赤嶺 有平 (アカミネ ユウヘイ)

Akamine Yuhei

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

00433095

研究分野・キーワード

複雑系工学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科知能情報コース   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  工学博士  知能情報学

  • 琉球大学 -  工学博士  知能情報学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年03月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 情報工学科 知能情報工学講座 助教  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 拡張現実感のための自己位置姿勢推定に関する研究

  • マルチモーダル広域ミクロ交通シミュレータの開発

論文 【 表示 / 非表示

  • デマンドバスと大型車両による協調型交通システムの提案

    上原 和樹, 赤嶺 有平, 當間 愛晃, 根路銘 もえ子, 遠藤 聡志

    情報処理学会論文誌 ( その他の出版社 )  56 ( 1 ) 46 - 56   2015年01月

  • 時間的交通分散を目指した旅行計画提示手法の提案

    赤嶺 有平, 遠藤 聡志, 上原 和樹, 根路銘 もえ子

    情報処理学会論文誌 ( その他の出版社 )  55 ( 1 ) 438 - 447   2014年01月

  • 通勤車利用型カーシェアリングシステムによるモーダルシフト効果のシミュレーション分析

    伊志嶺拓人,赤嶺有平,遠藤聡志

    情報処理学会論文誌 ( 情報処理学会 )  51 ( 10 ) 1986 - 1994   2010年10月

  • セルオートマトン近傍則設計のためのインタプリタ型シミュレータの開発

    遠藤 聡志,山田 孝治

    No. 65 (2003/03) ( 琉球大学工学部 )  ( 65 ) 31 - 38   2009年12月

     概要を見る

    Cellular Automata (CA) is a method for analyzing complex phenomena such as road traffic and turbulence. When we design a CA model, we need a CA simulator for verification of the model. However, at the present, we need to use a trial and error method using the simulator for design of local rules, which. determines behavior of the model. In this study, we have developed an interpreter type simulator for making the design of local rules easy. If a user uses the system, the user can instantly confirm the CA models by only descripting the local rule with dedicated language we designed. When a user change the rules, the system reflects the changes immediately. Additionally, a user can modify a rule dramatically since the system interprets a rule description language in runtime. Furthermore, a user can change variable parameters using GUI interfaces. When a user iterates to change local rules, the user sometimes make a conflictive conditional statement in the description of a local rule. This conflict is far from seeking generally. Our system detects such a conflict automatically and notifies it to users as an error. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • MMXテクノロジによるCAシュミレータの高速化

    遠藤 聡志,山田 孝治

    No. 60 (2000/09) ( 琉球大学工学部 )  ( 60 ) 119 - 125   2009年12月

     概要を見る

    Cellular Automata (CA) are inherently suited for parallel processing, and have been characterized as easy to parallelize. Therefore their simulation has prospects of speeding up using SIMD (Single Instruction stream, Multiple Data stream). Furthermore a low-cost CPU has been had SIMD such as MMX technology. MMX technology is a kind of SIMD what permits one instruction cycle to act on multiple data pieces and is SIMD what may be one of the most famous technologies. In this paper, we propose a method of high-speed CA simulation using MMX technology without dedicated purpose hardware. The results of simulations represent that our method is better with 7 times than scalar arithmetic. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 屋外環境における色情報を用いた立体物の検出手法に関する研究

    稲福也美,赤嶺有平,根路銘もえ子

    第 20 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集  2015年09月  -  2015年09月   

  • 階層型協調交通システムにおけるデマンドバス輸送の経路計画手法

    ◎新垣隆伍・赤嶺有平・上原和樹・遠藤聡志(琉球大)・根路銘もえ子(沖縄国際大)

    第14回情報科学技術フォーラム講演論文集  2015年09月  -  2015年09月   

  • デマンドバスを用いた協調型交通システムにおける経路計画手法の検討

    ○上原和樹, 赤嶺有平, 當間愛晃, 根路銘もえ子, 遠藤聡志(琉球大学)

    第73回MBL・第59回ITS合同研究発表会  2014年11月  -  2014年11月   

  • 色情報を用いた屋外における日照変化に対してロバストなカメラ位置姿勢推定手法の提案

    ◎潮平寛弥・赤嶺有平・遠藤聡志(琉球大)・根路銘もえ子(沖縄国際大)

    第13回情報科学技術フォーラム講演論文集  2014年09月  -  2014年09月   

  • 中規模都市を対象とした集約型デマンドバスの経路計画手法の提案

    ◎新垣隆伍・赤嶺有平・上原和樹・遠藤聡志(琉球大)・根路銘もえ子(沖縄国際大)

    第13回情報科学技術フォーラム講演論文集  2014年09月  -  2014年09月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示