富永 篤 (トミナガ アツシ)

Tominaga Atsushi

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

60452968

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~tominaga/index.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学部   学校教育教員養成課程   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月
    -
    2000年03月

    九州大学   農学部   畜産学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月
    -
    2002年03月

    京都大学  人間・環境学研究科  修士課程  修了

  • 2002年04月
    -
    2005年03月

    京都大学  人間・環境学研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(人間・環境学)  生物多様性・分類

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2008年10月

      琉球大学 COE研究員  

  • 2008年11月
    -
    2010年03月

      国立環境研究所 NIESポスドクフェロー  

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

      琉球大学 教育学部 講師  

  • 2012年04月
    -
    継続中

      琉球大学 教育学部 准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月
    -
    継続中
     

    沖縄両生爬虫類研究会   庶務幹事

  • 2010年05月
    -
    2018年05月
     

    沖縄生物学会   庶務幹事

  • 2013年04月
    -
    2014年04月
     

    日本爬虫両棲類学会   会計監査

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本爬虫両棲類学会   英文誌編集補助ないし編集委員

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    九州両生爬虫類研究会   運営委員

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 両生類

  • 分類

  • 系統

  • 生態

  • 生活史

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 系統・分類・生態

論文 【 表示 / 非表示

  • Normal Development of an Aquatic Spawning Tree Frog, <i>Buergeria japonica</i> (Amphibia: Rhacophoridae)

    KUROSHIMA Shota, TOMINAGA Atsushi

    Current Herpetology ( Herpetological Society of Japan )  40 ( 2 ) 169 - 181   2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>The family Rhacophoridae, including <i>Buergeria japonica</i>, shows a great diversity of reproductive patterns, but the knowledge of developmental processes is still limited. The genus <i>Buergeria</i> is a sister group to all other rhacophorids and shows a conservative, probably primitive, reproductive mode for this family. Thus, it is valuable to clarify the developmental process in this genus for understanding the evolution and diversification history of reproductive modes and developmental processes across the broader family members. In this study, we describe the normal development of <i>B. japonica</i> by rearing eggs and larvae under ambient temperatures of 27±1°C. The developmental speed of <i>B. japonica</i> from fertilization to gill elongation (stage 20), corresponding to their hatching period, was faster than most of other anuran species, when comparison was made using relative age, which is independent of temperature. The rapid embryonic development may be advantageous in their highly fluctuating breeding environment.</p>

  • Structure and movement of the hybrid zone between two divergent lineages of the Japanese newt Cynops pyrrhogaster (Amphibia: Urodela) in central Japan

    Tominaga, A., Matsui, M., and Matsui, M.

    Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research ( Journal of Zoological Systematics and Evolutionary Research )  59 ( 5 ) 1097 - 1112   2021年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Distribution and Genetic Diversity of the Amphibian Chytrid in Japan.

    Goka K, Yokoyama J, Tominaga A

    Journal of fungi (Basel, Switzerland)   7 ( 7 )   2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Differences of Extracellular Cues and Ca2+ Permeable Channels in the Signaling Pathways for Inducing Amphibian Sperm Motility

    Tae Sato, Takeshi Arimura, Kenji Murata, Maako Kawamura, Wataru Obama, Megumu Suzuki, Yuni Nakauchi, Atsushi Tominaga, Masaya Morita, Kiyoshi Hiraoka, Eriko Takayama-Watanabe, Akihiko Watanabe

    Zoological Science ( Zoological Society of Japan )  38 ( 4 ) 343 - 351   2021年05月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Diet of the American Bullfrog <i>Lithobates catesbeianus</i> Naturalized on Okinawajima, Ryukyu Archipelago, Japan

    NAKAMURA Yasuyuki, TOMINAGA Atsushi

    Current Herpetology ( Herpetological Society of Japan )  40 ( 1 ) 40 - 53   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>The diet of the nonnative American Bullfrog <i>Lithobates catesbeianus</i> occurring in Ogimi Village of Okinawajima, Ryukyu Archipelago, is investigated. Seventy two of 89 frogs (nine adults, five subadults, and 58 juveniles) captured had food items in its stomach. We identified a total of 64 taxa from 253 food items. Our analyses show that (1) the diet consists mainly of terrestrial prey, (2) mollusks and vertebrates are the essential prey groups for adults and subadults, and (3) odonates, mollusks, and arachnids are the main prey for juveniles. Such dietary habits are quite different from those of several conspecific nonnative populations in mainland Japan and other regions. Part of this is most likely related to the absence of the frog's favorite prey, nonnative American crayfish <i>Procambarus clarkii</i>, in the study area. We also confirm the predation of a poisonous newt <i>Cynops ensicauda popei</i> (Salamandridae) and several aquatic insects by this frog and present some implications for these results.</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新日本両生爬虫類図鑑

    日本爬虫両棲類学会 編(編集代表松井正文・森哲)富永篤(分担) ( 担当: 共著 )

    サンライズ出版  2021年09月 ( ページ数: 234 ,  担当ページ: p.13,-15, 28-32, 44-46, 72 )

  • 琉球に元々いたイモリたち シリケンイモリとイボイモリの分布に関する話題.In: ギョブマガジンぎょぶる特別編集特盛山椒魚本

    関慎太郎・井上大輔編集 富永篤(分担執筆) ( 担当: 単著 )

    北九州魚部  2019年12月 ( ページ数: 205 ,  担当ページ: p.176-177 )

  • 外来種問題についての私の捉え方. In: 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう.

    九州両生爬虫類研究会編 富永篤(分担) ( 担当: 単著 )

    東海大学出版部  2019年02月 ( ページ数: 251 ,  担当ページ: p.216-217 )

  • 魅力の多い沖縄の両生類.In: 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう.

    九州両生爬虫類研究会編 富永篤(分担) ( 担当: 単著 )

    東海大学出版部  2019年02月 ( ページ数: 251 ,  担当ページ: p.194-197 )

  • 沖縄の身近な動物シリケンイモリ. In: 九州・奄美・沖縄の両生爬虫類 カエルやヘビのことをもっと知ろう.

    九州両生爬虫類研究会編 富永篤(分担) ( 担当: 単著 )

    東海大学出版部  2019年02月 ( ページ数: 251 ,  担当ページ: p.198-199 )

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 日本産有尾類全種のミトコンドリア全塩基配列の 決定

    許斐有希, 佐藤行人, 松井正文, 富永 篤, 吉川夏彦, 西川完途, 戸田 守

    日本爬虫両棲類学会 第60回大会   (オンライン大会(京都))  2021年09月  -  2021年09月   

  • マイクロサテライト分析に基づく伊豆半島のアカ ハライモリ2系統の遺伝的関係

    城間大輝, 富永 篤

    日本爬虫両棲類学会 第60回大会   (オンライン大会(京都))  2021年09月  -  2021年09月   

  • 沖縄島における侵略的外来種ウシガエルの駆除実験

    中村泰之, 苅部治紀, 加賀玲子, 富永 篤

    日本爬虫両棲類学会 第60回大会   (オンライン大会(京都))  2021年09月  -  2021年09月   

  • 日本におけるカエルツボカビの分布および遺伝的 多様性の総括

    五箇公一, 横山潤, 富永 篤

    日本爬虫両棲類学会 第60回大会   (オンライン大会(京都))  2021年09月  -  2021年09月   

  • 西日本のカジカガエルの遺伝的分化と系統間の分 布境界について

    富永篤, 島田知彦, 松井正文, 松波雅俊, 田辺真吾, 見澤康充, 西川完途, 永野惇, 木村亮介

    日本爬虫両棲類学会 第60回大会   (オンライン大会(京都))  2021年09月  -  2021年09月   

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 学術雑誌の査読

    学術論文査読件数 

    2013年
     
     
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 沖縄研究奨励賞

    2019年12月   公益財団法人沖縄協会   :沖縄における両生類の系統分類および生物地理に関する研究  

    受賞者: 富永篤

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 複数の小規模・大規模交雑がもたらすイモリの網状進化とモザイク的な集団構造の検証

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K06321

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 富永篤  研究分担者: 松波 雅俊

    直接経費: 3,300,000(円)  間接経費: 990,000(円)  金額合計: 4,290,000(円)

  • 多様性と共通性の視点で生命現象を捉える理科教材の開発と実践

    基盤研究(C)

    課題番号: 19K03149

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 杉尾幸司  研究分担者: 齊藤 由紀子 琉球大学, 教育学部, 准教授 (30626106) 富永 篤 琉球大学, 教育学部, 准教授 (60452968) 福本 晃造 琉球大学, 教育学部, 准教授 (80549816)

    直接経費: 3,400,000(円)  間接経費: 1,020,000(円)  金額合計: 4,420,000(円)

  • 分散と種の二次的接触,繁殖形質置換のサイクルが引き起こす連続的な種分化の検証

    基盤研究(B)

    課題番号: 19H03286

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 戸田守  研究分担者: 和智 仲是 琉球大学, 熱帯生物圏研究センター, 協力研究員 (40635299) 富永 篤 琉球大学, 教育学部, 准教授 (60452968)

    直接経費: 13,500,000(円)  間接経費: 4,050,000(円)  金額合計: 17,550,000(円)

  • 複数アプローチで挑むイモリ集団間の交雑帯を介した遺伝子浸透の要因と影響の総合解析

    基盤研究(C)

    課題番号: 17K07540

    研究期間: 2017年04月  -  2020年03月 

    代表者: 富永 篤  研究分担者: 西川 完途 京都大学, 人間・環境学研究科, 准教授 (10335292) 中田 友明 日本獣医生命科学大学, 獣医学部, 講師 (50549566) 島田知彦 愛知教育大学

    直接経費: 3,700,000(円)  間接経費: 1,110,000(円)  金額合計: 4,810,000(円)

  • イモリの遺伝集団間の複数の分布境界での生殖隔離の実態とその成立プロセスの検討

    若手研究(B)

    課題番号: 25870572

    研究期間: 2013年  -  2016年 

    代表者: 富永篤 

    直接経費: 3,200,000(円)  間接経費: 960,000(円)  金額合計: 4,160,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 危機的状況にある奄美・琉球の里地棲希少水生昆虫類に関する実効的な保全・生息地再生技術の開発

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 受託研究  事業名: 環境研究総合推進費

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

    代表者: 荒谷邦雄  資金配分機関: 独立行政法人環境再生保全機構

    直接経費: 3,200,000(円) 

  • 沖縄島に侵入したタイワンハブ、サキシマハブの侵入回数と、在来ハブへの遺伝的影響の調査

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 沖縄美ら島財団助成

    研究期間: 2018年  -  2020年03月 

    代表者: 富永篤  資金配分機関: 沖縄美ら島財団

    直接経費: 880,200(円) 

  • イボイモリの保全に向けた基礎的生活史と分布の解明

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 沖縄美ら島財団助成

    研究期間: 2016年  -  2018年03月 

    代表者: 富永篤  資金配分機関: 沖縄美ら島財団

    直接経費: 500,000(円) 

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 陸域の生態系の保全、生物多様性の実態把握とその保全