研究者データベース | 琉球大学


詳細検索

荒川 雅志 アラカワ マサシ

  • 所属部署名: 観光産業科学部 観光科学科職名: 教授
  • 住所: 〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町千原1番地
  • 電話番号: 098-895-8474FAX番号: 098-895-8474
  • メールアドレス: h069475@tm.u-ryukyu.ac.jp
  • ホームページURL: http://www.health-tourism.tm.u-ryukyu.ac.jp/

プロフィール

兼担研究科・学部

  • 観光科学研究科

研究分野

  • 応用健康科学
  • 公衆衛生学・健康科学
  • スポーツ科学
  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)
  • キーワード:健康保養科学 , 環境生理学

現在の研究課題

  • 地域資源を活かしたヘルスツーリズム・プログラム開発・エビデンス構築
    キーワード:地域健康資源 , ニューツーリズム , ヘルスツーリズム , 自然・文化芸能資源 , 次世代ヘルスケア , 2006 -
  • 海洋環境資源による健康保養プログラムの開発
    キーワード:海洋療法 , 自然療法 , ストレス , スパ , 予防医学一般 , 2006 -
  • 産官学医地域連携の医療ツーリズム創出モデル
    キーワード:健康サービス産業 , 健康ビジネス , メディカルツーリズム , 予防医学一般 , 2006 -
  • 百歳長寿者の睡眠、ライフスタイル、体力医学的特性に関する疫学研究
    キーワード:百歳 , 体力医学 , ライフスタイル , 抗加齢 , 睡眠 , 2006 -
  • 小児・児童生徒のアレルギーと生活環境要因
    キーワード:アレルギー , 環境要因 , 生活習慣 , 予防医学一般 , 2006 -

所属学会

所属学会
  • 地域デザイン学会
  • 日本レジャーレクリエーション学会
  • 日本観光研究学会
  • 日本体力医学会
  • 日本心身医学会
  • 日本生理人類学会
  • 日本睡眠学会

学歴

出身大学院・研究科等
  • 2005 , 福岡大学大学院 , 博士 , 医学研究科 , 社会医学系疫学専修 , 修了
取得学位
  • 博士(医学) , 福岡大学

研究職歴等

研究職歴
  • 2012 - , 琉球大学大学院 観光科学研究科 教授
  • 2009 - , 琉球大学大学院 観光科学研究科 准教授
  • 2008 - , 琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 准教授
  • 2007 - 2008 , 琉球大学 法文学部 観光科学科 助教授
  • 2005 - 2007 , 琉球大学 日本流通システム保健情報学寄附講座 客員助教授

研究活動業績

研究業績(著書・発表論文等)

著書
  • Relationship between polymorphisms in IL4 and asthma in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , J Investig Allergol Clin Immunol , 23(4):242-247 2013(Oct.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • Case-control study of eczema in relation to IL4Rα genetic polymorphisms in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Scand J Immunol. , 77(5):413-418 2013(Mar.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
論文
  • Manganese intake is inversely associated with depressive symptoms during pregnancy in Japan: Baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , J Affect Disord , 15(211):124-129 2017(Mar.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M
  • 美と健康の観光立国へ、新たなツーリズムの確立
    , creabeaux , 89:2-5 2017(Jan.)
    著者名:荒川雅志
  • Perinatal smoking exposure and behavioral problems in Japanese children aged 5 years: The Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Environ Res , 151:383-388 2016(Nov.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Furukawa S, Arakawa M.
  • 沖縄健康長寿ダイエットプログラム
    , 沖縄食材図鑑 , :10-17 2016(Nov.)
    著者名:荒川雅志
  • Soy isoflavone intake and prevalence of depressive symptoms during pregnancy in Japan: baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Eur J Nutr. 2016(Oct.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M.
  • ヘルスツーリズムとは何か
    , 環境文化の創造 クリンネス , 371:2-7 2016(Oct.)
    著者名:荒川雅志
  • Pre- and postnatal smoking exposure and risk of atopic eczema in young Japanese children: a prospective pre-birth cohort study.
    , Nicotine Tob Res 2016(Oct.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Furukawa S, Arakawa M.
  • ヘルスツーツーリズムにおけるスパの位置づけ
    , 週刊ホテルレストラン , 51(40):65-67 2016(Oct.)
    著者名:荒川雅志
  • Milk intake during pregnancy is inversely associated with the risk of postpartum depressive symptoms in Japan: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Nutr Res. , 36(9):907-913 2016(Sep.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Furukawa S, Arakawa M.
  • Perinatal smoking exposure and behavioral problems in Japanese children aged 5 years: The Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , (151):383-388 2016(Aug.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Furukawa S, Arakawa M.
  • Association of prenatal exposure to maternal smoking and postnatal exposure to household smoking with dental caries in 3-year-old Japanese children.
    , Environ Res , 143:148-153 2015(Nov.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Nagata C, Furukawa S, Arakawa M
  • 日本再興戦略における日本型ヘルスツーリズムの再構成、メンタルヘルスツーリズムの展開
    , 観光研究 , 27(1):18-23 2015(Sep.)
    著者名:荒川雅志
  • Association Between TSLP Polymorphisms and Eczema in Japanese Women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Inflammation , 38(4):1663-1668 2015(Aug.)
    著者名:Miyake Y, Hitsumoto S, Tanaka K, Arakawa M
  • Higher vitamin D intake during pregnancy is associated with reduced risk of dental caries in young Japanese children.
    , Ann Epidemiol , 25(8):620-625 2015(Aug.)
    著者名:Tanaka K, Hitsumoto S, Miyake Y, Okubo H, Sasaki S, Miyatake N, Arakawa M.
  • なぜ海は体にいいのか? : 海洋療法と観光の融合をどう図る
    , 総合物流情報誌 海運KAIUN , 1054(7):77-80 2015(Jul.)
    著者名:荒川雅志
  • IL5RA polymorphisms, smoking and eczema in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Int J Immunogenet , 42(1):52-57 2015(Mar.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M
  • Intake of dairy products and calcium and prevalence of depressive symptoms during pregnancy in Japan: a cross-sectional study.
    , BJOG , 122(3):336-343 2015(Feb.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Arakawa M.
  • Dietary vitamin D intake and prevalence of depressive symptoms during pregnancy in Japan.
    , Nutrition , 31(1):160-165 2015(Jan.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Arakawa M.
  • 行動変容型旅行を組み込んだ特定保健指導プログラムの事例研究
    , 観光科学 , 6:13-25 2014(Nov.)
    著者名:山城美紀, 荒川雅志
  • 長寿と睡眠
    , 睡眠医療 , 8(3):394-397 2014(Sep.)
    著者名:荒川雅志
  • Association between 17q12-21 variants and asthma in Japanese women: rs11650680 polymorphism as potential genetic marker for asthma.
    , DNA Cell Biol , 33(8):531-536 2014(Aug.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • Maternal consumption of dairy products, calcium, and vitamin D during pregnancy and infantile allergic disorders.
    , Ann Allergy Asthma Immunol , 113(1):82-87 2014(Jul.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Arakawa M.
  • Relationship between IL1 gene polymorphisms and periodontal disease in Japanese women.
    , DNA Cell Biol. , 33(4):227-233 2014(Apr.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Hanioka T, Arakawa M.
  • Alcohol consumption during pregnancy and birth outcomes: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , BMC Pregnancy Childbirth , 14(79) 2014(Feb.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Arakawa M
  • Case-control study of rhinoconjunctivitis associated with IL5RA polymorphisms in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Cytokine. , 65(2):138-142 2014(Feb.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • IL3 rs40401 Polymorphism and Interaction with Smoking in Risk of Asthma in Japanese Women: The Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Scand J Immunol , 79(6):410-414 2014(Jan.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • Salivary Cotinine Concentrations and Prevalence of Periodontal Disease in Young Japanese Women: The Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , J Periodontol. , 84(12):1724-1729 2013(Dec.)
    著者名:Tanaka K, Matsuse R, Miyake Y, Hanioka T, Arakawa M.
  • Maternal fat intake during pregnancy and wheeze and eczema in Japanese infants: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Ann Epidemiol. , 23(11):674-680 2013(Nov.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Arakawa M.
  • Active and passive smoking and prevalence of periodontal disease in young Japanese women.
    , J Periodontal Res. , 48(5):600-605 2013(Oct.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Hanioka T, Arakawa M.
  • IL3 SNP rs40401 variant is a risk factor for rhinoconjunctivitis in Japanese women: the Kyushu Okinawa maternal and child health study.
    , Cytokine. , 64(1):86-89 2013(Oct.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • VDR gene polymorphisms, interaction with smoking and risk of periodontal disease in Japanese women: the Kyushu Okinawa maternal and child health study.
    , Scand J Immunol. , 78(4):371-377 2013(Oct.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Hanioka T, Arakawa M.
  • Fish and fat intake and prevalence of depressive symptoms during pregnancy in Japan: Baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , J Psychiatr Res. , 47(5):572–578 2013(May)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Okubo H, Sasaki S, Arakawa M.
  • Polymorphisms in the IL4 gene, smoking, and rhinoconjunctivitis in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Hum Immunol. , 73(10):1046–1049 2012(Oct.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • Employment, income, and education and prevalence of depressive symptoms during pregnancy: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , BMC Psychiatry. , 12(117) 2012(Aug.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • ADAM33 polymorphisms, smoking and asthma in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Int J Tuberc Lung Dis. , 16(7):974-979 2012(Jul.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • Characteristics of under- and over-reporters of energy intake among Japanese children and adolescents: the Ryukyus Child Health Study.
    , Nutrition , 28(5):532-538 2012(May)
    著者名:Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Arakawa M
  • 健康旅行による睡眠改善. 日本睡眠改善協議会編
    , ゆまに書房 2012(May)
    著者名:荒川雅志
  • An energy-dense diet is cross-sectionally associated with an increased risk of overweight in male children, but not in female children, male adolescents, or female adolescents in Japan: the Ryukyus Child Health Study
    , Nutr Res 2012(May)
    著者名:Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Arakawa M
  • Dietary meat and fat intake and prevalence of rhinoconjunctivitis in pregnant Japanese women: baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study
    , Nutr J , 11 2012(May)
    著者名:Y Miyake, K Tanaka, H Okubo, S Sasaki, M Arakawa
  • ADAM33 genetic polymorphisms, smoking, and rhinoconjunctivitis in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Hum Immunol , 73(4):411–415 2012(Apr.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • Smoking and prevalence of allergic disorders in Japanese pregnant women: Baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , Environmental Health , 11:11-15 2012(Mar.)
    著者名:Keiko Tanaka, Yoshihiro Miyake, Masashi Arakawa
  • Dairy food, calcium, and vitamin D intake and prevalence of allergic disorders in pregnant Japanese women.
    , The International Journal of Tuberculosis and Lung Disease , 16:255-261 2012(Feb.)
    著者名:Y. Miyake, K. Tanaka, H. Okubo, S. Sasaki, M. Arakawa
  • Self-reported rate of eating and risk of overweight in Japanese children: Ryukyus Child Health Study.(accepted)
    , Journal of Nutritonal Science and Vitaminology 2012
    著者名:Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Arakawa M
  • U-Shaped Association between Body Mass Index and the Prevalence of Wheeze and Asthma, but not Eczema or Rhinoconjunctivitis: The Ryukyus Child Health Study
    , J Asthma , 48(8):795-799 2011(Oct.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Arakawa M, Sasaki S, Ohya Y.
  • Organochlorine concentrations in breast milk and prevalence of allergic disorders in Japanese women.
    , Chemosphere , 85(3):374-378 2011(Oct.)
    著者名:Y Miyake, K Tanaka, Y Masuzaki, N Sato, Y Ikeda, Y Chisaki, M Arakawa
  • Case-control study of IL13 polymorphisms, smoking, and rhinoconjunctivitis in Japanese women: the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , BMC Med Genet , 12(143):142 2011(Oct.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M
  • IL13 genetic polymorphisms, smoking, and eczema in women: a case-control study in Japan.
    , BMC Med Genet , 12(142):142 2011(Oct.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M
  • Sibling number and prevalence of allergic disorders in pregnant Japanese women: baseline data from the Kyushu Okinawa Maternal and Child Health Study.
    , BMC Public Health , 11(561) 2011(Jul.)
    著者名:Miyake Y, Tanaka K, Arakawa M.
  • Polyunsaturated fatty acid intake and prevalence of eczema and rhinoconjunctivitis in Japanese children: The Ryukyus Child Health Study
    , BMC Public Health , 11(358) 2011(May)
    著者名:Y Miyake, K Tanaka, S Sasaki, M Arakawa
  • Dietary glycemic index and glycemic load in relation to risk of overweight in Japanese children and adolescents: the Ryukyus Child Health Study
    , International Journal of Obesity , 35(7):925-936 2011(Mar.)
    著者名:Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Arakawa M
  • Dietary folate, riboflavin, vitamin B-6, and vitamin B-12 and depressive symptoms in early adolescence: the Ryukyus Child Health Study
    , Psychosom Med , 72(8):763-768 2010(Oct.)
    著者名:Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Arakawa M
  • Fish and n-3 polyunsaturated fatty acid intake and depressive symptoms: Ryukyus Child Health Study
    , Pediatrics , 126(3):623-630 2010(Sep.)
    著者名:Murakami K, Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Arakawa M
  • Household smoking and dental caries in schoolchildren: the Ryukyus Child Health Study.
    , BMC Public Health , 14(10):335-344 2010(Jun.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Arakawa M, et al.
  • 高齢者のライススタイルと睡眠
    , アンチエイジング医学 , 6(2):38-41 2010(Apr.)
    著者名:荒川雅志
  • スパセラピーのエビデンス~ヘルスツーリズム振興に向けた学術基盤整備~
    , 観光科学 , 2:47-62 2010(Mar.)
    著者名:荒川雅志
  • 海水フローティングの心身のリラクセーション効果に関する無作為割付比較試験
    , 心身医学 , 49(10):1101-1109 2009(Oct.)
    著者名:本村 純, 荒川雅志, 他
  • 沖縄観光の展望―健康保養型観光を目指した我々の取り組み事例から―
    , 観光科学 , 1:137-149 2009(Mar.)
    著者名:平良一彦, 荒川雅志
  • 高齢者のライフスタイルと睡眠保健―沖縄の高齢者における睡眠健康とライフスタイル
    , 生理心理学と精神生理学 , 26(2):73-74 2008(Dec.)
    著者名:荒川雅志
  • Dental caries and allergic disorders in Japanese children: the Ryukyus Child Health Study.
    , J Asthma , 45(9):795-799 2008(Nov.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Arakawa M, et al.
  • Fatty acid intake and asthma symptoms in Japanese children: the Ryukyus Child Health Study.
    , Clin Exp Allergy , 38(10):1644-1650 2008(Oct.)
    著者名:Miyake Y, Sasaki S, Arakawa M, et al.
  • Tuberculin reactivity and allergic disorders in schoolchildren, Okinawa, Japan.
    , Clin Exp Allergy , 38(3):486-492 2008(Mar.)
    著者名:Miyake Y, Arakawa M, Tanaka K, et al.
  • Correlation between eating habit and the bone mineral density of the children in Yanji City.
    , Chinese Journal of Health Statistics , 25(1):44-45 2008(Feb.)
    著者名:Xu Xian-ji, Han Chun-ji, Xu Song-ji, Arakawa M, et al.
  • Prevalence of asthma and wheeze in relation to passive smoking in Japanese children.
    , Annals of Epidemiology , 17(12):1004-1010 2007(Dec.)
    著者名:Tanaka K, Miyake Y, Arakawa M, et al.
  • Effects of Floating in Seawater on Stress Reduction.
    , The 39th Conference of the Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health, Japan 2007(Dec.)
    著者名:J MOTOMURA, M ARAKAWA, T YOKOTA.
  • Randomized Controlled Crossover Trial(RCT) of Relaxative Effect in Seawater Floating on Human Physiological Responses.
    , The8th International Congress of Physiological Anthropology(ICPA) , :308 2007(Dec.)
    著者名:Arakawa M, Motomura J, Yokota T, et al.
  • Cross-sectional study of allergic disorders associated with breastfeeding in Japan:The Ryukyus Child Health Study.
    , Pediatric Allergy and Immunology , 18(5):433-440 2007(Aug.)
    著者名:Miyake Y, Arakawa M, Tanaka K, et al.
  • 沖縄における新百歳長寿者の生活及び健康
    , 琉球大学アジア太平洋島嶼研究センター報 , :65-113 2007(Mar.)
    著者名:平良一彦, 荒川雅志
  • 認知症、転倒予防のための快眠術~短い昼寝と夕方の福寿体操のススメ~
    , 東京法規出版 2005(Dec.)
    著者名:田中秀樹, 荒川雅志
  • Hypertension and Stroke in Centenarians, Okinawa, Japan.
    , Cerebrovasc Dis , 20(4):233-238 2005(Aug.)
    著者名:Arakawa M, Miyake Y, et al
  • 地域在宅高齢者の日常生活体力の実態
    , 琉球大学教育学部紀要 , 67:231-241 2005(Mar.)
    著者名:平良一彦, 荒川雅志, 他
  • ストレッチング、レジスタンス運動を中心とした高齢者向け体操プログラムの開発とその評価.
    , 保健の科学 , 46(9):769-774 2004(Dec.)
    著者名:荒川雅志, 平良一彦, 田中秀樹, 他
  • 地域における睡眠健康とその支援方法の探索的研究, 生物時計の基礎と臨床.
    , 臨床脳波 , 46:574-581 2004(Dec.)
    著者名:田中秀樹, 荒川雅志, 上里一郎, 他
  • Relationship between Sleep-Health and Psychological Distress in the Elderly.
    , Medicine and Biology , 148(7):8-11 2004(Apr.)
    著者名:Arakawa M, Tanaka H, et al.
  • 参加的な健康教育による生活習慣の認識とモチベーション形成のプロセス
    , 日本健康教育学会誌 , 12(1):19-28 2004(Apr.)
    著者名:田中景子, 大島晶子, 牛島佳代, 荒川雅志, 他
  • 高齢者における睡眠健康と情緒的適応度との関連~長寿県沖縄の長寿村・大宜味村における調査結果~
    , 琉球大学教育学部紀要 , 63:257-261 2003(Mar.)
    著者名:平良一彦, 荒川雅志, 他
  • The relationship of dietary habits, mental health and sleep-health in adolescence.
    , Jpn J school Health suppl , 44:141-142 2002(Dec.)
    著者名:Arakawa M, Tanaka H, Moriyama M, et al.
  • Comparative Study on Sleep-Health and Lifestyle of Elderly in the Urban Areas and Suburbs of Okinawa.
    , Psychiatry Clin. Neurosci , 56:245-246 2002(Dec.)
    著者名:Arakawa M, Tanaka H, Shirakawa S, et al.
  • Short naps and exercise improve sleep quality and mental health in the elderly.
    , Psychiatry Clin. Neurosci , 56(3):233-234 2002(Jun.)
    著者名:Tanaka H, Taira K, Arakawa M, et al.
  • An examination of sleep health, lifestyle and mental health in junior high school students.
    , Psychiatry Clin. Neurosci , 56(3):235-236 2002(Jun.)
    著者名:Tanaka H, Taira K, Arakawa M, et al.
  • Sleep health and lifestyle of elderly people in Ogimi, a village of longevity.
    , Psychiatry Clin. Neurosci , 56(3):243-244 2002(Jun.)
    著者名:Taira K, Tanaka H, Arakawa M, et al.
  • A survey of junior high school students’ sleep habit and lifestyle in Okinawa.
    , Psychiatry Clin. Neurosci , 55:211-212 2001(Dec.)
    著者名:Arakawa M, Taira K, Tanaka H, et al.
  • Junior High School Students’ Sleep Habit and Lifestyle.
    , Jpn J school Health suppl , 42:26-27 2001(Dec.)
    著者名:Arakawa M, Tanaka H, Shirakawa S, et al.
  • Effects of short nap and exercise on elderly people having difficulty in sleeping.
    , Psychiatry Clin.Neurosci , 55:173-174 2001(Dec.)
    著者名:Tanaka H, Taira K, Arakawa M, et al.
  • 思春期における心身の健康保全に係わる適正な睡眠確保の為の生活習慣についての検討
    , 学校メンタルヘルス , 3:57-62 2000(Nov.)
    著者名:田中秀樹, 平良一彦, 荒川雅志, 他
  • 不眠高齢者に対する短時間昼寝・軽運動による生活指導介入の試み
    , 老年精神医学雑誌 , 11(10):1139-1147 2000(Oct.)
    著者名:田中秀樹, 平良一彦, 荒川雅志, 他
  • A survey of sleep health and lifestyle of the elderly in Okinawa.
    , Psychiatry Clin. Neurosci , 54(3):311-313 2000(Jun.)
    著者名:Uezu E, Taira K, Tanaka H, Arakawa M, et al.
その他
  • 中学生の睡眠・生活習慣と夜型化の影響~沖縄県の中学生3,754名における実態調査結果~.
    , 学校保健研究 , 43(5):388-398 2001(Dec.)
    著者名:荒川雅志, 田中秀樹, 白川修一郎, 他
  • 長寿県沖縄と大都市東京の高齢者の睡眠健康と生活習慣についての地域間比較による検討
    , 老年精神医学雑誌 , 11(4):425-433 2000(Apr.)
    著者名:田中秀樹, 平良一彦, 上江洲榮子, 亀井雄一, 中島常夫, 荒川雅志, 他
  • 沖縄県の中学生における夏休み中の睡眠習慣 生涯健康の観点からの検討
    , 精神保健研究 , 46(13):65-71 2000(Mar.)
    著者名:田中秀樹, 平良一彦, 荒川雅志, 他
  • 高齢者の睡眠健康と生活習慣についての検討~長寿県沖縄の調査結果~
    , 精神保健研究 , (12):63-68 1999(Feb.)
    著者名:田中秀樹, 平良一彦, 上江洲榮子, 荒川雅志,他

共同研究等希望テーマ

  • ヘルスツーリズム , 観光 , ヘルスケア , 受託研究

研究費

共同研究
  • 2014 - 2017 , 海洋療法プログラム研究開発プロジェクト , 国内共同研究 , (株式会社かりゆしとの共同)共同者の海洋療法施設(かりゆしカンナタラソラグーナ)と連携し医科学的根拠に基づく海洋健康増進プログラムの共同研究開発にあたる。(1)海洋療法の効果に関する基礎研究、(2)海洋療法の特性を活かした変形性膝関節症リハビリプログラムの検証と開発、(3)海洋療法の特性を活かしたタラソウェルネスプログラム、健康保養型観光プランの検討について、双方の連携と役割分担に基づき研究開発を進める。
  • 2013 - 2014 , 沖縄健康長寿レシピ作成支援プログラム , 国内共同研究
  • 2012 - 2015 , アジア沖縄海洋療法研究開発センタープロジェクト , 国内共同研究 , (てんぷす宜野座振興公社との共同)沖縄は美しく清浄な海で心身の癒し効果が最大限発揮される自然療法「海洋療法」の研究開発拠点となる潜在的ポテンシャルを有する。対症療法に拠らず根本的解決が必要なアレルギー、慢性疾患など現代の健康問題に対し海洋療法は有望な解決手法のひとつであり、沖縄の地域特性を活かした健康増進および健康保養産業の発展に向け学術的基盤を強固にする観点からも当該分野のエビデンス蓄積が期待されている。同海洋療法施設と連携し、1)海洋療法の各種疾患に対するエビデンス獲得および海洋療法データベースの構築、2)海洋自然資源を活かした健康増進プログラムの開発、3)海と健康・環境をテーマとしたヘルスツーリズムの共同研究開発を進める。
  • 2012 - 2015 , アンチエイジング医療ツーリズム研究開発プロジェクト , 国内共同研究 , (ジェロントロジー総合研究所との共同)共同者が進めるアンチエイジング商品開発との連携の一環に、沖縄への転地保養をふくむ老化予防・機能改善プログラムの効果評価とそのエビデンスを利活用したメディカルツーリズムの共同研究開発にあたる。
  • 2012 - 2015 , 海洋性ウェルネスプログラム研究開発プロジェクト , 国内共同研究 , (ザ・テラスホテルズ株式会社との共同)共同者が進める沖縄海洋性ウェルネスリゾート観光商品開発との連携の一環に、海洋性ウェルネスリゾートのコンセプトに沿い科学的根拠に基づく健康メニューの共同研究開発にあたる。
  • 2012 - 2014 , 健康長寿文化医療ツーリズム研究開発プロジェクト(佐喜眞義肢株式会社・健康文化創造チームグクルLLP) , 国内共同研究 , 高齢期における膝の痛み、全国に推計2500万人と推計される変形性膝関節症患者を中心とするリハビリテーション、医療対応サービスと沖縄の健康長寿文化にもとづく滞在プログラムを融合したツーリズムの共同研究開発にあたる。主たる内容としては、(1)膝関節症対応旅行カウンセリング・コーディネートサービス開発、(2)沖縄の健康長寿文化に根差した地域交流アクティビティ開発、(3)沖縄の海洋性自然環境を活かした予防運動プログラム、リハビリテーションプログラム開発を、双方の役割分担に基づき研究開発を進める。
  • 2010 - 2013 , 広域連携環金武湾QOL振興プロジェクト(財団法人おきなわ健康長寿研究開発センターと共同研究) , 国内共同研究 , 観光科学研究科ウェルネス分野が進める健康医療・環境・観光の融合を図る基礎研究および地域連携によるフィールド実践研究と、共同研究体である財団法人おきなわ健康長寿研究開発センター(うるま市・金武町・宜野座村・他40団体出資財団)が進める"環金武湾振興QOLプロジェクト"(沖縄本島中北部東海岸の金武湾を囲む3市町村;圏域人口13万5,000人が全国に先駆けて共同で提案する新しい広域地域振興策)の推進の一環に、産学官医療および地域連携による健康長寿、ウェルネス、ライフスタイルをテーマとした広域型地域振興に関する各種モデル事業を行う。
  • 2010 - 2012 , 文化産業コンテンツ研究開発プロジェクト(株式会社パシフィックホスピタリティグループと共同研究) , 国内共同研究 , 観光科学研究科ウェルネス分野と共同研究事業者が進める健康価値付与型スパ事業、スパ産業振興との連携の一環に、沖縄の伝統文化とスパを融合したウェルネスプログラムの共同開発にあたる。沖縄空手の型、琉球舞踊の要素を取り入れたフィットネスプログラムの試作検討、個人の健康問診の結果、独自アルゴリズムにより滞在メニューを推奨するウェルネスチェックシステム(仮称)の共同開発をおこなう。
  • 2010 - 2012 , 健康文化医療ツーリズム研究開発プロジェクト(サザンツーリスト株式会社・健康文化創造チームグクルLLPと共同研究) , 国内共同研究 , 透析患者を中心とする医療サービスに沖縄の健康長寿文化に基づく滞在交流プログラムを融合した人中心型のメディカルツーリズムのモデル共同開発にあたる。主たる内容としては (1)透析旅行カウンセリング・コーディネートサービス開発、(2)沖縄の健康長寿文化に根差した地域交流アクティビティ開発、(3)沖縄の海洋性自然環境を活かした予防運動プログラム開発、について双方の連携、役割分担に基づき研究開発を進める。
  • 2008 - 2009 , 健康保養分野に係る国内外文献収集整備事業(財団法人南西地域産業活性化センターと共同研究) , 国内共同研究 , 沖縄は亜熱帯海洋性気候のもと、青い海、温暖な気候、豊かな自然、独自の歴史・文化芸能資源を有し、健康・長寿・癒しのイメージ形成も相まって健康保養関連の新商品・サービスの誕生が期待されるポテンシャルあふれる地域である。健康産業と観光の融合によるヘルスツーリズムのモデル事業がこれまで実施されてきたが、学術基盤とりわけ保養や癒しと呼ばれるサービスの科学的根拠はいまだ曖昧なものが多く、当該分野を十分にカバーする医科学文献データベースは存在していない。脆弱な学術基盤のうえに漠然としたイメージに立脚した癒しをテーマとした健康商品開発が進んでおり、安定した産業発展に向けては当該分野のエビデンス情報収集、整理は課題である。本事業では健康保養分野の先行的学術文献レビューを実施し、二次的に有効に利用が期待されるエビデンス収集とその整理を進めた。海外の医学系文献データベース(収録雑誌数約5,000誌、収録文献数約2,000万件)を中心に、疫学研究者らによる当該テーマの健康エビデンステーブル作成を県内シンクタンクとの共同研究により実施した。
受託研究
  • 2016 - 2016 , タラソテラピー活動量、消費カロリー測定の信頼性評価研究 , 企業等からの受託研究
  • 2016 - 2016 , 沖縄ノルディックウォーキングのコース開発および効果検証研究 , 企業等からの受託研究
  • 2012 - 2013 , 水中可視光通信技術と水中癒し技術の組合せによる新たなダイビングサービスの創出 , 企業等からの受託研究 , (株式会社21ざまみ、マリンコムズ琉球、国際潜水科学教育研究所)平成24年度沖縄県ライフスタイルイノベーション事業の一環に、健康・癒しをテーマとした新しいダイビングサービスを共同で開発する。これまで受託者は海水に浮かんで癒される効果や、ダイビングの前後で唾液中の精神特異的ストレス成分が減少したデータなど、沖縄の海を健康資源という視点での新たな価値創出に寄与する基礎研究を手がけてきた。本事業ではこれら研究成果やストレス測定の研究機器をシーズに、統計疫学的検証をおこない、安全安心と海水中での効果ある水中健康プログラムを試作開発する。海中で適時インストラクタがゲストを指導できるようマリンコムズ琉球が開発した水中可視光通信機器の最適化を同時に図った。
  • 2011 - 2012 , 健康長寿きたなかぐすく構築調査事業 , 企業等からの受託研究 , (北中城村商工会)沖縄県北中城村の調査事業「北中城発、ヘルスツーリズム『健康長寿・きたなかぐすくブランド』構築調査事業」実施にあたり、村民を対象とする観光に関する意識調査および村外県外事業者を対象とする北中城村の観光に関する意識調査の実施、分析とりまとめを受託する。
  • 2008 - 2009 , 沖縄新百歳者健康疫学研究~健康長寿のライフスタイルとその効果的発信~ , 企業等からの受託研究
科学研究費補助金(研究代表者)
  • 2017 - 2019 , 次世代ヘルスケアとしてのヘルスツーリズム研究 , 基盤研究(C)
  • 2014 - 2016 , ヘルスツーリズムのエビデンス基盤構築 , 基盤研究(C)
  • 2011 - 2013 , ヘルスツーリズムの有効性に関する実証研究 , 若手研究(B)
  • 2007 - 2009 , 百歳超高齢者の身体的、体力医学的特性と健康に関する研究 , 若手研究(B)
科学研究費補助金(研究分担者)
  • 2015 - 2017 , 原発事故後の親子の生活・健康変化の実態解明と社会的亀裂修復に向けた介入研究 , 基盤研究(A)
  • 2014 - 2016 , メンタルヘルスツーリズムの展開 , 基盤研究(B)
  • 2014 - 2016 , 生活習慣病予防のための宿泊を伴う効果的な保健指導プログラムの開発に関する研究 , 厚生労働科学研究費等
  • 2007 - 2010 , 触覚を活用した対話型の生活と健康の調査法;開発と応用 , 基盤研究(C)
  • 2006 - 2008 , 沖縄における百歳長寿者の認知機能、体力医学的評価および生命予後に関する研究 , 基盤研究(B)

Copyright (c) 2010 MEDIA FUSION Co.,Ltd. 企画・運用 琉球大学
無断転用及び営業を目的とした二次利用を禁じます。