畠中 雄平 (ハタケナカ ユウヘイ)

Hatakenaka Yuhei

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

60649846

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   人文社会学部   人間社会学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1980年04月
    -
    1987年

    東北大学   医学部   卒業

  • 2012年09月
    -
    2018年02月

    University of Gothenburg   Shalgrenska academy   Medical science   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2012年09月
    -
    2018年02月

    University of Gothenburg  Shalgrenska academy  Medical science  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(医学)(Doctor of Philosophy (Medicine)) 

  •  -  学士 

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年
    -
    1989年

      国立仙台病院精神科研修医  

  • 1989年04月
    -
    1989年08月

      国立仙台病院精神科レジデント  

  • 1989年08月
    -
    1990年

      国立仙台病院厚生技官医師  

  • 1991年01月
    -
    1991年04月

      高知医科大学神経精神科医員  

  • 1991年04月
    -
    1995年03月

      医療法人みずき会芸西病院精神科医師  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本臨床動作学会

  •  
     
     
     

    日本心理臨床学会

  •  
     
     
     

    日本小児精神神経学会

  •  
     
     
     

    日本児童青年精神医学会

  •  
     
     
     

    日本精神神経学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 精神神経科学

  • 小児神経精神医学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 精神保健指定医

  • 精神科専門医・指導医

  • 子どものこころ専門医

  • 日本児童青年精神医学会認定医

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Child neuropsychiatry

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of a parent-reported screening tool for avoidant/restrictive food intake disorder (ARFID): Initial validation and prevalence in 4-7-year-old Japanese children.

    Dinkler L, Yasumitsu-Lovell K, Eitoku M, Fujieda M, Suganuma N, Hatakenaka Y, Hadjikhani N, Bryant-Waugh R, Råstam M, Gillberg C

    Appetite   168   105735 - 105735   2021年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • A brief introduction to the Japanese body psychotherapy Dohsa-hou and its application for student-athletes(和訳中)

    Kaneko Emi, Kamiya Nobuhiro, Hatakenaka Yuhei

    Online Journal of Japanese Clinical Psychology   6   1 - 7   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • ESSENCE-Q obtained in routine Japanese public child health check-ups may be a valuable tool in neurodevelopmental screening.

    Hatakenaka Y, Maeda M, Ninomiya H, Hachiya K, Fernell E, Gillberg C

    Acta paediatrica (Oslo, Norway : 1992)     2019年09月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • An application of Dohsa Therapy for studentathletes as part of university counselling services

    Emi Kaneko, Nobuhiro Kamiya, Yuhei Hatakenaka

    Body, Movement and Dance in Psychotherapy An International Journal for Theory, Research and Practice ( Taylor & Francis Group )    2019年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    It has been well recognized that student-athletes (SAs) are a hard-to-reach population for university counselling services. However, after this present author started implementing Dohsa Therapy (DT), a body psychotherapy originally developed in Japan, the total number of therapy sessions increased remarkably. There has been as many as nine times the number of sessions than before DT was implemented. Once SAs started DT and noticed changes in their bodies, movements, and postures, which improved their sport performance as well as mental wellness, they became willing participants for extended periods. This paper describes how DT was implemented through university counselling services and contributed to the connectivity between the services and the SAs by overcoming the barriersto psychological assistance.

  • Development of a new screening tool for neuromotor development in children aged two - the neuromotor 5 min exam 2-year-old version (N5E2).

    Aoki S, Hashimoto K, Mezawa H, Hatakenaka Y, Yasumitsu-Lovell K, Suganuma N, Ohya Y, Wilson P, Fernell E, Kamio Y, Gillberg C

    Brain & development     2018年02月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日常診療における成人発達障害の支援 10分間で何ができるか

    畠中雄平 ( 担当: 分担執筆 )

    星和書店  2020年03月 ( ページ数: 267 ,  担当ページ: p.141-152 )

  • 日常診療における成人発達障害の支援 : 10分間で何ができるか

    中村敬, 本田秀夫, 吉川 徹, 米田衆介, 青木省三 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 成人の発達障害診療で気づいたこと・気をつけていること )

    星和書店  2020年03月 ( ページ数: ix, 267p )

  • Early detection of ESSENCE in Japanese 0-4-year-olds. Studies of neurodevelopmental problems in the community and in clinics

    Yuhei Hatakenaka ( 担当: 単著 )

    University: University of Gothenburg. Sahlgrenska Academy  2018年02月

  • 自閉症スペクトラム青年期・成人期のサクセスガイド3 当事者が語る結婚・育児・家庭生活

    畠中雄平 ( 担当: 編著 )

    クリエイツかもがわ  2009年10月 ( 担当ページ: p.196-220 )

  • あたし研究ー自閉症スペクトラム〜小道モコの場合

    小道モコ ( 担当: 単著 )

    クリエイツかもがわ  2009年10月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 催眠心理面接法

    畠中雄平

    臨床動作学研究   25   63 - 65   2020年12月

     

  • 書評「禅僧沢庵 不動智神妙録ー身体心理学で読み解く武道的人生哲学」

    畠中雄平

    心理臨床学研究     2020年10月

     

  • 自閉スペクトラム症の心理療法におけるコミック会話の有用性

    高塚 智行, 畠中 雄平

    児童青年精神医学とその近接領域 ( (一社)日本児童青年精神医学会 )  59 ( 3 ) 318 - 332   2018年06月  [査読有り]

     

  • 高知ギルバーグ発達神経精神医学センター5年間の歩み

    西本友美子, 西本友美子, 野々宮京子, 野々宮京子, 海津恵梨, 海津恵梨, 濱口雅子, 濱口雅子, 山本華奈子, 山本華奈子, 加納真理, 池みつ江, 福永一郎, 福永一郎, 北添紀子, 北添紀子, 畠中雄平, 畠中雄平

    四国公衆衛生学会雑誌 ( 四国公衆衛生学会 )  63 ( 1 ) 70 - 70   2018年01月

     

    J-GLOBAL

  • 自閉スペクトラム症の傾向がある学生に効果的な就労支援―ビジネスマナーに限定した面接セミナーを通して―

    北添紀子, 北添紀子, 北添紀子, 平野晋吾, 平野晋吾, 上田規人, 藤田尚文, 二宮仁志, 二宮仁志, 松本秀彦, 是永かな子, 是永かな子, 畠中雄平, 畠中雄平, 畠中雄平, 寺田信一

    月刊精神科   31 ( 4 ) 377‐384   2017年10月

     

    J-GLOBAL

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 発達障害のある子どもと家族の移行を支える協働型看護ケアガイドラインの開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K10842

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 1,020,000(円)  金額合計: 4,420,000(円)

  • 発達障害のある子どもと家族の移行を支える協働型看護ケアガイドラインの開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K10842

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 池添 志乃, 時長 美希, 西内 舞里, 畠中 雄平, 畦地 博子, 田之頭 恵里 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 4,420,000(円)  金額合計: 1,020,000(円)

  • 発達障害のある子どもと家族の移行を支える協働型看護ケアガイドラインの開発

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K10842

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月 

    代表者: 池添 志乃, 時長 美希, 西内 舞里, 畠中 雄平, 畦地 博子, 田之頭 恵里 

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 4,420,000(円)  金額合計: 1,020,000(円)

  • 保健師の記録を用いた神経発達障害のリスク要因の研究-機械学習の手法によるモデル化

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K11101

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

  • 保健師の記録を用いた神経発達障害のリスク要因の研究-機械学習の手法によるモデル化

    基盤研究(C)

    課題番号: 20K11101

    研究期間: 2020年04月  -  2023年03月 

    代表者: 畠中 雄平, 池添 志乃, 蜂屋 孝太郎 

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 4,290,000(円)  金額合計: 990,000(円)

全件表示 >>

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 宜野座村保育士等スキルアップ事業勉強会

    宜野座村役場健康福祉課 

    2020年12月
     
     

  • 那覇市教育委員会教育相談課研修会

    那覇市教育委員会 

    2020年07月
     
     

  • うるま市職員職場研修助成事業

    2019年12月
    -
    2020年02月

  • 那覇市教育委員会教育相談課研修会

    2019年05月
     
     

  • 那覇市教育委員会教育相談課研修会

    2018年06月
     
     

     概要を見る

    演題「改めて“発達障害”とは?-ESSENCEという考え方」

全件表示 >>