松浦 優 (マツウラ ユウ)

MATSUURA Yu

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

80723824

ホームページ

https://sm1042.skr.u-ryukyu.ac.jp/matsuura/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2005年03月

    大阪外国語大学   外国語学部   卒業

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    大阪市立大学   理学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    筑波大学  生命環境科学研究科  博士前期課程  修了

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    筑波大学  生命環境科学研究科  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  博士(学術)  学術

  • 筑波大学 -  修士(農学)  農学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

      日本学術振興会 特別研究員DC1(筑波大学大学院)  

  • 2013年04月
    -
    2016年02月

      日本学術振興会 特別研究員PD (北海道大学大学院)  

  • 2016年03月
    -
    継続中

      琉球大学・熱帯生物圏研究センター 助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本進化学会

  •  
     
     
     

    日本応用動物昆虫学会

  •  
     
     
     

    日本動物学会

  •  
     
     
     

    日本菌学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 共生

  • 進化

  • 昆虫

  • 発生

  • 寄生

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 進化生物学

  • 環境・農学 / 昆虫科学

  • その他 / その他

  • ライフサイエンス / 発生生物学

論文 【 表示 / 非表示

  • Ophiocordyceps salganeicola, a parasite of social cockroaches in Japan and insights into the evolution of other closely-related Blattodea-associated lineages.

    Araújo JPM, Moriguchi MG, Uchiyama S, Kinjo N, Matsuura Y

    IMA fungus ( IMA Fungus )  12 ( 1 ) 3   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <title>Abstract</title>The entomopathogenic genus <italic>Ophiocordyceps</italic> includes a highly diverse group of fungal species, predominantly parasitizing insects in the orders <italic>Coleoptera, Hemiptera, Hymenoptera</italic> and <italic>Lepidoptera</italic>. However, other insect orders are also parasitized by these fungi, for example the <italic>Blattodea</italic> (termites and cockroaches). Despite their ubiquity in nearly all environments insects occur, blattodeans are rarely found infected by filamentous fungi and thus, their ecology and evolutionary history remain obscure. In this study, we propose a new species of <italic>Ophiocordyceps</italic> infecting the social cockroaches <italic>Salganea esakii</italic> and <italic>S. taiwanensis</italic>, based on 16 years of collections and field observations in Japan, especially in the Ryukyu Archipelago. We found a high degree of genetic similarity between specimens from different islands, infecting these two <italic>Salganea</italic> species and that this relationship is ancient, likely not originating from a recent host jump. Furthermore, we found that <italic>Ophiocordyceps</italic> lineages infecting cockroaches evolved around the same time, at least twice, one from beetles and the other from termites. We have also investigated the evolutionary relationships between <italic>Ophiocordyceps</italic> and termites and present the phylogenetic placement of <italic>O.</italic> cf. <italic>blattae</italic>. Our analyses also show that <italic>O. sinensis</italic> could have originated from an ancestor infecting termite, instead of beetle larvae as previously proposed.

  • A Peptidoglycan Amidase Mutant of Burkholderia insecticola Adapts an L-form-like Shape in the Gut Symbiotic Organ of the Bean Bug Riptortus pedestris.

    Goto S, Ohbayashi T, Takeshita K, Sone T, Matsuura Y, Mergaert P, Kikuchi Y

    Microbes and environments ( 日本微生物生態学会 / 日本土壌微生物学会 / Taiwan Society of Microbial Ecology / 植物微生物研究会 / 極限環境微生物学会 )  35 ( 4 ) 1 - 10   2020年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Bacterial cell shapes may be altered by the cell cycle, nutrient availability, environmental stress, and interactions with other organisms. The bean bug <i>Riptortus pedestris</i> possesses a symbiotic bacterium, <i>Burkholderia insecticola</i>, in its midgut crypts. This symbiont is a typical rod-shaped bacterium under <i>in vitro</i> culture conditions, but changes to a spherical shape inside the gut symbiotic organ of the host insect, suggesting the induction of morphological alterations in <i>B. insecticola</i> by host factors. The present study revealed that a deletion mutant of a peptidoglycan amidase gene (<i>amiC</i>), showing a filamentous chain form <i>in vitro</i>, adapted a swollen L-form-like cell shape in midgut crypts. Spatiotemporal observations of the Δ<i>amiC</i> mutant in midgut crypts revealed the induction of swollen cells, particularly prior to the molting of insects. To elucidate the mechanisms underlying <i>in vivo</i>-specific morphological alterations, the symbiont was cultured under 13 different conditions and its cell shape was examined. Swollen cells, similar to symbiont cells in midgut crypts, were induced when the mutant was treated with fosfomycin, an inhibitor of peptidoglycan precursor biosynthesis. Collectively, these results strongly suggest that the <i>Burkholderia</i> symbiont in midgut crypts is under the control of the host insect via a cell wall-attacking agent.</p>

  • Repeated evolution of bacteriocytes in lygaeoid stinkbugs.

    Kuechler SM, Fukatsu T, Matsuura Y

    Environmental microbiology ( Environmental Microbiology )  21 ( 11 ) 4378 - 4394   2019年11月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • One Hundred Mitochondrial Genomes of Cicadas.

    Łukasik P, Chong RA, Nazario K, Matsuura Y, Bublitz AC, Campbell MA, Meyer MC, Van Leuven JT, Pessacq P, Veloso C, Simon C, McCutcheon JP

    The Journal of heredity ( Journal of Heredity )  110 ( 2 ) 247 - 256   2019年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Fiber-associated spirochetes are major agents of hemicellulose degradation in the hindgut of wood-feeding higher termites.

    Tokuda G, Mikaelyan A, Fukui C, Matsuura Y, Watanabe H, Fujishima M, Brune A

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115 ( 51 ) E11996 - E12004   2018年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • The Ecological Plasticity of Ophiocordyceps Fungi

    Araújo João, 松浦 優

    第64回日本応用動物昆虫学会大会(みなし開催) 小集会 The World of Entomoparasitic Fungi 〜 めくるめく昆虫寄生菌の世界   W302 ( 3 )   2020年03月

     

  • 沖縄産ミバエ類の腸内細菌叢の多様性解析と研究の展望

    松浦 優, 伊藤 英臣, 本間 淳

    第64回日本応用動物昆虫学会大会(みなし開催)     2020年03月

     

  • セミ寄生性の冬虫夏草から共生菌への進化

    松浦 優, Araújo João, Vanderpool Dan, McCutcheon John

    日本進化学会第21回 北海道大会     2019年08月

     

  • 冬虫夏草がセミ共生真菌に進化した遺伝的基盤と生物機能の解明−寄生菌から共生菌への進化

    松浦 優

    公益財団法人発酵研究所(IFO) 第13回助成研究報告会     2019年06月

     

  • Embryonic dynamics and symbiotic organ formation in lygaeoid bugs (Heteroptera: Lygaeoidea)

    Kuechler S.M, Tokuda G, Fukatsu T, Matsuura Y

    Gordon Research Conference - 2019 Animal-Microbe Symbioses     2019年06月

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 自然免疫と内部共生の境界線を探る -非自己の許容がもたらす細胞内共生の進化-

    基盤研究(B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    代表者: 松浦 優  研究分担者: 松浦 優, 二橋 美瑞子

    直接経費: 13,100,000(円)  間接経費: 3,930,000(円)  金額合計: 17,030,000(円)

  • ミバエ類の腸内細菌が土壌環境の改変により寄主植物に与える影響の解明

    挑戦的研究(萌芽)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2018年06月  -  2021年03月 

    代表者: 松浦 優  研究分担者: 松浦 優, 伊藤 英臣

    直接経費: 4,900,000(円)  間接経費: 1,470,000(円)  金額合計: 6,370,000(円)

  • モノクローナル抗体によるシロアリ腸内共生細菌の表層木質分解酵素分子の探索

    挑戦的萌芽研究

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 徳田 岳  研究分担者: 徳田 岳, 松浦 優, 藤島 政博, ミカエルヤン アラム, ブルネ アンドレアス

    直接経費: 2,900,000(円)  間接経費: 870,000(円)  金額合計: 3,770,000(円)

     概要を見る

    本研究ではタカサゴシロアリの後腸内に分布する木質付着細菌叢そのものを抗原として、表層タンパク質に対するモノクローナル抗体作製を試み、後腸の木質分解に関わる主要な細菌の同定に挑戦した。抗体作製の結果、15種類のモノクローナル抗体を得た。本種の後腸内細菌のメタトランンスクリプトームにおいて特に発現量の多かったキシラナーゼに対してモノクローナル抗体のスクリーニングを実施したところ、交差活性を示す抗体が見つかった。蛍光顕微鏡と共焦点レーザー顕微鏡による観察の結果、この抗体は一部のらせん型形態をした細菌を認識していた。これらの抗体は今後のシロアリ共生系研究の中で貴重な財産となり得るものである。

  • 昆虫における菌細胞共生進化解明のためのカメムシゲノム解読と形質転換系統の作製

    若手研究(B)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2014年04月  -  2017年03月 

    代表者: 松浦 優  研究分担者: 松浦 優

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

     概要を見る

    本課題では、菌細胞の形成機構と進化を解明するため遺伝学的な解析手法を確立することを目指し、ヒメナガカメムシを対象に次世代シークエンスとde novoアセンブルによりゲノム配列を取得した。近縁種ゲノムとともに解析して免疫関連遺伝子を同定し、共生細菌ゲノムと宿主遺伝子による栄養素合成系の補完関係を解明した。一方で形質転換系統の作製とゲノム編集の実験基盤となる多くの情報と技術を獲得することに成功した。

  • 菌細胞塊形成の分子発生機構解明 - 共生器官の進化発生学

    特別研究員奨励費

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2013年04月  -  2016年03月 

    代表者: 松浦 優  研究分担者: 松浦 優

    直接経費: 3,900,000(円)  間接経費: 780,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

     概要を見る

    少なからぬ昆虫種が自らの生存に必須な共生細菌を維持するための特殊な共生器官を発達させる.本研究では,昆虫ー微生物間の必須共生関係が進化する過程で,どのように共生器官が獲得されたのかを解明するため,多様な細胞内共生系を獲得したナガカメムシ類を対象とし,菌細胞塊の進化発生学的起源と共生器官の形成を制御する分子機構の同定を目指す. 本年度は,ヒメナガカメムシNysius plebeiusの菌細胞形成について詳細なRNA-seq解析を行った.具体的には,ヒメナガカメムシの菌細胞形成に必須な転写因子Ubx遺伝子のRNAi処理胚,無処理胚において,菌細胞が形成される部位の細胞群で発現が変動する遺伝子を探索した. <BR> Bowtie2,RSEMを用いてヒメナガカメムシ遺伝子の参照配列にマッピングし,edgeRで時間,処理区ごとに発現量を比較したところ,598個の遺伝子が有意に変動していることが明らかになった(FDR, p<0.001).次に,発現量が大きく変動していた遺伝子群のうち,コントロール区と比べて,Ubx-RNAi処理によって発現量が大きく減少している遺伝子群に注目した.これらの遺伝子群には,共生器官そのものの役割として重要と思われる栄養代謝関連の遺伝子,細胞形態を制御する遺伝子や免疫関連遺伝子が多く見られることがわかった.この結果は、本来昆虫の自然免疫系が体腔中に侵入してくる病原微生物を攻撃するのとは対照的に,免疫関連遺伝子が共生細菌の取り込みや維持に何らかの重要な役割を担っている可能性があることを示唆している. <BR> 最後に,共生器官を有する6種のナガカメムシの胚発生を蛍光in situ ハイブリダイゼーション法と共焦点顕微鏡によって観察し,多様な共生器官の形成過程を明らかにした結果について,ドイツの協力者とともに画像データ解析,考察したのち,論文執筆をすすめた.

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 冬虫夏草がセミ共生真菌に進化した遺伝的基盤と生物機能の解明

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 平成29年度一般研究助成

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月 

    代表者: 松浦 優  連携研究者: 松浦 優  資金配分機関: 公益財団法人発酵研究所(IFO)