照屋 孝夫 (テルヤ タカオ)

Teruya Takao

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

30573026

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   附属病院   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 熊本大学 -  学士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部附属病院 助教  

論文 【 表示 / 非表示

  • Thymoma appearing 9 years after the resection of squamous cell carcinoma of the lip: A case report of triple primary tumors and literature review.

    Maruyama N, Sasaki T, Arasaki A, Matsuzaki A, Nakasone T, Teruya T, Matayoshi A, Maruyama T, Karube K, Fujita J, Yoshimi N, Kuniyoshi Y, Nishihara K

    Oncology letters ( Oncology Letters )  18 ( 3 ) 2777 - 2788   2019年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 頭頸部癌の肺転移切除後の予後に関する検討

    佐々木 高信, 照屋 孝夫, 平野 惣大, 喜瀬 真雄, 花城 和彦, 青木 一雄

    日本農村医学会雑誌 ( 一般社団法人 日本農村医学会 )  68 ( 2 ) 174 - 179   2019年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    2009年4月より2016年12月までの期間に,琉球大学医学部附属病院にて頭頸部癌(口腔,咽頭,喉頭,その他)からの肺転移巣を切除した21症例27切除術を後方視的に検討した。全症例の肺転移巣切除後5年全生存率(overall survival: OS)は56.7%,生存期間中央値(median survival time: MST)は21か月と報告された文献における肺転移切除群と比較し良好な成績を得た。肺転移巣の腫瘍径≥2.0cmが有意な予後不良因子であった(<i>p</i>=0.0157)。多変量解析では独立した予後不良因子は得られなかった。以上より2.0cmより小さい径の肺転移巣に対し,積極的な切除が予後改善に貢献する可能性が示唆された。今回の結果は悪性疾患の肺転移治療に関し,意義のある知見と考え,報告する。

  • Sarcoidosis of mediastinal lymph nodes mimicking distant metastasis of oral squamous cell carcinoma: a case report and review of literature

    Tessho Maruyama, Takao Teruya etc

    Int J Clin Exp Med     2018年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 抗凝固療法中にもかかわらず,左下葉切除後の肺静脈断端から左房内に広範な血栓を形成した一例

    佐々木 高信, 稲福 斉, 照屋 孝夫, 國吉 幸男

    日本呼吸器外科学会雑誌 ( 特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 )  31 ( 7 ) 911 - 915   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>抗凝固療法中にもかかわらず,左下葉切除後に肺静脈断端から左房内に無症候性に広範な血栓を形成した症例を報告する.患者は67歳,女性.弁膜症術後にてwarfarin内服あり.子宮頸癌と肺癌の重複癌にて当院へ紹介された.進行度を考慮し,肺癌手術を先行した.胸腔鏡補助下左下葉切除(ND2a-2)を施行(pT1bN2M0),術後特に合併症を認めず退院となった.子宮頸癌治療開始前の胸腹部造影CTにて左下肺静脈断端から左房内に広範な血栓を認めた(塞栓症状は伴わず).直ちにheparinの持続静注を開始し,以降徐々に血栓の溶解をみた.左上葉切除後の上肺静脈断端の血栓形成については広く知られるところであるが,下葉切除後の広範な血栓形成は国内・国外問わず報告は少ない.非常に稀と考え,報告する.</p>

  • 壊死性降下性縦隔炎との鑑別が困難であった膵仮性囊胞頚部進展の一例

    佐々木 高信, 稲福 斉, 照屋 孝夫, 國吉 幸男

    日本呼吸器外科学会雑誌 ( 特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 )  31 ( 4 ) 464 - 469   2017年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>膵仮性囊胞が胸部から頚部まで進展し,その診断・治療に難渋した症例を報告する.56歳男性,慢性膵炎の急性増悪を契機に入院.腹腔内に膵仮性囊胞を形成し,膵囊胞ドレナージが施行された.入院経過中,嗄声の出現,頚部腫脹あり.壊死性降下性縦隔炎と診断され,当院へ紹介となった.膿瘍ドレナージを考慮するも,頚部の腫脹が軽快し嗄声が消失,CTにて後咽頭の液貯留が縮小した.食道周囲の後縦隔膿瘍とし,ドレナージのみ行う方針とした.膵炎は落ち着いていたが,膵から横隔膜を経由し縦隔へ伸びる索状物を認め,縦隔内容液に膵液瘻の関与も考慮,右開胸とした.術後胸水中のamylaseが異常高値を示し,膵液瘻からの膵性胸水と判断した.根本的な膵の加療が必要と考え,膵液の内瘻化を行い,軽快した.膵仮性囊胞縦隔進展の報告は散見されるが,頚部にまで進展したケースは海外の文献にて数例みられる程度である.稀な病態と考え,報告する.</p>

全件表示 >>