鹿内 健志 (シカナイ タケシ)

Shikanai Takeshi

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

20264476

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.agr.u-ryukyu.ac.jp/labos/shikanait

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   農学部   地域農業工学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1987年03月

    九州大学   農学部   農業工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    九州大学  農学研究科  農業工学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(農学)  農業工学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1994年01月

      ヤンマーディーゼル株式会社 研究開発本部 技術研究所 研究員  

  • 1994年01月
    -
    1998年05月

      琉球大学 農学部 生物生産学科 助手  

  • 1998年06月
    -
    2007年03月

      琉球大学 農学部 生物生産学科 生産システム工学講座 助教授  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      琉球大学 農学部 生物生産学科 准教授  

  • 2009年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Agriculture, Department of Regional Agricultural Engineering, Biosystem Engineering, Associate Professor  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    American Society of Agricultural and Biological Engineers

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会

  • 1988年04月
    -
    継続中
     

    農業機械学会

  • 1994年04月
    -
    継続中
     

    国際地盤車両系学会

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    米国農業工学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 農業情報工学,農業環境工学,農業機械・施設,ICT(情報通信技術),スマート農業,精密農業

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 環境・農学 / 農業環境工学、農業情報工学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 農作業データベースの構築

  • 農作業のコンピュータシミュレーション

  • 環境保全と生産性向上を目指す知識集約型農業生産システムの開発

  • オフロード車両の走行性

  • 沖縄型耐風性農業用ハウスの開発

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • サトウキビ省力的早期株出管理

    新里良章、佐藤恒啓、蝦名沙紀、鹿内健志

    九州農業食料工学会誌   ( 71 ) 5 - 10   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 沖縄県産オクラのAlexNetを利用した等級判別モデルの開発―画像分類AIによるオクラの等級判別の有効性の検討―

    伊佐彩華、鹿内健志、光岡宗司、平良英三

    九州農業食料工学会誌   ( 71 ) 1 - 4   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • GNSS,ドライブレコーダを活用した農作業データの収集

    鹿内健志,官森林

    農作業研究 ( 日本農作業学会 )  55 ( 3 ) 163 - 167   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 高校生が進路選択時に相談する相手 : アンケート結果に基づいた保護者向け説明会の実施

    山田恭子、盛山泰秀、鹿内健志、廣瀬等

    大学入試研究ジャーナル ( 国立大学入学者選抜研究連絡協議会 )  30   154 - 159   2020年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • GNSS,ドライブレコーダを活用した農作業データの収集

    鹿内 健志, 官 森林

    農作業研究 ( 日本農作業学会 )  55 ( 3 ) 163 - 167   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>農作業を記録する方式としてGNSS(Global Navigation Satellite System,全地球航法衛星システム)による位置情報を用いる方法があり,各圃場での作業時間を記録することは可能である.しかし,農作業の内容の詳細まで計測,データ化することは困難で,GNSSと車載情報システムやドライブレコーダなどを併用することで圃場毎の作業状況をより詳細にデータ化・分類し,分析することが可能となる.ここでは,著者らがサトウキビ収穫作業で,収穫機にGNSSやドライブレコーダを装着した事例を紹介しながら農作業データの収集について解説する.</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新スマート農業-進化する農業情報利用- (サトウキビ作におけるICTの利用)

    鹿内健志,官森林 ( 担当: 単著 )

    農業情報学会編  2019年05月 ( 担当ページ: p.pp.106-107 )

  • Hybrid Petri Nets and Metaheuristic Approach to Farm Work Scheduling

    Senlin Guan, Morikazu Nakamura and Takeshi Shikanai ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: Hybrid Petri Nets and Metaheuristic Approach to Farm Work Scheduling )

    Advances in Petri Net Theory and Applications, (Ed.), Sciyo  2010年 ( 担当ページ: p.137-152 )

  • A Methodology for Resource Assignment and Scheduling in Uncertain Environment and its Applications to Farm Work Management

    Senlin Guan, Morikazu Nakamura, Takeshi Shikanai, ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2009年02月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • GPSと車載カメラを用いた小型(36kW)サトウキビ収穫機の作業分析

    世嘉良康太・鹿内健志

    第72回農業食料工学会九州支部例会  (熊本市(東海大学熊本キャンパス))  2018年08月  -  2018年09月   

  • Work Analysis of Small Size Sugarcane Harvester Using GPS and On-Board Camera in Okinawa Island

    Kouta Yokaryo, Senlin Guan, Takeshi Shikanai

    The 9th International Symposium on Machinery and Mechatronics for Agriculture and Biosystems Engineering  ( Jeju, Korea)  2018年05月  -  2018年05月   

  • 小型サトウキビ収穫機と搬出機の連携作業モデルの構築と作業効率の最適化

    赤嶺沙紀,鹿内健志

    第71回(平成29年度)農業食料工学会九州支部例会  (佐賀市(佐賀大学))  2017年09月  -  2017年09月   

  • サトウキビ生産法人向けの作業スケジューリング

    官森林・鹿内健志・名嘉村盛和

    農作業学会2017年度春季大会  (さいたま(農研機構)  2017年03月  -  2017年03月   

  • 小型サトウキビ収穫機による収穫作業時間の予測と待ち時間の最小化

    赤嶺沙紀・大城梨実・鹿内健志

    日本オペレーションズ・リサーチ学会2017年春季研究発表会  (那覇市(沖縄県市町村自治会館))  2017年03月  -  2017年03月   

全件表示 >>

特許等知的財産 【 表示 / 非表示

  • 合成樹脂製の球状継手

    特願 2006-036632  (2006年12月28日)

    特開 2007-218280  (9999年)

    特許 1323923  (2008年02月08日)

    玉城麿、赤地徹、鹿内健志、新城孝彦、花城和雄、東江直司

  • 合成樹脂製の球状継手とその製造方法並びに製造装置

    特願 2006-343586  (2006年12月20日)

    特許 4576488  (2010年09月03日)

    玉城麿、赤地徹、鹿内健志、新城孝彦、花城和雄、東江直司

  • 連接棒

    特許 3290723  (2002年03月22日)

    黒田良一、鹿内健志、井上良浩

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • その他の研究業績

    在外研究員等 

    1998年10月
    -
    1999年10月
     

     概要を見る

    文部省在外研究員(若手)(カリフォルニア大学 デービス校,精密圃場管理農法による耕うんの最適化に関する研究)

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 農作業学会学術賞

    2021年03月22日   日本農作業学会   南西諸島地域におけるサトウキビ収穫機の作業記録と作業能率分析に関する研究開発  

    受賞者: 鹿内 健志

  • 農業情報学会 学術奨励賞

    2018年05月   農業情報学会   沖縄県のサトウキビ栽培におけるICTの実用化研究の実践  

    受賞者: 鹿内健志

     概要を見る

    収穫期が労働のピークとなる沖縄県のサトウキビ栽培は,高齢化による労働力不足が作付面積減少につながっており,機械による効率的な作業を進めるため農作業計画の最適化が必要である。候補者は農作業計画に必要となる圃場毎の農作業データを収集することを目的に,携帯電話を端末として利用した農作業データ記録システムを開発し,農業生産法人の現場での利活用について考察を進めた。また,運送業界で用いられている汎用性の高い車載情報システムを活用したサトウキビ収穫作業記録システムや安価なGPSを用いた中・小型収穫機作業分析システムの開発を行い,実際の農業生産現場での利用を通し,サトウキビの日本型小型収穫機作業体系について考察を行った。このように沖縄県のサトウキビ栽培にICT技術を活用し,機械作業の最適化を可能にする農業現場のニーズに応える実用性の高い内容と評価できる。

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 体験!アグリサイエンス

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年06月  -  2009年07月 

    代表者: 鹿内 健志  資金配分機関: 独立行政法人日本学術振興会 理事長 小野 元之

    直接経費: 450,000(円)  金額合計: 450,000(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 台風に壊れない流線型・最適環境制御グリーンハウスの研究開発(沖縄産学官共同研究推進事業)

    研究期間: 2005年  -  2005年 

    代表者: 赤地徹  連携研究者: 鹿内 健志  資金配分機関: 沖縄県産業振興公社

    金額合計: 30,000,000(円)

  • 「沖縄ゴーヤ」のブランド確立のためのニガウリ選果・熟度判定システムの開発

    研究期間: 2004年  -  2004年 

    代表者: 鹿内 健志  資金配分機関: 財団法人 園芸振興松島財団研究助成金

    金額合計: 700,000(円)

  • 台風に壊れない流線型・可変タイプグリーンハウスの市場調査と施設骨材の研究開発(産学官連携スタートアップ事業)

    研究期間: 2004年  -  2004年 

    代表者: 拓南伸線株式会社  連携研究者: 鹿内 健志  資金配分機関: 沖縄県産業振興公社

    金額合計: 2,000,000(円)

  • 作物と栽培環境の相互作用を学習するためのバーチャル圃場の開発

    研究期間: 2000年  -  2001年 

    代表者: 鹿内 健志  資金配分機関: 科学技術融合振興財団

    金額合計: 1,200,000(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県本島地域での小規模経営を対象としたサトウキビ栽培の最適化