長山 格 (ナガヤマ イタル)

Nagayama Itaru

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

80274885

研究分野・キーワード

データマイニング・データ工学,デジタル画像処理,パターン認識システム・人工知能,知能化ソフトウェア,信頼性問題・診断問題,安全システム

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科知能情報コース   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    徳島大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年09月

    徳島大学  工学研究科  システム工学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学 -  工学博士  その他

  • 徳島大学 -  工学博士  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月
    -
    1999年03月

      琉球大学 工学部 情報工学科  助手  

  • 1999年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 情報工学科 システム情報工学講座 准教授  

  • 1999年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 情報工学科 システム情報工学講座 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    電気学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    電子情報通信学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    IEEE Computer Society

  • 1997年05月
    -
    継続中
     

    情報処理学会

  • 2006年04月
    -
    2007年03月
     

    電子情報通信学会   医用画像学会全国大会 現地実行委員長

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会システム工学・安全システム

  • メディア情報学・データベース

  • 感性情報学・ソフトコンピューティング

  • 知能情報学

  • メディア情報学・データベース

全件表示 >>

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Genetic Information Processing

  • Data Mining

  • Intelligent Image Processing

  • 神経回路システムによる人工知能ソフトウェア

  • 知能化ソフトウェアによる知的移動通信システム

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • A Study on Intelligent Security Camera for Crime Scene Detection

    Miyahara Akira, Shimabukuro Koichi, Nagayama Itaru

    Stochastic Systems Theory and its Applications (SSS) ( システム制御情報学会ストカスティックシステムシンポジウム )  2014 ( 0 ) 34 - 40   2018年05月

     概要を見る

    This study aims to develop an intelligent security camera(or Public Security System) for detecting and reacting immediately to criminal acts, especially, a kidnapping case using automobile. We present a system for automated detection of criminal acts that uses the morphological information among detected objects in video sequences to classify the video scenes into kidnapping case or not. Some experimental results of scene recognition by using skeleton analysis are shown. Skeleton analysis is very efficient to represent a structure of the target body. We also consider some technical aspects of the intelligent security camera.

  • A Study on Simple Gaze Tracking Interface for Laptop PC

    Higa Misaki, Nagayama Itaru

    Stochastic Systems Theory and its Applications (SSS) ( システム制御情報学会ストカスティックシステムシンポジウム )  2014 ( 0 ) 59 - 65   2018年05月

     概要を見る

    This study aims to develop a simple gaze tracking interface on laptop PC, for usability of the handicapped. In place of using EOG and IR-CCD, we developed the tracking interface by using digital processing under natural light. In order to reduce the installation costs, we used a CCD camera integrated into a laptop. Eye gaze estimation is carried out by simple projection of the correspondence between coordinate of cornea and laptop ' s display. We show some experimental results and future works.

  • 機械知能による原動機付きバイクを用いたひったくりの自動検知に関する研究

    長山 格

    日本機械学会論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  84 ( 857 ) 16 - 00366-16-00366   2018年

     概要を見る

    <p>An intelligent snatching detection system (ISDES) for autonomous detection of criminal incident by using machine learning approach is presented in this paper. Also, ESSM (Extended Snatching Situation Model) is presented to give an effective definition of the whole snatching situation including victim's behaviors. Rule-based decision making and machine intelligence are primary components of the proposed system to act without being explicitly programmed for data dispersion. Some motion characteristics are determined from video streams, also using the ESSM and machine intelligence, the system automatically classifies the situation of the video streams into criminal or non-criminal scenes. After constructing the system, we use test sequences that are continuous video streams of human behavior consisting of several actions in succession. We consider six types of scenarios for the experiments including victime's behaviors as the snatching incidents performed with motorcycle. The experimental results show that the system can effectively detect criminal scenes with an accuracy of 95.83 %.</p>

  • 高感度映像とDeep Neural Networkを用いた夜間対応型知的防犯カメラ

    長山 格, 宮原 彬, 島袋 航一

    電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 ( 一般社団法人 電気学会 )  136 ( 10 ) 727 - 734   2016年

     概要を見る

    <p>In this paper, we propose an intelligent security camera system for the automated detection of snatching incidents on streets during the night. Although over a half of all snatching incidents occur at night, this has not been considered in previous studies. Thus, an intelligent security camera system using a deep neural network and SAM (snatching action model) is presented in this paper, for the automated detection of snatching incidents at night. Certain characteristics of motion are determined from video streams, and using a deep neural network the system automatically classifies the situations in the video streams into criminal or non-criminal scenes. We consider many types of scenarios to perform experiments regarding snatching incidents on streets at night. The experimental results show that the system can effectively detect snatching incidents with an accuracy of 96.66%.</p>

  • 自律飛行型ドローンのためのNeural Networkを用いた 3次元自由視点認識システムの構築

    新垣 順也, 石川 仁史, 長山 格

    電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 ( 一般社団法人 電気学会 )  136 ( 10 ) 719 - 726   2016年

     概要を見る

    <p>This paper describes the development of a 3-D object recognition system of a flying drone system for emergency rescue and investigation. In this system, a neural network and new features for 3-D object recognition are key techniques for object recognition from a free viewpoint. Some appearance based characteristics are determined from captured images, and the system uses a neural network to automatically classify automobiles. The proposed system shows that several kinds of automobiles can be recognized from a bird's-eye view. Experimental results showed that the system can effectively recognize four kinds of vehicle objects with high accuracy.</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 進化技術ハンドブック(III)

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    近代科学社  2012年06月

  • 進化技術ハンドブック(II)

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    近代科学社  2011年11月

  • 進化技術ハンドブック(I)

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    近代科学社  2010年01月

  • ファジィとソフトコンピューティングハンドブック

    長山格 他 ( 担当: 共著 )

    共立出版  2000年08月

  • The Handbook of Fuzzy & Soft-Computing

    NAGAYAMA Itaru ( 担当: 単著 )

    Kyoritsu Publishing Co. Ltd  2000年03月 ( 担当ページ: p.4 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • MySQLを用いたデータベース入門

    長山格

    総合情報処理センター広報 ( 琉球大学総合情報処理センター )  ( 5 ) 43 - 55   2008年06月

     

  • MySQLを用いたデータベース入門

    長山格

    総合情報処理センター広報 ( 琉球大学総合情報処理センター )  ( 5 ) 43 - 55   2008年06月

     

  • News on Research Groupes of Chaos in Japan

    Itaru NAGAYAMA

    International Journal of Chaos Theory and Application ( Publisher )  2 ( 1 ) 67 - 68   1997年05月

     

  • News on Research Groupes of Chaos in Japan

    Itaru NAGAYAMA

    International Journal of Chaos Theory and Application ( Publisher )  2 ( 1 ) 67 - 68   1997年05月

     

  • 文字輪郭を高速抽出する新しい手法 ---直接演算法による高速輪郭抽出---

    長山格

    画像ラボ ( 日本工業出版社 )  7 ( 5 ) 28 - 31   1996年05月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 連続挙動解析による知的防犯カメラの開発

    長山格,宮原彬,仲里直朗

    FIT2010 情報科学技術フォーラム2010  2010年09月  -  2010年09月   

  • A Method for Automatic Detection of Crimes for Public Security by Using

    Itaru NAGAYAMA et.al.

    IIHMSP 2009  2009年09月  -  2009年09月   

  • 高齢者の生活保安の為のパーソナル異常検知システムの開発

    長山 格,平良勇志

    FIT2008 情報科学技術フォーラム2008  2008年09月  -  2008年09月   

  • 高齢者の生活保安の為のパーソナル異常検知システムの開発

    長山 格,平良勇志

    FIT2008 情報科学技術フォーラム2008  2008年09月  -  2008年09月   

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • その他の題目

    研究期間: 2007年  -  継続中 

    資金配分機関: 高橋産業経済研究財団

    金額合計: 1,000,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2003年  -  継続中 

    資金配分機関: 立石科学技術振興財団

    金額合計: 2,000,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 2002年  -  継続中 

    資金配分機関: 電気通信普及財団

    金額合計: 1,300,000(円)

  • その他の題目

    研究期間: 1995年  -  継続中 

    資金配分機関: NEC C

    金額合計: 200,000(円)

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 防犯カメラ・社会安全システム

    情報工学

     概要を見る

    安全システム

  • 学習型事例ベース推論システムの応用

    情報工学

     概要を見る

    神経回路

  • 大規模データマイニングの応用

    情報工学

     概要を見る

    データ工学

  • 画像解析・画像理解の応用

    情報工学

     概要を見る

    画像情報処理