村末 勇介 (ムラスエ ユウスケ)

Murasue Yusuke

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

10782344

ホームページ

http://murasue.style.coocan.jp/

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学研究科   高度教職実践専攻   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 -  修士(教育学)  教育学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

      琉球大学 大学院教育学研究科 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2010年09月
    -
    継続中
     

    九州体育・スポーツ学会

  • 2018年04月
    -
    継続中
     

    日本思春期学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 学級経営,生活指導,保健指導,性教育

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教育学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 学級経営

  • 生活指導

  • セクシュアリティ教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 脳性まひ児の書きことばの学習による「世界づくり」に関する研究-教師の聞き書きによる代筆支援の取組みを通して-

    船越裕輝、村末勇介

    琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻紀要 ( 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻 )  6   97 - 114   2022年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    脳性まひのあるA(小3)は,身体に障がいがあるため書字や読書が難しかった。しかし,会話をすることは可能であり,話をすることが大好きであることから,教師が聞き取ったAの「話しことば」を「書きことば」に変換する代筆支援という形で日記文や作文,感想文,手紙文等を書く実践に取り組んだ。年間を通し継続して行っていく中で話しことば自体にも変化が見られ,読み手や他者を意識した文章も書けるようになる等,A自身の「世界づくり」にとっても影響をもたらした。本研究においては,代筆支援によって生まれたAの文章を元に,Aの内面的な成長を発達的視点から考察することで,書きことばの学習の意義を明らかにするとともに,代筆支援の取組みにおいて留意すべき視点と課題とを整理した。

  • 「がん教育」の展開に向けた実践的課題-小学校6年生における「いのちの授業」の実践分析を通して-

    村末勇介

    琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻紀要 ( 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻 )  5   79 - 92   2021年02月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    2020年より,教育現場でのがん教育が制度上本格的にスタートすることになった。だが,新型コロナウイルス感染症の拡大のタイミングとも重なった現在,学校ではそのことを考えるゆとりさえ奪われている。国民の2人に1人が罹患し,3人に1人の死亡原因となっているがんについて知ること,そしてそのことを通して「いのち」について考えることは,本来ならこの混乱期における重要で有効な教育実践となり得るものである。そこで,本論では,現在とり組まれているがん教育実践の特徴と課題を押さえた上で,筆者が長年とり組んできた「いのちの授業」実践を分析することで,がん教育を積極的に展開していくための課題を,①がん教育における子どもの学びの必要性,②がん教育の実践主体の問題,③がん教育における「死」の位置づけという3つの視点から整理した。

  • 「ノリ」や妬み,いじめに対抗する高等学校における授業モデルの提案 : 教職大学院授業科目「いじめ問題の対応と課題」の講義を踏まえて

    島袋 智識, 丹野 清彦,村末 勇介

    琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 ( 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻 )  4   135 - 146   2020年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    平成29年度の文部科学省の調査によると,高等学校のいじめの認知件数は,小学校のいじめの認知件数に比べて少ない。しかし,高等学校において,いじめ問題までは発展しないが,生徒間の人間関係のトラブルは度々起こっている。筆者は,これまで勤務してきた高等学校において,生徒どうしの希薄な人間関係を感じることが多々あるが,その希薄な人間関係が,生徒の人間関係のトラブルの原因となっていると考えている。いじめについて学ぶうちに,生徒どうしの希薄な人間関係の背景には,「ノリ」や妬みがあると考えた。そこで,「ノリ」や,妬みについて研究し,学校生活の中で生徒たちはどのようにして「ノリ」を生み,授業の中でどのような妬みを抱くのかを調査し,「ノリ」や妬み,いじめに対抗するには何が必要なのかを考え,高等学校における授業の在り方を考察し,授業のモデルを提案する。

  • 「家庭との連携」を意識した中学校保健の授業づくりに関する研究 : 教師チームによる授業づくりと保護者インタビューの教材化を通して

    東江 寛,村末 勇介

    琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 ( 琉球大学大学院教育学研究科高度教職実践専攻 )  4   59 - 73   2020年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    保健学習の指導法の工夫に関しては,様々に取り組まれている現状は報告されているものの,具体的な授業実践にもとづく児童・生徒の変容との関わりを踏まえての検討は進んでいない。また,学習指導要領の総則では,「体育・健康に関する指導」において「家庭や地域社会の連携」が強調されているが,こうした視点からの指導法の工夫もあまり進んでいるとは言えない状況にある。筆者らは,中学生の保健学習において教師チームによる授業づくりを行い,家庭との連携の取組の1つとして「保護者インタビュー」を取り入れた授業を展開した。この授業を通して,生徒たちは思春期の悩みを教師に素直に語り,教師たちは複数体制でその生徒のフォローを行うことができた。本研究では,その実践記録と教師チームによる実践の総括を元に,保健の授業づくりに関わる諸条件を整理し今後の課題を提起した。

  • 「特別の教科 道徳」の教科書教材と授業展開に関する一考察 : 小学校「生命の尊さ」項目の教科書教材分析を手がかりに

    その他の著者

    高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 No.3 (2019/3) ( 琉球大学大学院教育学研究科 )  3   135 - 146   2019年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    2014 年 10 月,中央教育審議会が「道徳に係る教育課程の改善等について」を答申し,小・中学校において「特別の教科 道徳」の新設が決定された。これをうけて,2015 年 3 月には学習指導要領が一部改正され,それから,わずか3年後の 2018 年,小学校において本格実施を迎えた。教科化により「道徳科」の検定教科書が登場したが,この短期間においていったいどのような教科書が作られ,それらは今後どのように活用されていくのだろうか。また,これまで蓄積された様々な形式の補助教材(地域教材や学校独自の教材)等の扱いはどうなるのだろう。こうした問題意識の下,本研究では,道徳教科化の根拠とされた「いじめ問題の解決」にとって重視される「生命の尊重」項目内容に関する教科書会社8社,145 本の教材を分析した。その結果,「道徳科」教科書が,厳しい規制の中で短期間で作成されたこともあり,内容的には各社横並びの傾向が明らかになった。さらに,「道徳科」の授業の担い手たる教師自身が,その教科書の使用義務に強く制約を受けることも予想される。このような中で,主体的な授業づくり,とりわけ文科省が推奨する「考え,議論する道徳」に対してどのようにとり組めばよいのか。課題山積の中,その 1 つの方法である教科書教材を創意・工夫の下,主体的に活用する視点について,筆者自身の具体的な実践例から紹介した。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 沖縄子ども白書2022

    上間陽子、川武啓介、北上田源、島村聡、二宮千賀子、山野良一、横江崇、村末勇介 他 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 大学生の「性教育履歴」性教育バッシング後の特徴 性的発達を支える人権・科学教育を )

    かもがわ出版  2022年08月 ( ページ数: 311 ,  担当ページ: p.8 )

  • 子どもの“いのち”に寄り添う仕事-教室で物語が生まれる-

    村末勇介 ( 担当: 単著 )

    エイデル研究所  2021年12月 ( ページ数: 207 )

     概要を見る

    日々ブラック化していく学校現場で課題にぶつかり立ち止まりながら、小学校の教員としてが子どもたちと一緒に教室で創り出してきた大小様々な“いのち"をめぐる物語。心もからだも成長する子どもたちへ“いのち"を中心に据えた教育実践でエールを送り続けた著者の集大成。

  • 鹿児島子ども研究センターブックレット 新子どもの願いを真ん中に~鹿児島からの発信~

    愛好明美,内山仁,大平政徳,川野恭司,黒川久美,村末勇介,他7名 ( 担当: 共著 )

    南方新社  2019年12月 ( ページ数: 109 ,  担当ページ: p.22 )

  • 性教育はどうして必要なんだろう

    浅井春夫,艮香織,鶴田敦子,村末勇介 他 ( 担当: 共著 )

    大月書店  2018年08月 ( ページ数: 175 ,  担当ページ: p.4 )

  • 新いつでもどこでも群読

    浅野亨三,石田俊輔,海上和子,片桐史裕,重水健介,村末勇介 他 ( 担当: 共著 )

    高文研  2017年07月 ( ページ数: 175 ,  担当ページ: p.6 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • コラム心に残った号 №61「見落とさないで!『性的いじめ』」

    村末勇介

    季刊セクシュアリティ ( エイデル研究所 )  ( 100 ) 52 - 53   2021年04月

     

  • 図書紹介「包括的性教育-人権、性の多様性、ジェンダー平等を柱に」

    村末勇介

    季刊セクシュアリティ ( エイデル研究所 )  ( 101 ) 175 - 175   2021年04月

     

  • 「学校」の意味を問う独自の学びの場を記録-「あこがれの空の下~教科書のない小学校の一年~」

    村末勇介

    週刊金曜日 ( 株式会社金曜日 )  28 ( 47 ) 54 - 54   2020年12月

     

  • 「いのち」を密に感じる学びを~沖縄で育つ子どもたちの世界を踏まえて~

    村末勇介

    作文と教育 ( 本の泉社 )  ( 888 ) 29 - 33   2020年12月

     

  • 学ぶ権利としての「いのちとからだ、性」の学習を保障するために-大学生の「性教育履歴」から見えてくるもの-

    村末勇介

    かごしまの子ども ( 鹿児島子ども研究センター )  ( 37 ) 39 - 45   2020年08月

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 荒れる子どもを理解し受容する多様性を認める学級づくり

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K02529

    研究期間: 2021年04月  -  継続中 

    代表者: 丹野清彦  研究分担者: 村末勇介、杉尾幸司

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

     概要を見る

    本研究は,「荒れる子どもを理解し受容する多様性を認める学級づくり」のための指導プログラム開発と実践を目的に行う。子どもたちの荒れや児童虐待,不登校などが顕在化している沖縄県の小学校をフィールドとして,①「研究協力校での学級経営の記録・解析」,②「分析結果を活用した指導プログラムの開発と実践」,③「ICTを活用した自由参加型の研修会の開催」,④「モデル化した実践結果の公開」を行い,激変する社会から取り残される子どもたちと,荒れる子どもたちを前に苦悩する教師を救う取り組みを行うものである。

  • 途上国支援が体育科の実行カリキュラムに及ぼす効果に関する事例的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 20246409

    研究期間: 2020年04月  -  継続中 

    代表者: 鐘ケ江 淳一  研究分担者: 海野 勇三,黒川 哲也,村末 勇介

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • セクシュアリティ教育 国際教育支援

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  生活指導・生徒指導の実践と課題  講義

  • 2020年度  学級経営の実践と課題  講義

  • 2020年度  活用力としての教科外活動  講義

  • 2020年度  積極的生活指導・生徒指導  講義

  • 2020年度  いじめ問題への対応と課題  講義

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2020年03月

    教育学部生涯教育課程 子ども地域コース 協力教員

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県立中部農林高等学校(定時制)性教育講演会

    沖縄県立中部農林高等学校(定時制)校長 

    2021年12月
     
     

     概要を見る

    思春期時代に起こるからだの発達をテーマに、生殖、妊娠、避妊、性暴力、性感染症等をテーマに、動画等を交えて話をした。

  • 中城村立中城小学校飛び込み授業(6年生・デスエデュケーション)

    中城村立中城小学校校長 

    2021年12月
     
     

     概要を見る

    「大切なものは何ですか」 (3校時6 年 1 組・4 校時6 年 2 組) 死の疑似体験を通して、「いのち」について考える授業を実施した。

  • 那覇市立天妃小学校飛び込み授業(6年生・性教育)

    那覇市立天妃小学校校長 

    2021年11月
     
     

     概要を見る

    性教育飛び込み授業

  • 糸満市居場所の連絡会研修会

    社会福祉法人 糸満市社会福祉協議会 

    2021年11月
     
     

     概要を見る

    子どもの性的課題に関する10の質問をもとに講話を行った。 1.学校での現状は?一斉授業等で何をどの様におしえているのか 2.家庭で教えるのはどこまで必要なのか 3.その年齢にあった教え方について

  • 沖縄県立島尻特別支援学校校内研修会

    沖縄県立島尻特別支援学校校長 

    2021年09月
     
     

     概要を見る

    セクシュアリティを豊かに育てていくために~子どもたちの現実を“人権”の視点で捉えて関わる~

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示