赤嶺 光 (アカミネ ヒカル)

Akamine Hikaru

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90244293

研究分野・キーワード

芝草,校庭芝生,緑地管理,園芸福祉,フィールド科学,菌根菌,屋上緑化,雑草防除

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   亜熱帯地域農学科   准教授  

  • 併任   琉球大学   農学部   亜熱帯地域農学科   その他  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  博士(農学)  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

      琉球大学 農学部 亜熱帯地域農学科 農林共生科学(フィールドセンター) 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本芝草学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本熱帯農業学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本暖地畜産学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    農業機械学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本雑草学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境農学

 

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 雑草防除に関する研究

  • 芝生の環境に対する影響評価

  • 暖地型芝草に対するAM菌の影響

  • 緑地廃棄物の有効利用

  • 都市緑化に関する研究

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 塩ストレス下における野生稲Oryza officinalis Wall ex Watt の乾物生産および光合成能力

    西澤 優・仲村一郎・モハメド アムザド ホサイン・赤嶺 光・鄭 紹輝

    日本作物学会誌 ( その他の出版社 )  84 ( 1 ) 49 - 55   2014年

  • Effects of N, P and K on Growth Characteristics of Redflower ragleaf(Crassocephalum crepidioides)

    Akamine Hikaru,Nakamura Ichiro,Tamaki Masanobu,

    No.59 (2012/12) ( 琉球大学農学部 )  ( 59 ) 13 - 18   2013年06月

     概要を見る

    Redflower ragleaf (Crassocephalum crepidioides) is a weed as well as a functional vegetable in tropical and subtropical regions of the world. The experiment was conducted to evaluate fertilizer effects on growth characteristics of redflower ragleaf. The treatments were nitrogen (N), phosphorus (P), potassium (K), nitrogen plus phosphorus (NP), nitrogen plus potassium (NK), phosphorus plus potassium (PK), nitrogen plus phosphorus plus potassium (NPK) and control (Con,no fertilizer). Nitrogen, P and K were applied at 200 (1.0g/pot), 100 (O.5g/pot) and 100 kg/ha (0.5g/pot), respectively according to the experiment design. Redflower ragleaf grown with the application of N, NP, NK and NPK was greener, and had higher SPAD value than the plants grown with the P, K and PK. Leaf defoliation naturally started earlier in the plants grown without N application. Plant height, leaf number and branch number were highest in the plants grown with the NPK followed by NK or N. The plants grown without N application resulted in earlier flowering. Fresh and dry weight of the plants was the highest when grown with the NPK followed by NK and N. Phosphorous and K applied separately or together did not show any positive effect on growth parameters, fresh weight and dry weight of the plant, but showed positive effect when applied with the combination of N. Combined application of N, P and K resulted in the best effect on all growth parameters, fresh weight and dry weight of redflower ragleaf. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • ソルガム属数品種における乾物、栄養価と青酸化合物含量の生育に伴う推移

    今井裕理子・加藤 翔・赤嶺 光・川本康博

    日本暖地畜産学会報 ( その他の出版社 )  57 ( 1 ) 23 - 30   2013年

  • Effects of N, P and K on Growth Characteristics of Redflower ragleaf(Crassocphalum crepidioides)

    Md. Amzad Hossain, H. AKAMINE, I. NAKAMURA, and M.TAMAKI

    Sci. Bul. Faculty of Agricultuer, Univ. Ryukyus ( その他の出版社 )  59   13 - 18   2012年

  • 泡盛もろみ酢粕の黒毛和種子牛飼料としての利用

    玉城政信・中山貴智・清水法明・波平知之・仲村一郎・赤嶺光・Md. Amzad Hossin

    日本暖地畜産学会報 ( その他の出版社 )  56 ( 1 ) 29 - 33   2012年

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 原色植物ダニ検索図鑑

    江原昭三・後藤哲雄/編 ( 担当: 共著 )

    全国農村教育協会  2009年 ( ページ数: 350 ,  担当ページ: p.2 )

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 低施肥条件における暖地型芝草のアーバスキュラー菌根菌施用の影響

    赤嶺 光・西宮陽香・鬼頭 誠・川本康博

    日本芝草学会2009年度春季大会  2009年  -  2009年   

  • ビロードシバ(Zoysia tenuifolia Willd.)の乾物生産特性について

    河瀬亮輔・赤嶺 光・川本康博

    日本芝草学会2006年度春季大会  2006年  -  2006年