高橋 そよ (タハカシ ソヨ)

Takahashi Soyo

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

60772829

研究分野・キーワード

環境民俗学、民俗文化、生業、サンゴ礁、エスノサイエンス

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   琉球アジア文化学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    琉球大学   法文学部   文化人類学   卒業

  •  
    -
    2002年

    京都大学   人間・環境学研究科   環境相関研究専攻   卒業

  •  
    -
    2005年

    京都大学   人間・環境学研究科   文化人類学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年

    京都大学  人間・環境学研究科  環境相関研究専攻  博士後期課程  修了

  •  
    -
    2005年

    京都大学  人間・環境学研究科  文化人類学  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学 -  博士(人間・環境学)  人間・環境学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年07月
    -
    2008年06月

      イースト・ウエスト・センター(東西センター、米国)  

  • 2008年07月
    -
    2011年02月

      TRAFFIC (国際NGO)  

  • 2011年04月
    -
    2012年07月

      京都大学  

  • 2012年11月
    -
    2015年03月

      琉球大学  

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

      琉球大学  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    生き物文化誌学会

  •  
     
     
     

    日本文化人類学会

  •  
     
     
     

    日本島嶼学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化人類学・民俗学

  • 地域研究

  • 環境政策・環境社会システム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 礁前面の凹地「カタマ」の漁場としての生物地形学的評価

    渡久地 健, 藤田 喜久, 中井 達郎, 長谷川 均, 高橋 そよ, Toguchi Ken, Fujita Yoshihisa, Nakai Tatsuo, Hasegawa Hitoshi, Takahashi Soyo, 琉球大学, 沖縄県立芸術大学, 国士舘大学

    沖縄地理 = Okinawa journal of geographial studies ( 沖縄地理学会 )  ( 16 ) 1 - 18   2016年06月

     概要を見る

    This paper aims to (1) construct the distribution map of depressions in the reef front, called katama as avernacular term, by literature search for the local history and folklore, and (2) examine the organic linkage among the morphology, deposits, organisms and fishing activities in katama recognized important grounds for local fishermen, by bio-geomorphological research and interviews with fishermen in Yamato Village, Amami-Oshima Island, in the summer of 2015.Our analysis of the distribution map shows that katama is found over the Central Ryukyus (Amami Islands and Okinawa Islands), but not over the Southern Ryukyus (Miyako Islands and Yaeyama Islands). We observed that katama was circular or oval in a plan view, and linked to open sea by some narrow grooves. The floor was covered with numerous flat gravels or/and boulders, 5 to 30 cm in diameter. There were small organisms (e.g., Porifera,Ectoprocta, Mollusca, Crustacea, Echinodermata and Ascidiacea) under the gravels/boulders. According to ourinterview with fishermen, fishes turn the gravels and feed these kinds of small organisms. It shows that fishermen have recognized katama as important fishing grounds with their traditional ecological knowledge. In recent studies, gravel-bed environment (the floor covered with numerous flat gravels or/and boulders) has been noted as important microhabitat of biodiversity in coral reef, especially its function as the feeding ground for fishes. By our interview and literature investigation (e.g., Nanto-Zatsuwa, an ancient document written approximately 130 years ago), it is clarified that local fishermen have recognized katama as microhabitat for small organisms, and have been used it as an important fshing ground over many generations. However, the importance of gravel-bed environment has just been attracted by scientists on reef study or marine biology. It is necessary to reconsider the holistic conservation measures of coral reef, with understanding the gravel-bed environment as microhabitat for small organisms.

著書 【 表示 / 非表示

  • 沖縄・素潜り漁師の社会誌: サンゴ礁資源利用と島嶼コミュニティの生存基盤

    高橋 そよ ( 担当: 単著 )

    コモンズ  2018年03月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示