松本 晶子 (マツモト アキコ)

Matsumoto Akiko

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

80369206

研究分野・キーワード

生物人類学、霊長類、社会行動

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   ■廃止組織■   観光科学科   教授  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   その他  

  • 併任   琉球大学   観光科学研究科   その他  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1991年04月
    -
    1993年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻  修士課程  修了

  • 1993年04月
    -
    1998年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士  自然人類学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物行動

  • 人類学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 総説:観光による自然資源への正負の影響

    その他の著者

    Vol.8 (2016/12) ( 琉球大学大学院観光科学研究科 )  8   15 - 27   2017年02月

     概要を見る

    The purpose of this study is to review positive and negative effects of tourism on wildlife conservation from ecological viewpoints. International tourist arrivals have increased from 527 million globally in 1995 to 1133 million in 2014. In Japanese tourism markets, a share of cultural heritages is known to be large. On the other hand, both of nature-based tourism and ecotourism have been very popular leisure activities in Europe and North America, becoming a business worth millions of dollars annually. Current lack of enthusiasm by Japanese to nature-based tourism and ecotourism suggests that Japanese tourism in this area has a potential of development. If so, it is predicted that usage frequency of natural resources will grow. Therefore, the conservation of wild animals as tourist resources is necessary. Major causes of wildlife extinction are habitat destruction and poaching. ""Tourism"" is the industry that was promoted by United Nations as one of activity to reduce environmental degradation and poverty. Most people agree that tourism create funding mechanism in order to conserve wildlife directly or indirectly. Tourism, however, changes animal behaviors and may bring their extinction, and an ecological cascade may cause extinction from one species to many species. It causes an argument that tourism has an ambiguous gain or loss in conservation of wild animals and biodiversity. This gain/loss should be cleared in the future. Although conservationists depend on tourism for conservation fund, tourists might easily reverse their decision about travel destination by many causes such as danger of war, or infection, or economic deterioration. When tourists decreased, ecological conservation becomes difficult under such circumstances. We need to understand the risk of excessive reliance. (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • Estrus cycle asynchrony in wild female chimpanzees, Pan troglodytes schweinfurthii

    Matsumoto-Oda A, Hamai M, Hayaki H, Hosaka K, Hunt KD, Kasuya E, Kawanaka K, Mitani JC, Takasaki H, Takahata Y

    Behavior Ecology and Sociobiology ( その他の出版社 )  61   661 - 668   2007年

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本アフリカ学会研究奨励賞

    1998年   日本アフリカ学会  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 捕食圧がサバンナヒヒの生活史に及ぼす影響

    基盤研究(B)

    課題番号: 16H05776

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    代表者: 松本 晶子  研究分担者: 河村 正二 東京大学, 大学院新領域創成科学研究科, 教授 (40282727) 國松 豊 龍谷大学, 経営学部, 教授 (80243111)

    直接経費: 13,100,000(円)  間接経費: 3,930,000(円)  金額合計: 17,030,000(円)

  • アヌビスヒヒにみられる創傷の治癒促進

    挑戦的萌芽研究

    課題番号: 26650172

    研究期間: 2014年  -  2016年 

    代表者: 松本晶子 

    直接経費: 3,100,000(円)  間接経費: 930,000(円)  金額合計: 4,030,000(円)

  • 霊長類の発情傾向と配偶システムの進化

    基盤研究(B)

    課題番号: 23405016

    研究期間: 2011年  -  2014年 

    代表者: 松本晶子  研究分担者: 3名

    直接経費: 14,600,000(円)  間接経費: 4,380,000(円)  金額合計: 18,980,000(円)