天野 智水 (アマノ トモミ)

Amano Tomomi

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90346940

研究分野・キーワード

高等教育

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   グローバル教育支援機構   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 広島大学 -  修士(学術)  教育学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2006年10月

      長崎大学 講師  

  • 2006年11月
    -
    継続中

      琉球大学 大学教育センター 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本高等教育学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育社会学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大学教員の給与に関する研究

  • 公立大学の管理運営に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 国立大学の教員給与制度‐昇給および勤勉手当について‐

    天野智水

    高等教育研究 ( 日本高等教育学会 )  18   151 - 170   2015年05月

  • [研究論文]わが国における大学教員の給与制度 : 私立大学の現状

    その他の著者

    Vol.5 (2014) ( 琉球大学大学評価センター )  5   13 - 23   2014年10月

     概要を見る

    本稿は, 教員の活動状況が給与にどの程度, どのように反映されているのかという観点から, わが国における私立大学教員の給与制度を明らかにすることを目的とする. 具体的には, 専任教員の定期昇給・賞与制度と職務に応じた諸手当等を取り上げて, 質問紙調査を実施した. その結果, 手当という追加的金銭報酬により公平性を考慮しつつも, 教員の勤務成績や業績等が影響を及ぼさない給与制度をとっている私立大学が多数派であることがわかった. これは自律的な専門職である大学教員に適合した給与制度と思われる. 一方, 業績等の評価を給与に反映させている一部大学では, 「教育活動」や「管理運営」が「研究活動」と同等以上に影響をもつ傾向がうかがえた. これは研究に専心しがちな教員に対し, 教育や管理運営にも精力を傾注することを大学が期待することのあらわれと思われる. ただし, そのような大学であっても, 必ずしも給与に大きなめりはりをつけているわけではなかった. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • わが国における大学教員の給与制度‐私立大学の現状‐

    天野智水

    大学探究 ( 琉球大学大学評価センター )  5   13 - 23   2014年03月

  • 大学と青少年教育施設の教育連携と組織間連携-国立施設を事例として-

    天野智水

    比治山高等教育研究 ( その他の出版社 )  ( 2 ) 131 - 142   2009年03月

  • 大学における奉仕・体験活動の単位認定にかかわる青少年教育施設との連携について―国立施設との連携を事例として―

    その他の著者

    Vol.1 (2008) ( 琉球大学大学評価センター )  1   25 - 32   2008年08月

     概要を見る

    大学教育としての質を保証しつつ、単なる施設利用にとどまらない青少年教育施設との連携を図るとは、両者の間にどのような関係を構築することなのか.本稿はこの問題意識のもと、大学の単位認定を可能とする青少年教育施設での学習活動を明らかにするため、国立青少年交流/自然の家を対象とした質問紙調査と、事例調査を行った.その結果、施設のイニシアチブにより連携が始まり、学習目標・内容・計画の作成に施設が比較的強い影響力をもち、大半の学習活動が施設側の指導のもとで行われる、という連携が一部で行われていることが明らかになった.また、これに対し大学は、個々の学生が学習体験から得た成果を評価し、その結果によって単位認定の可否を決定するという役割を果たすことで、大学教育の質保証に努めている姿がうかがえた.しかし、この分担関係がそのままで果たして望ましいものかどうか、検討の余地があろう. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 変貌する世界の大学教授職

    有本章, 他 ( 担当: 共著 )

    玉川大学出版部  2011年

  • 大学入学試験委員会(The College Board)

    八尾坂修,他 ( 担当: 共著 )

    アメリカ教育学会  2010年

  • 教養教育組織の変遷-教養部から大学教育センターへ-

    新里里春,他 ( 担当: 共著 )

    琉球大学  2010年

  • 変貌する日本の大学教授職

    有本章, 他 ( 担当: 共著 )

    玉川大学出版部  2008年11月

  • 大学力―真の大学改革のために―(共著)

    有本章, 他 ( 担当: 共著 )

    ミネルヴァ書房  2006年10月

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示