仲村渠 将 (ナカンダカリ タモツ)

Nakandakari Tamotsu

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

70537555

ホームページ

http://www.agr.u-ryukyu.ac.jp/wp/risui

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   地域農業工学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    琉球大学   農学部   生産環境学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    琉球大学  農学研究科  生産環境学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2008年03月

    鹿児島大学  連合農学研究科  生物環境保全科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  博士(農学)  環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

      沖縄県農林水産部 技師  

  • 2008年11月
    -
    2012年12月

      琉球大学 農学部 助教  

  • 2013年01月
    -
    継続中

      琉球大学 農学部 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本農業気象学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    日本雨水資源化システム学会

  • 1900年04月
    -
    継続中
     

    農業農村工学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 利水工学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 赤土流出

論文 【 表示 / 非表示

  • Pedotransfer functions to estimate hydraulic properties of tropical Sri Lankan soils

    Gunarathna M.

    Soil and Tillage Research ( Soil and Tillage Research )  190   109 - 119   2019年07月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Sensitivity analysis of plant- And cultivar-specific parameters of APSIM-SUGAr model: Variation between climates and management conditions

    Gunarathna M.

    Agronomy ( Agronomy )  9 ( 5 )   2019年05月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Optimized subsurface irrigation system: The future of sugarcane irrigation

    Gunarathna M.

    Water (Switzerland) ( Water (Switzerland) )  10 ( 3 )   2018年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Optimized subsurface irrigation system (OPSIS): Beyond Traditional Subsurface Irrigation

    M. H. J. P. Gunarathna,Kazuhito Sakai,Tamotsu Nakandakari,Tsuneo Onodera,Hiroyuki Kaneshiro,Hiroshi Uehara,Kousuke Wakasugi

    Water ( MDPI )  9 ( 8 ) 599   2017年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • サトウキビ畑における土壌物理性および地下浸透量の推定に土壌サンプリング時期の違いが及ぼす影響

    岡本 健, 酒井 一人, 仲村渠 将, 後藤 慎古

    Journal of Rainwater Catchment Systems ( 日本雨水資源化システム学会 )  23 ( 1 ) 43 - 50   2017年

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>  On the small islands of Okinawa, reliance on groundwater is high. The main land use in areas of groundwater recharge is sugarcane fields. To model groundwater recharge in these fields, it is important to analyze infiltration, so the appropriate choice of soil hydraulic parameters is important. Sugarcane crops can take up to 2 years to mature, so the effects of time on soil physical parameters and groundwater recharge need to be considered. To model groundwater recharge, we collected 49 soil core samples 4 times in 2½ years in 7 fields and measured soil physical parameters. Using cluster analysis, we classified the data and groundwater recharge, which was simulated in Hydrus-1D software. Values of bulk density, saturated hydraulic conductivity, and soil hydraulic parameter <i>n</i> were related to time after planting. Cluster analysis identified 4 clusters according to groundwater recharge rate and soil physical condition, and the results were affected by the time of sampling. These results indicate that it is necessary to take sampling date into account while simulating groundwater recharge in sugarcane fields. </p>

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄型畑面集水技術等

    仲村渠将

    農業・農村技術講習会 ( 社団法人沖縄県測量建設コンサルタンツ協会 )    2013年08月

     

  • SWATモデルを用いた水環境評価における課題

    仲村渠将

    農業農村整備の新技術に関する講演会 ( 社団法人沖縄県測量建設コンサルタンツ協会 )    2010年10月

     

  • The Effects of Sedimentation Tank to Prevent Suspended Soil Runoff

    Tamotsu Nakandakari, Anshun Yoshinaga, Kazuhito Sakai, Kazutoshi Osawa

    2006 ASABE Annual International Meeting Technical Papers (CD-ROM) ( American Society of Agricultural and Biological Engieers )    Paper Number: 062057   2006年07月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • ウルトラファインバブルによる赤土粒子の凝集・沈降の鈍化現象

    内藤和樹、仲村渠将、酒井一人

    農業農村工学会平成29年度応用水理研究部会講演会  (名古屋市)  2017年12月  -  2017年12月   

  • 琉球石灰岩地帯ドリーネの流量係数の検討

    仲村渠将,酒井一人,藤田智康

    第24回日本雨水資源化システム学会研究発表会  (京都市)  2016年10月  -  2016年10月   

  • Hyetosによる日降雨の時間分解

    酒井一人,仲村渠将

    第23回日本雨水資源化システム学会研究発表会  (名古屋市)  2015年10月  -  2015年11月   

  • 宮古島サトウキビ畑におけるHYDRUS-1Dを用いた長期地下浸透解析

    岡本健,酒井一人,中村真也,仲村渠将,長裕幸

    第23回日本雨水資源化システム学会研究発表会  (名古屋市)  2015年10月  -  2015年11月   

  • 固化材を混合した土壌の透水性と侵食の関係

    稲福大騎,仲村渠将,酒井一人,田中裕之

    第23回日本雨水資源化システム学会研究発表会  (名古屋市)  2015年10月  -  2015年11月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 農業農村工学会/代議員

    その他の研究諸活動 

    2019年05月
    -
    2021年05月
     

  • 日本雨水資源化システム学会/学会誌編集委員

    学術専門雑誌等編集 

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 日本雨水資源化システム学会/評議員

    学術専門雑誌等編集 

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

  • 農業農村工学会九州沖縄支部/代表幹事

    その他の研究諸活動 

    2018年06月
    -
    2020年05月
     

  • 改定6版農業農村工学標準用語事典(仮称)

    学術専門雑誌等編集 

    2017年11月
    -
    継続中
     

     概要を見る

    水理の一部の用語を執筆

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本雨水資源化システム学会奨励賞

    2013年11月   日本雨水資源化システム学会  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    沖縄の水環境保全のための沈砂池における浮遊土砂および栄養塩流出防止に関する研究

  • 農業農村工学会優秀論文賞

    2008年08月   農業農村工学会  

    受賞者: その他の受賞者

     概要を見る

    ススキ束を用いたうね間部分マルチの土砂流出防止効果に関する研究、吉永安俊、酒井一人、仲村渠将、大澤和敏、塩野隆弘

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 赤土等流出防止対策に効果が期待できる土壌回帰剤(SG-1)を利用した土壌団粒化促進技術の開発

    研究期間: 2015年04月  -  2016年03月 

    代表者: 赤嶺光・仲村渠将  連携研究者: 北畠満・糸数剛・真栄城健一  資金配分機関: 新技術研究開発組合

    金額合計: 640,000(円)

  • 赤土等流出防止対策に効果が期待できる土壌回帰剤(SG-1)を利用した土壌団粒化促進技術の開発

    研究期間: 2014年06月  -  2015年03月 

    代表者: 赤嶺光・仲村渠将  連携研究者: 北畠満・糸数剛・真栄城健一  資金配分機関: 新技術研究開発組合

    金額合計: 648,000(円)

  • 赤土等流出防止対策に効果が期待できる土壌回帰剤(SG-1)を利用した土壌団粒化促進技術の開発

    研究期間: 2013年12月  -  2014年03月 

    代表者: 赤嶺光・仲村渠将  連携研究者: 北畠満・糸数剛・真栄城健一  資金配分機関: 新技術研究開発組合

    金額合計: 560,000(円)

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 赤土流出防止対策の新技術開発

    キーワード: フロック形成

     概要を見る

    フロック形成装置を開発する。

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • 可変勾配型の実験用開水路

     概要を見る

    長さ8m、幅40cm、深さ40cmの実験用開水路を用いて水理実験を行うことができる。最大流量は約7L/s(=400L/min)。