遠藤 由美子 (エンドウ ユミコ)

Endoh Yumiko

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90282201

研究分野・キーワード

母性看護、助産学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    1999年03月

    東北学院大学  人間情報学研究科  人間情報学専攻  博士前期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • その他の機関 -  修士(学術)  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年03月
    -
    2000年02月

      山形大学 医学部 看護学科 助手  

  • 2000年03月
    -
    2002年04月

      山形大学 医学部 看護学科 講師  

  • 2002年04月
    -
    2004年03月

      山形大学 医学部 看護学科 助教授  

  • 2004年04月
    -
    2009年12月

      山形大学 医学部 看護学科 准教授  

  • 2010年01月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 保健学科 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    日本母性衛生学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本助産学会

  • 2002年04月
    -
    継続中
     

    日本女性医学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床看護学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 更年期症状軽減のための運動

  • 開発途上国における助産技術教育

  • 中高年看護職の健康

  • 孫育てに関わる祖父母の育児と健康

論文 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県の地域住民の経済状況と地域愛着が親扶養意識に及ぼす影響について

    德元 裕子, 豊里 竹彦, 眞榮城 千夏子, 平安名 由美子, 遠藤 由美子, 照屋 典子, 玉城 陽子, 髙原 美鈴, 與古田 孝夫

    日本健康学会誌 ( 日本健康学会 )  84 ( 1 ) 3 - 11   2018年

     概要を見る

    <p><b>Objective: </b>This study aimed to clarify the association between sense of filial responsibility, local residents' subjective economic status, and attachment to the local community, and to contribute to local community policies and measures including support systems for elderly in need of care and family.</p><p><b>Methods: </b>We conducted in<tt>-</tt>home interviews in 2015 in Okinawa, Japan. A total of 2,663 local residents were selected, and after invalid responses were excluded, 1,656 responses (62.2%) were analyzed. Participants were asked about demographic variables (sex, age, marital status, birth order, subjective health, living arrangement), subjective economic status, attachment to the local community, and sense of filial responsibility (such as caring for and supporting their elderly parents).</p><p><b>Results: </b>Age, marital status, birth order, and attachment to the local community were positively associated with sense of filial responsibility. Participants with low subjective economic status had low sense of filial responsibility. Even if subjective economic status was low, participants with high attachment to the local community had significantly high sense of filial responsibility. Moreover, participants with high attachment to the local community provided and received more instrumental support than participants with low attachment to the local community.</p><p><b>Conclusions: </b>Our findings suggest that high attachment to the local community can form a support system in local areas, and that support systems in turn help local residents when they support their parents. In light of these findings, measures for creating networks between local residents, as well as improvement of the physical environment, are necessary for local community planning.</p>

  • 東北地方在住中高年女性の生活習慣病リスクと不定愁訴の実態

    宮下ルリ子,遠藤由美子,山口咲奈枝

    母性衛生 ( 日本母性衛生学会 )  58 ( 1 ) 158 - 165   2017年

  • プラダー・ウィリー症候群のある児とその家族への乳児期の看護

    沓脱小枝子,辻野久美子,村上京子,飯田加寿子,遠藤由美子

    日本遺伝看護学会誌 ( 日本遺伝看護学会 )  15 ( 2 ) 57 - 67   2017年

  • Factors affecting the learning implementation of midwife in - service training in South Sudan.

    Miki Hirata, Fujiko Omine, Yumiko Endo, Yoko Tamashiro, Keiko Kawamitsu

    International Journal of Nursing & Clinical Practices   3   167   2016年

  • 臍帯結紮時期が成熟児の生理的黄疸と乳児期早期の血中ヘモグロビン値に及ぼす影響について

    高山智美, 遠藤由美子, 玉城陽子, 辻野久美子, 儀間継子,山田忍,嵩元リカ,大嶺ふじ子,大城洋子,川満恵子

    母性衛生 ( 日本母性衛生学会 )  56 ( 1 ) 77 - 86   2015年

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 看護学実践―science of nursing―母性看護学

    遠藤由美子 ( 担当: 監修書 , 担当範囲: 女性のライフサイクルにおける看護 )

    日本放射線技師会出版会  2007年05月 ( ページ数: 220 ,  担当ページ: p.46-60 )

  • 疾患別看護過程セミナー統合改訂版

    遠藤由美子 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 子宮内膜症 看護プロセス )

    医学芸術社  2006年 ( ページ数: 819 ,  担当ページ: p.794-808 )

  • 疾患理解とケアプランのための看護過程セミナー3

    遠藤由美子 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 子宮内膜症患者の看護 )

    医学芸術社  2004年 ( ページ数: 249 ,  担当ページ: p.194-207 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • パートナーシップによる臨床看護研究能力獲得のための革新的・戦略的プログラム構築に向けた予備的研究.

    遠藤由美子

    平成26年度琉球大学女性研究者支援研究費実績報告書     2015年

     

    DOI

  • 八重山地区看護研究に関するニーズ調査結果.

    遠藤由美子, 眞栄城千夏子, 豊里竹彦, 髙原美鈴, 古謝安子, 與古田孝夫, 國吉緑

    平成26-29年度琉球大学「ちゅら島の未来を創る知の津梁」島嶼医療における看護職の研究能力育成 -平成26年度事業報告書-.     73 - 80   2015年

     

  • 地方と都市部における日本人中高年看護職者の更年期症状.

    遠藤由美子

    基盤研究B成果報告書 中高年看護職者のセカンドキャリア就労支援に関する経験的研究     272 - 274   2014年

     

  • 中高年女性看護職者の健康

    遠藤由美子

    基盤研究B成果報告書 中高年看護職者のセカンドキャリア就労支援に関する経験的研究     41 - 44   2014年

     

  • 助産実習における臨床指導者と教員の教育的関わりに関する調査.

    遠藤由美子

    平成22年度児童関連サービス事業 助産学実習を通して考察する母親のニードに沿い根拠に基づく助産ケア検討に関する調査研究報告書 ( その他の出版社 )    20 - 30   2011年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • The experience of grandparents in grandchild care.

    Yumiko Endoh, Sanae Yamaguchi, Michiyo Kato

    International Hiroshima Conference on Caring and Peace  2012年  -  2012年   

  • 女性看護職者の月経前症候群(PMS)と労働効率との関連

    漆山歩,遠藤由美子,山口咲奈枝

    第15回北日本看護学会学術集会  2012年  -  2012年   

  • The demand of clinical training staff to nursing students, nursing universities and lecture-an evaluation of caring island Kyushu-Okinawa project-.

    Yumiko Endoh, Miyoko Uza, Yoko Sunagawa, Noriko Teruya, Emiko Nakajima, Hitomi Tsukahara, Matsuyo Inoue, Mayumi Taba, Yoshihide Kinjo, Kuniko Sakai, Shigeko, Shono, Kazuyo Hazumoto, Midori Matsuoka, Chika Yokoi, Kinuyo Inagaki, Natsuko Shimizu, Yasue Yamazumi,Kencho Matsuura,Fumiko Azumi

    International Hiroshima Conference on Caring and Peace  2012年  -  2012年   

  • Characteristic symptoms by age groups among Japanese hospital nurses.

    Yumiko Endoh, Kazuhiro Sakai Tetsushi Fujimoto, Naoki Yoshihara, Sachiko Tanaka

    The 43nd APACPH  2011年  -  2011年   

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 更年期女性の不定愁訴、精神的健康と睡眠障害との関連

    研究期間: 2008年  -  2008年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形ヘルスサポート協会

    直接経費: 100(円) 

  • 思春期の月経前不定愁訴が現在の更年期症状に及ぼす影響

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形県母性衛生学会

    直接経費: 70(円) 

  • 筋力トレーニングが更年期の不定愁訴に及ぼす影響

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形ヘルスサポート協会

    直接経費: 100(円) 

  • レジスタンストレーニングの継続が更年期女性の不定愁訴に与える効果

    研究期間: 2007年  -  2007年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 宇流麻学術研究助成基金

    直接経費: 115(円) 

  • 疲労軽減に対する運動・芳香療法の効果検証

    研究期間: 2006年  -  2006年 

    代表者: 遠藤由美子  資金配分機関: 山形ヘルスサポート協会

    直接経費: 100(円) 

全件表示 >>