士後期課程  修了

  • 2009年04月
    -
    2011年09月

    東北大学  経済学研究科  経済・経営学専攻 医療福祉講座  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士(経営学)  その他

  • 東北大学 -  博士(医博(障))  その他

  • その他の機関 -  その他の学位  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    継続中

      韓国, 又松(ウソン)大学 保健福祉学部 医療社会福祉学科 専任講師  

  • 2007年04月
    -
    継続中

      韓国, 又松(ウソン)大学 保健福祉学部 医療社会福祉学科 助教授  

  • 2008年04月
    -
    継続中

      東北大学大学院 医学系研究科 Visiting Professor  

  • 2010年10月
    -
    継続中

      国立大学法人 佐賀大学高等教育開発センター 障がい者就労支援Coordinator養成コース 特任講師  

  • 2011年04月
    -
    継続中

      東北大学大学院 医学系研究科 非常勤講師  

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 総合リハビリテーション

  • 障害学

  • 政策論

  • 教育理論

  • 教育経営学

全件表示 >>

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • IN-Childの教育的診断と支援システムの構築

論文 【 表示 / 非表示

  • 「聞く」能力に課題のあるIN-Childの指導に及ぼす影響要因の分析

    小原 愛子, 矢野 夏樹, 韓 昌完

    トータルリハビリテーションリサーチ ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  6 ( 0 ) 14 - 21   2018年06月

     概要を見る

    Many of the children with comprehensive educational needs (Inclusive Needs Child: IN-Child) have the needs that listening ability. In this study, in order to examine the teaching method to improve the ability to listen to IN - Child, we analyzed the influence of characteristics similar to attention deficit/ hyperactivity disorder (ADHD) and autism spectrum disorder (ASD) on listening ability. As the results, it became clear that children with inattention or characteristics similar to ADHD have needs that "misunderstanding the story and fail to hear", "difficulty to discussion" and "difficulty to listen simultaneous instruction". In addition, it became clear that children with characteristics similar to ASD have needs that "mis listening the sounds" and "difficulty to discussion". Based on the findings from this study, it is expected that teaching methods for IN-Child with characteristics similar to ADHD or ASD will be developed.

  • 切れ目のないキャリア教育のための評価尺度(Scale for Coordinate Contiguous Career: Scale C<sup>3</sup>)の内容的妥当性の検証

    沼館 知里, 照屋 晴奈, 梅田 真理, 韓 昌完

    トータルリハビリテーションリサーチ ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  6 ( 0 ) 33 - 44   2018年06月

     概要を見る

    Han, Numadate & Goya (2018) has developed Scale for Coordinate Contiguous Career (Scale C<sup>3</sup>) for the evaluation and support for adolescents and adults after compulsory education. In this research, we aim to verify the content validity of Scale C<sup>3</sup>. In order to verify the content validity, a questionnaire survey was conducted for high school, university and company career education personnel. As a result of expert survey, all experts responded that Scale C<sup>3</sup> area is valid. And regarding the item of Scale C<sup>3</sup>, 90% of experts responded that 92 items out of 100 items are valid. Based on the results of this survey, eight items that 80% of experts did not respond that they are valid were excluded from Scale C<sup>3</sup>. The final draft of Scale C<sup>3</sup> was composed of 92 items in 16 areas. As future research, it is necessary to collect data using the draft prepared in this research to verify the reliability and the validity of the composition concept.

  • IN-Child Recordに基づいたASD傾向のあるIN-Childに対する指導法の分析

    太田 麻美子, 金城 晶, 梅田 真理, 韓 昌完

    Journal of Inclusive Education ( 一般社団法人 アジアヒューマンサービス学会 )  4 ( 0 ) 36 - 53   2018年

     概要を見る

    IN-Childとは、包括的教育を必要とする全ての子どもを指す用語であり、IN-Child Recordとは、IN-ChildのQOL向上の観点から支援ニーズを検討する為の82項目14領域で構成されているツールである。本研究では、IN-Child Recordの14領域を用いて、既存の論文・学会発表における指導実践を分析することで、ASD傾向のあるIN-Childに対して教育現場で行われている指導・支援方法を典型化し、課題を明らかにすることを目的とした。その結果、ASD傾向のあるIN-Childに対する指導・支援として、①保護者も含めた、学校やスクールカウンセラーとの定期的な情報共有の必要性、②スケジュールや物理的構造化の必要性、③応用行動分析の観点を含めた行動マネジメントの必要性が明らかになった。今後、ASD傾向のあるIN-Childに対する行動マネジメントの観点を決め、具体的な指導プログラムを開発する必要がある。

  • Consideration of Constructs for the Social Skill Training Program Development for Children with ADHD Tendency

    KOHARA Aiko, KWON Haejin, KOMINE Yoshino, HAN Changwan

    Asian Journal of Human Services ( 一般社団法人 Asian Society of Human Services )  14 ( 0 ) 66 - 83   2018年

     概要を見る

    The IN-Child means of ″inclusive education needs child″. There is In-Child who shows remarkable difficulty in a behavior face about 3.6% in Japan (Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 2012). However, there are a few concrete teaching programs to improve social skills according to the characteristics of ADHD tendency, and the effectiveness of its teaching programs has not yet been verified. The purpose of this study is to decide on the social skill training program for the children with ADHD tendencies in regular classes. We searched the practical reports on children with ADHD tendencies in foreign countries by using the ERIC-Institute of Education Science thesis database. Among them, 23 papers were related to practical reports. Since there were practices listed in the review paper, a total of 12 cases were analyzed. There were many programs that used rewards, such as token economy, thereby indicating that a program promoting voluntary activities with a reward is believed to be effective for children with ADHD tendencies.

  • 教育分野における成果評価の観点に基づいたQOL (Quality of Life)の再定義

    その他の著者

    No.90 (2017/2) ( 琉球大学教育学部 )  ( 90 ) 157 - 162   2017年05月

     概要を見る

    児童生徒の教育活動の成果は、知識の習得といった学力だけで測定することは難しく、生活面での教育成果も評価することが必要となっている。生活面に関する教育活動は、児童生徒のQOL向上に大きく関与していることが考えられ、QOLの観点から児童生徒の生活面を測ることが注目されている。しかしながら、現在、教育分野では、学力だけでは測ることの難しい生活面に関する活動の成果評価を包括的に測定できる尺度はほとんどない。また、教育分野におけるQOLの用語は、その定義があいまいなまま使用されており、特に教育分野に特化したQOLの定義は存在しない。そこで本稿では、医療や福祉等といった教育分野以外も含め、①QOLの定義、②QOL尺度、③QOLの変遷を整理することで、教育分野における成果評価の観点からQOLを『人聞が置かれている客観的な状況の中における主観的な質のレベルであるということを前提条件として、身体的、情緒的、社会・経済的など、人間の生活に関わるあらゆる領域のレベルを主観的かつ段階的に評価するもの』と再定義した。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • インクルーシブとQOLを考える肢体不自由教育

    その他の著者 ( 担当: 単著 )

    Asian Society of Human Services 出版部  2014年08月

  • 特別支援教育における肢体不自由児の指導方法と心理的ケア-教師と保護教育用教科書

    その他の著者 ( 担当: 単著 )

    HanShin Plus Care  2010年05月

  • 神経精神医学論

    その他の著者 ( 担当: 単著 )

    ホミ出版社  2009年05月

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Reliability and Validity of the IN-Child(Inclusive Needs Child) Record

    その他の発表者

    International Conference on Convergence Content 2016 in Okinawa  2016年12月  -  2016年12月   

  • A Study on the Standardization of the SNEAT Based on the from Okinawa. Kagoshima and Miyagi Prefecture

    その他の発表者

    International Conference on Convergence Content 2016 in Okinawa  2016年12月  -  2016年12月   

  • Constructs of Diversity Education Assessment Tool.

    その他の発表者

    International Conference on Convergence Content 2016 in Okinawa  2016年12月  -  2016年12月   

  • Basic Study about Development of the Diversity Education Assessment Tool

    その他の発表者

    2016 Asian Society of Human Servies Congress in Fukuoka  2016年07月  -  2016年07月   

  • The Verification of Reliability and Validity of the SNEAT Based on the Data from Kagoshima Prefecture: A Study on the Standardization of the SNEAT

    その他の発表者

    2016 Asian Society of Human Servies Congress in Fukuoka  2016年07月  -  2016年07月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 大田広域市長 功労表彰

    2009年12月   その他の授与機関  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    青少年教育及び雇用創出に貢献

  • 大韓民国 保健福祉家族部長官 功労表彰

    2009年04月   その他の授与機関  

    受賞者: その他の受賞者

  • 大田広域市長 功労表彰

    2008年12月   その他の授与機関  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 特別支援教育支援員配置によるインクルーシブ教育推進成果評価尺度の標準化

    基盤研究(C)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2016年  -  2019年 

  • 特別支援教育成果評価尺度(SNEAT)の開発と授業成果評価モデルの構築

    基盤研究(C)

    課題番号: 15K04567

    研究期間: 2015年  -  2018年 

    代表者: 韓 昌完 

  • 生活を重視した安全な避難方法と避難生活リハビリプログラムによる被災者生活復帰支援

    基盤研究(B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2012年  -  2015年 

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 老人福祉シルバー産業専門人力養成事業

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: その他  事業名: -

    研究期間: 2004年  -  2009年 

    資金配分機関: -

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • IN-Childの教育的診断と支援システムの構築

    研究期間: 2017年  -  2020年