阿曽 尚文 (アソ ナオフミ)

Aso Naofumi

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

40313118

研究分野・キーワード

物性物理,固体物理,磁性,超伝導

ホームページ

http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/wiki/index.php?%B0%A4%C1%BE%B8%A6%B5%E6%BC%BC

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   物質地球科学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年03月

    東北大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1993年03月

    東北大学  理学研究科  物理学第二専攻  博士前期課程  修了

  •  
    -
    1997年09月

    東北大学  理学研究科  物理学第二専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 -  博士 (理学)  物性II

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年10月
    -
    1999年03月

      東北大学極低温科学センター 日本学術振興会特別研究員  

  • 1999年04月
    -
    2007年03月

      東京大学物性研究所 助手  

  • 2007年04月
    -
    2008年09月

      東京大学物性研究所 助教  

  • 2008年10月
    -
    2016年10月

      琉球大学 理学部 物質地球科学科 物理系 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1991年06月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

  • 2001年04月
    -
    2003年03月
     

    日本中性子科学会   会計幹事

  • 2001年04月
    -
    継続中
     

    日本中性子科学会

  • 2003年04月
    -
    2005年03月
     

    日本中性子科学会   行事委員

  • 2008年04月
    -
    2009年03月
     

    日本中性子科学会   波紋編集委員会・地区編集委員

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性II

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 普通自動車免許(一種)

  • クレーン運転士

  • 玉掛技能者

  • 電気工事士(第2種)

  • 自由研削用といしの取替え・試運転の業務に係る特別教育

全件表示 >>

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 中性子散乱用小型圧力セルの開発

  • 低温物性による重い電子系超伝導体の磁性と超伝導の相関の研究

  • 中性子散乱による重い電子系超伝導体の磁性と超伝導の相関の研究

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 中性子散乱による重い電子系ウラン化合物の研究

    1997年09月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Zn-site Substitution Effect in YbCo<inf>2</inf>Zn<inf>20</inf>

    Kobayashi R.

    Journal of Physics: Conference Series ( Journal of Physics: Conference Series )  807 ( 1 )   2017年04月

  • Magnetic Structure of Divalent Europium Compound EuGa₄ Studied by Single-Crystal Time-of-Flight Neutron Diffraction

    Kawasaki Takuro, Kaneko Koji, Nakamura Ai, Aso Naofumi, Hedo Masato, Nakama Takao, Ohhara Takashi, Kiyanagi Ryoji, Oikawa Kenichi, Tamura Itaru, Nakao Akiko, Munakata Koji, Hanashima Takayasu, Onuki Yoshichika

    Journal of the Physical Society of Japan ( The Physical Society of Japan )  85 ( 11 ) 114711 - 1-5   2016年10月

     概要を見る

    The magnetic structure of the intermetallic compound EuGa<sub>4</sub>was investigated using single-crystal neutron diffraction with the time-of-flight (TOF) Laue technique on the new diffractometer SENJU at the Materials and Life Science Experimental Facility (MLF) of the Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC). Despite of the high neutron absorption of Eu, a vast number of diffraction spots were observed without isotope enrichment. The magnetic reflections appeared at positions with diffraction indices of <italic>h</italic>+ <italic>k</italic>+ <italic>l</italic>≠ 2<italic>n</italic>below 16 K, indicating that the ordering vector is <inline-formula><tex-math version="MathJax"><![CDATA[\(\boldsymbol{{q}} = (0,0,0)\)]]></tex-math></inline-formula>. The continuous evolution of the magnetic reflection intensity below <italic>T</italic><sub>N</sub>follows a squared Brillouin function for <italic>S</italic>= 7/2. By adopting a wavelength-dependent absorption collection, the magnetic structure of EuGa<sub>4</sub>was revealed that a nearly full magnetic moment of 6.4 μ<sub>B</sub>of Eu lies within the basal plane of the lattice. In this study, we reveal a well-localized divalent Eu magnetism in EuGa<sub>4</sub>and demonstrate a high ability of SENJU to investigate materials with high neutron absorption.

  • 中性子回折の基礎と応用(応用27)低温中性子散乱実験用高圧発生装置

    宗像孝司,阿曽尚文,上床美也

    RADIOISOTOPES ( その他の出版社 )  59 ( 12 ) 751 - 762   2010年12月

  • Switching of Magnetic Ordering in CeRhIn5 under Hydrostatic Pressure

    Naofumi Aso, Kiwamu Ishii, Hideki Yoshizawa, Tetsuya Fujiwara, Yoshiya Uwatoko, Gen-Fu Chen, Noriaki K. Sato, and Kazumasa Miyake

    Journal of the Physical Society of Japan ( その他の出版社 )  78 ( 7 ) 073703_1-073703_4   2009年07月

     概要を見る

    Magnetic neutron diffraction measurements were carried out on the heavy-fermion antiferromagnet CeRhIn5 under hydrostatic pressure. The incommensurate (IC) magnetic ordering is known to be characterized by the propagation vector tau = (0.5,0.5, +/-delta). We have found that when the temperature is lowered at P similar to 1.48 GPa, the magnetic Bragg peak with delta = 0.326 rapidly disappears and instead a new Bragg peak with delta = 0.391 suddenly emerges at a temperature close to the superconducting transition temperature. This suggests the possibility that the antiferromagnetic order is affected by the superconductivity.

  • Molecular Spin Resonance in the Geometrically Frustrated Magnet MgCr2O4 by Inelastic Neutron Scattering

    K. Tomiyasu, H. Suzuki, M. Toki, S. Itoh, M. Matsuura, N. Aso and K. Yamada

    Physical Review Letters ( その他の出版社 )  101 ( 17 ) 177401_1-177401_4   2008年10月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 中性子回折用ピストンシリンダー型圧力セルとその応用

    阿曽尚文、藤原哲也、上床美也

    波紋 ( 日本中性子科学会 )  20 ( 2 ) 151 - 157   2010年05月  [査読有り]

     

  • 希土類化合物における電気四重極モーメントの変調秩序構造

    鬼丸孝博,榊原俊郎,阿曽尚文,鈴木博之

    BUTSURI ( 日本物理学会 )  60 ( 10 ) 795 - 799   2005年10月

     

  • 速度選別器を用いた熱中性子用高次波フィルター

    加倉井和久、奥村肇、温井克行、阿曽尚文、中島健次、西正和、鈴木浩二、渡辺聡、川村義久、B. Betzold、佐藤正俊

    Hamon ( The Japanese Society for Neutron Science )  13 ( 4 ) 223 - 225   2003年12月

     

  • NaV2O5におけるスピン‐電荷‐格子系の協力・競合現象

    藤井保彦、大和田謙二、勝木悠哉、武末尚久、吉浜知之、中島健次、阿曽尚文、西 正和、加倉井和久、磯部正彦、上田 寛、中尾裕則、村上洋一、仁宮恵美、澤博、野田幸男

    固体物理 ( 株式会社アグネ技術センター )  37 ( 9 ) 627 - 641   2002年09月

     

  • 反強磁性は超伝導を誘起できるか?-UPd2Al3における磁気励起子媒介超伝導-

    佐藤憲昭、阿曽尚文、三宅和正

    BUTSURI ( 日本物理学会 )  57 ( 3 ) 192 - 195   2002年03月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • CeRhIn5の中性子散乱

    阿曽尚文

    日本中性子科学会第7回年会  2007年11月  -  2007年11月   

  • 圧力誘起超伝導体UGe2の中性子回折 ~小型ピストンシリンダー圧力セルによる極低温中性子回折~

    阿曽尚文

    日本中性子科学会第6回年会  2006年12月  -  2006年12月   

  • CuBe製ピストンシリンダー圧力セルによる圧力誘起超伝導体UGe2の中性子散乱

    阿曽尚文、藤原哲也、上床美也、廣田和馬、坂聖光、本山岳、佐藤憲昭

    第47回高圧討論会  2006年11月  -  2006年11月   

  • UGe2の圧力下中性子回折

    阿曽尚文

    ISSPミニワークショップ「高圧下の中性子散乱」  2006年07月  -  2006年07月   

  • 極端条件下中性子散乱用小型ピストンシリンダー型圧力セルの開発と現状

    阿曽尚文、藤原哲也、上床美也、廣田和馬、坂聖光、本山岳、佐藤憲昭

    第58回中性子利用研究セミナー「中性子―放射光高圧研究の発展を探る」  2006年06月  -  2006年06月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 中程度圧力における中性子散乱の進歩に関する国際ワークショップ

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 海外渡航  事業名: 2004年国際研究集会出席旅費

    研究期間: 2004年10月  -  2004年10月 

    代表者: 阿曽尚文  資金配分機関: 財団法人井上科学振興財団

    金額合計: 200,000(円)

     概要を見る

    「中程度圧力における中性子散乱の進歩に関する国際ワークショップ」への参加と成果発表.

  • 重い電子系超伝導体UPd2Al3のメタ磁性の中性子散乱による研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 海外渡航  事業名: 山田科学振興財団・2001年度短期派遣援助

    研究期間: 2001年05月  -  2001年05月 

    代表者: 阿曽尚文  資金配分機関: 山田科学振興財団

    金額合計: 180,000(円)

     概要を見る

    ドイツ・ハーンマイトナー研究所にて高磁場下中性子散乱実験のため

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2015年度  物理学入門I  講義

  • 2015年度  物理学入門II  講義

  • 2009年度  物理実験Ⅲ  実験・実習・実技

  • 2009年度  物理学基礎実験  実験・実習・実技