屋冝 智恵美 (ヤギ チエミ)

YAGI, Chiemi

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

70398303

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   観光地域デザインプログラム   准教授  

  • 併任   琉球大学   地域共創研究科   文化・環境プログラム   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1989年03月

    琉球大学   法文学部   文学科   卒業

  •  
    -
    1991年03月

    東オレゴン州立大学(Eastern Oregon State College)   (General Studies)   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年05月

    ウィスコンシン大学スタウト校  その他の研究科  Hospitality and Tourism  修士課程  修了

  •  
    -
    2002年04月

    ジェームスクック大学  その他の研究科  博士課程  修了

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1989年09月
    -
    1991年03月

    Eastern Oregon State College  

  • 1995年09月
    -
    1998年05月

    University of Wisconsin - Stout  

  • 1999年09月
    -
    2002年04月

    James Cook University  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • ジェームスクック大学 -  博士  観光(Tourism)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年09月
    -
    2005年03月

      琉球大学 法文学部 経営学科 准教授  

  • 2005年04月
    -
    2018年03月

      琉球大学 観光産業科学部 観光科学科 准教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

      琉球大学 国際地域創造学部 国際地域創造学科 准教授  

  • 2023年04月
    -
    継続中

      琉球大学 地域共創研究科 文化環境プログラム 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中
     

    日本観光ホスピタリティ教育学会

  • 2016年07月
    -
    2021年07月
     

    International Tourism Studies Association   Regional Vice President (2017-2019)

  • 2023年02月
    -
    継続中
     

    観光学術学会

  • 2023年07月
    -
    継続中
     

    日本観光経営学会

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 観光心理学

  • 旅行者行動論

  • 観光社会学

  • 観光マーケティング

  • ディスティネーションイメージ

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 観光学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 観光心理学/旅行者行動論

  • Travel Benefits

  • ディスティネーションイメージ

  • 旅行者と旅行者の関係

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Image of Japan in the United States: Content Analysis of Tourism Brochures

    1998年05月 

  • Tourist Encounters with Other Tourists

    2002年04月 

論文 【 表示 / 非表示

  • 習うより真似よ — 論文を真似て書くレプリケーション研究課題の導入

    屋宜智恵美

    観光ホスピタリティ教育   17   41 - 52   2024年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 旅行者心理・行動の理解を観光マーケティングにつなげる — 一連のクルーズ旅行者研究を例に

    屋宜智恵美

    観光学評論   12 ( 1 ) 95 - 106   2024年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

    関連する研究費コード: 19K12580

  • Engaging Students and Drawing New Research Insights: A Japanese Case Study

    John Pearce, Chiemi Yagi, Philip L. Pearce

    2019 APacCHRIE & EuroCHRIE Joint Conference Proceedings (22-25 May, 2019) ( APacCHRIE & EuroCHRIE )    2019年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

  • European castles through Japanese eyes and minds

    Yagi, Chiemi, and Philip L. Pearce.

    European Journal of Tourism Research   19   5 - 22   2018年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Japanese view of perceived stress across the holiday timeline

    Yagi, C, Pearce, L,P, Pearce, J. R

    15th ApacCHRIE Conference Proceedings 2017     2017年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Packing in "Encyclopedia of Tourism Management and Marketing (Buhalis, Dimitrios, ed.)"

    Yagi, Chiemi ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: Packing (pp. 429-431) )

    Edward Elgar Publishing  2022年08月 ( ページ数: 3000 ,  担当ページ: p.pp. 429-431 )

  • Tourist-to-Tourist in "Encyclopedia of Tourism Management and Marketing (Buhalis, Dimitrios, ed.)"

    Yagi, Chiemi ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: PackingToutist-to-Tourist )

    Edward Elgar Publishing  2022年08月 ( ページ数: 3000 ,  担当ページ: p.pp. 529-531 )

  • "Chapter 4. Packing and Preparing" in "Tourist Behaviour: The Essential Companion"

    Philip L. Pearce (ed) , Anja Hergesell, Larry Dwyer & Deborah Edwards, Chiemi Yagi & John R. Pearce, Mao-Ying Wu & Philip L. Pearce, Ingvild H. Blomstervik & Nina K. Prebensen, Hera Oktadiana, C. Michael Hall, Hyelin (Lina) Kim, Zihui Ma & Muzaffer Uysal, Antonia Correia & Metin Kozak, Philip L. Pearce, Erik Cohen, Junjie Wen, Jillian M. Rickly, Philip L. Pearce, Stephen Wearing, Matthew McDonald,Truc Ha Thanh Nguyen & Joshua D. Bernstein, Samira Zare, Abbas Alizadeh & Sebastian Filep, Anja Pabel, Daniel R. Fesenmaier & Philip L. Pearce ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 4. Packing and preparing )

    Edward Elgar Publishing  2019年 ( ページ数: 420 ,  担当ページ: p.60-78 )

  • "Chapter 16 Imagination, Anime and Japanese Tourists Abroad" in "The World Meets Asian Tourists (Bridging Tourism Theory and Practice)"

    Philip L. Pearce & Wu, Mao-Ying (eds.) Songshan (Sam) Huang, Tingzhen Chen, Mao-Ying Wu, Huan Lu & Philip L. Pearce, Andrea Grout, Vorawan Kanlayanasukho & Philip L. Pearce, Perunjodi Naidoo & Prabha Ramseook-Munhurrun, Mao-Ying Wu & Philip L. Pearce, Aise KyoungJin Kim, Janice Scarinci & Gene Jeffers, Miha Koderman & Anton Gosar, Nevenka CIavlek, Karen Hughes, Amy M. Osmond, Chiemi Yagi & Philip L. Pearce, Kim Ieng Loi, Jenny H. Panchal ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 16. Imagination, Anime and Japanese Tourists Abroad )

    Emerald Group Publishing Limited  2016年 ( ページ数: 410 ,  担当ページ: p.267-286 )

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 観光心理学 Day 1: 大学初回授業での学生参加型トピック紹介の試み

    屋宜智恵美

    第23回日本観光ホスピタリティ教育学会全国大会発表要旨集 ( 日本観光ホスピタリティ教育学会 )  23   39 - 39   2024年03月

     

  • 旅行者心理・行動の理解をマーケティングに繋げる:複眼的クルーズ旅行者研究を例に

    屋宜智恵美

    第12回観光学術学会全国大会発表要旨集 ( 観光学術学会 )    2023年07月

     

  • コロナ禍での日本人のクルーズ旅行に対する意向や態度 ― Leximancerを使用した分析

    屋宜智恵美

    第12回観光学術学会全国大会発表要旨集 ( 観光学術学会 )    2023年07月

     

  • 書評:Goeldner, C. R. & J.R. B. Ritchie 著 “Tourism: Principles, Practices, Philosophies (9th edition)

    屋宜智恵美

    観光ホスピタリティ教育   1   63 - 65   2006年

     

  • 持続的な観光地経営・管理のための観光施策, 組織の体系化に関する研究

    岩佐吉郎, 屋宜智恵美

    日本観光研究学会全国大会学術論文集   20   129 - 132   2005年

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 観光心理学Day1: 大学初回授業での学生参加型トピック紹介の試み

    屋宜智恵美

    日本観光ホスピタリティ教育学会  2024年03月  -  2024年03月   

  • コロナ禍での日本人のクルーズ旅行に対する意向や態度 ― Leximancerを使用した分析

    屋宜智恵美

    第12回観光学術学会全国大会発表  2023年07月  -  2023年07月   

  • 旅行者心理・行動の理解をマーケティングに繋げる:複眼的クルーズ旅行者研究を例に

    屋宜智恵美

    第12回観光学術学会全国大会発表  2023年07月  -  2023年07月   

  • Engaging students and drawing new research insights: A Japanese cas study

    Chiemi Yagi, John Pearce & Philip Pearce

    2019 APacCHRIE & EuroCHRIE Joint Conference  (Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong )  2019年05月  -  2019年05月   

  • Repeating Research as a Tourism Teaching Tool

    Chiemi Yagi

    15th APacCHRIE Conference  (Bali, Indonesia)  2017年05月  -  2017年06月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper Award, First Asia Pacific Form for Graduate Students Research in Tourism

    2002年05月   Asia Pacific Form for Graduate Students Research in Tourism   “Tourists’ Preferences for Seeing Other Tourists”  

    受賞者: Chiemi Yagi

  • Honorable Mention Award, JTRA Masters Student Research Award

    1998年06月   Journal of Tourism Research Association (JTRA)   "Image of Japan in Tourism Brochures"  

    受賞者: Chiemi Yagi

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • クルーズ船上のゲスト&ゲスト:旅行者間の関係と旅行経験における相互作用の研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 19K12580

    研究期間: 2019年04月  -  2024年03月 

    代表者: 屋宜智恵美 

  • 大学における観光専門教科の現状と展望及び教授法

    基盤研究(C)

    課題番号: 17530672

    研究期間: 2005年  -  2007年 

    代表者: 屋冝 智恵美 

    直接経費: 1,100,000(円)  金額合計: 1,100,000(円)

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 大学での「観光心理学/観光行動論」科目の現状

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: グループ研究助成

    研究期間: 2024年04月  -  2025年03月 

    資金配分機関: 観光ホスピタリティ教育学会

  • 沖縄県における不登校児童の課題分析と支援者ネットワークの構築:旅の経験を支援施策として講じる基盤作り

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 平成30年度戦略的地域連携推進経費 地域協働事業

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

    代表者: 屋宜智恵美  連携研究者: 高橋そよ 金城志麻  資金配分機関: 琉球大学総合企画戦略部 地域連携推進課

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 那覇市都市計画審議委員会

    沖縄県那覇市 

    2024年01月
    -
    継続中

  • 沖縄県公共事業評価監視委員会

    沖縄県 

    2022年06月
    -
    継続中

  • 沖縄コンベンションセンター及び万国津梁館指定管理者制度運用委員会

    沖縄県 

    2020年05月
    -
    継続中

  • 沖縄県 "めんそ〜れ〜うちな〜"観光学習教材 作成

    (財)沖縄県コンベンションビューロー 

    2012年
     
     

  • 島嶼観光政策フォーラム@海南島でのシンポジウム講壇者

    沖縄県 

    2004年
     
     

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 時事コラム(2005年7月〜2006年6月)  新聞・雑誌

    沖縄タイムス  2005年7月

    執筆者: 本人