當山 奈那 (トウヤマ ナナ)

Tohyama Nana

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

90792854

研究分野・キーワード

琉球語学

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   琉球アジア文化学科   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(学術)  学術

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 与論方言における主語標示に関わる格=とりたてについて

    當山 奈那

    琉球アジア社会文化研究   22   47 - 68   2019年11月

  • 琉球諸語における音声教材作成について―言語習得と方言教育と危機言語の記録保存の各観点から―

    當山 奈那

    琉球アジア文化論集   5   161 - 183   2019年03月

  • 首里方言の授受動詞の補助動詞用法と利益性

    當山 奈那

    南島文化   ( 40 ) 55 - 68   2018年03月

  • The affective construction in Yoron Ryukyuan

    Tohru Seraku, Nana Tohyama

    Studies in Language   42 ( 2 ) 418 - 454   2018年

  • 伊平屋島島尻方言のアスペクト・テンス・モダリティ

    當山 奈那

    国際琉球沖縄論集   ( 6 ) 37 - 52   2017年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 明解方言学辞典

    當山 奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: ウチナーヤマトゥグチ、自他の対、証拠性、方言札 )

    ■■■  2019年04月

  • シークヮーサーの知恵―奥・やんばるの「コトバ―暮らし―生きものの環」-

    當山 奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 「ウクムニー」習得のための音声教材試作版の作成 )

    京都大学学術出版会  2016年03月

  • わったーたからむんてぃみぐすくくとぅば : 伝えよう私たちの宝物豊見城言葉

    狩俣 繁久, 仲間 恵子, 當山 奈那, 喜名 柚日, 沖縄時事出版編集部 ( 担当: 単著 )

    豊見城市教育委員会生涯学習部文化課  2016年

  • 有対動詞の通言語的研究―日本語と諸言語の対照から見えてくるもの―

    佐々木冠、當山奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 他動性交替の地域差 )

    くろしお出版  2015年12月

  • 琉球のことばの書き方―琉球諸語統一的表記法―

    當山 奈那 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 2.4 首里方言(沖縄県那覇市首里) )

    くろしお出版  2015年11月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄タイムスしまくとぅば新聞連載「百年後のあなたに」

    當山 奈那

    ■■■     2017年01月

     

  • 日本全国イチオシ方言沖縄県(本島)

    當山 奈那

    日本語学   2015年 ( 12月 )   2015年12月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 恩納村の副詞の和琉辞書的記述のためのおぼえがき

    當山 奈那

    沖縄言語研究センター定例研究会  2019年12月  -  2019年12月   

  • 目指すべきしまくとぅばの継承

    當山 奈那

    しまくとぅばの日特別企画シンポジウム  2019年09月  -  2019年09月   

  • Inheriting Linguistic Diversity in Okinawa: An Orality-based Approach of Promoting shima-kutuba

    Masayuki Ōnishi and Nana Tōyama

    Japanese Studies Association of Australia  (Monash University, Australia)  2019年07月  -  2019年07月   

  • 与論方言の格=とりたてについて

    當山 奈那

    「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」研究発表会 (2019年6月16日)  2019年06月  -  2019年06月   

  • 危機言語としての琉球諸語と音声教材の作成―持続可能な研究と実践をめざして―

    當山 奈那

    共同公開シンポジウム島嶼地域における言語研究の可能性と課題  2019年03月  -  2019年03月   

全件表示 >>