土岐 知弘 (トキ トモヒロ)

Toki Tomohiro

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

50396925

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~toki/index.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   准教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1999年03月

    東京大学   理学部   化学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年03月

    東京大学  理学研究科  化学専攻  修士課程  修了

  •  
    -
    2004年03月

    北海道大学  理学研究科  地球惑星科学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  博士(理学)  地球宇宙化学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
     
     

      - , University of the Ryukyus, Faculty of Science, Department of Chemistry, Biology, and Marine Science, Chemistry Program, Research Associate  

  • 2007年04月
     
     

      - , 琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系 助教  

  • 2007年04月
    -
    2015年04月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系 助教  

  • 2007年04月
    -
    2015年04月

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系 助教  

  • 2015年05月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 海洋自然科学科 化学系 准教授  

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本海水学会

  •  
     
     
     

    日本地質学会

  •  
     
     
     

    日本地球化学会

  •  
     
     
     

    アメリカ地球物理学連合

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    日本地球化学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 地球化学

  • 地球化学

  • Geochemistry

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 宇宙惑星科学

  • 地球宇宙化学

論文 【 表示 / 非表示

  • Application of an automatic analyzer to onboard analysis of nitrate concentration in a reductive fluid

    Toki, T., Ishibashi, J., Onishi, Y., Yamanaka, T., Yoshida, K. and Maeda, L. (担当範囲: 研究全般)

    Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan ( 日本海水学会 )  74 ( 4 ) 241 - 248   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    硫化水素を多く含む間隙水試料に対する塩化バナジウムを用いた比色分析を行い,偏差16%未満の確度で硝酸濃度が分析可能であることを示した。沖縄トラフ伊平屋北海丘における海底熱水系の低温熱水地帯に試したところ,弱還元環境において減少している様子が明らかとなり,微弱な酸化還元環境に対する鋭敏な指標の一つになり得ることを確認した。

  • Application of an automatic analyzer to onboard analysis of nitrate concentration in a reductive fluid

    Toki, T, Ishibashi, J, Onishi, Y, Yamanaka, T, Yoshida, K, Maeda, L

    Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan ( 日本海水学会 )  74 ( 4 ) 241 - 248   2020年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    硫化水素を多く含む間隙水試料に対する塩化バナジウムを用いた比色分析を行い,偏差16%未満の確度で硝酸濃度が分析可能であることを示した。沖縄トラフ伊平屋北海丘における海底熱水系の低温熱水地帯に試したところ,弱還元環境において減少している様子が明らかとなり,微弱な酸化還元環境に対する鋭敏な指標の一つになり得ることを確認した。

  • Microbial sulfate reduction plays an important role at the initial stage of subseafloor sulfide mineralization

    Tatsuo Nozaki, Toshiro Nagase, Takayuki Ushikubo, Kenji Shimizu, Jun-ichiro Ishibashi, and the D/V Chikyu Expedition 909 Scientists (担当範囲: 試料採取及び船上化学分析)

    Geology   49   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    中部沖縄トラフ海底熱水鉱床から,極めて低い硫黄同位体比組成を示す黄鉄鉱粒子を発見した。硫黄同位体比の値から,微生物活動による海水の硫酸還元プロセスにより生成された硫黄を材料としていることが示唆された。海底熱水鉱床の初期形成プロセスの一部は,微生物活動によって誘発・促進されていると考えられる。

  • Vertical profiles of arsenic and arsenic species transformations in deep-sea sediment, Nankai Trough, offshore Japan

    Harue Masuda, Haruka Yoshinishi, Shigeshi Fuchida, Tomohiro Toki, Emilie Even (担当範囲: 試料採取,船上化学分析,データ解析,一部執筆)

    Progress in Earth and Planetary Science ( Progress in Earth and Planetary Science )  6 ( 1 ) 28 - 41   2019年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    南海トラフ熊野沖海底を2,200 mまで掘削した際に採取した間隙水中のヒ素濃度及び絞りかすに含まれるヒ素濃度を調べた。これらの分布は主に間隙水のpHによってコントロールされている可能性が示唆された。また,堆積物からは有機ヒ素化合物が検出され,間隙水中のヒ素の供給源であると考えられる。

  • Deep-biosphere methane production stimulated by geofluids in the Nankai accretionary complex.

    Ijiri A, Inagaki F, Kubo Y, Adhikari RR, Hattori S, Hoshino T, Imachi H, Kawagucci S, Morono Y, Ohtomo Y, Ono S, Sakai S, Takai K, Toki T, Wang DT, Yoshinaga MY, Arnold GL, Ashi J, Case DH, Feseker T, Hinrichs KU, Ikegawa Y, Ikehara M, Kallmeyer J, Kumagai H, Lever MA, Morita S, Nakamura KI, Nakamura Y, Nishizawa M, Orphan VJ, Røy H, Schmidt F, Tani A, Tanikawa W, Terada T, Tomaru H, Tsuji T, Tsunogai U, Yamaguchi YT, Yoshida N (担当範囲: 間隙水の採取及び化学組成分析)

    Science advances ( Science Advances )  4 ( 6 ) eaao4631   2018年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    熊野泥火山の間隙水中のメタンのクランプトアイソトープを測定したところ,メタンの90%程度が海底下16~30℃程度の環境において,微生物によって生成したことを示していた。同位体マーカーによる微生物の活性試験によると,水素を用いたメタン生成菌と酢酸解裂型のメタン生成菌の両方とも高い活性を示した。これらのことから,地下深部を起源とする流体が表層の微生物活動を刺激して,泥火山表層の分布するメタンの生成に,これまで考えられてきたよりも大きく関与していることが示唆された。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 海底熱水鉱床調査技術プロトコル : 戦略的イノベーション創造プログラム : SIP『次世代海洋資源調査技術』 (海のジパング計画)

    石橋 純一郎, 正木 裕香, 岡村 慶, 野口 拓郎, 土岐 知弘, 新城 竜一 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 地質調査で採取された堆積物試料中の間隙水の地球化学的解析 )

    国立研究開発法人海洋研究開発機構次世代海洋資源調査技術研究開発プロジェクトチーム  2018年11月 ( ページ数: 59 ,  担当ページ: p.52 )

     概要を見る

    海底熱水鉱床近傍の掘削試料中の間隙水中に溶けているホウ素のホウ素同位体比を測定することによって,熱水の流れに関する情報を得ることができた。このことから,海底熱水鉱床の形成メカニズムを明らかにする上で,間隙水中のホウ素同位体比を調べることが一つの強力な地球化学的なツールになることが示された。

  • 海底熱水鉱床調査技術プロトコル : 戦略的イノベーション創造プログラム : SIP『次世代海洋資源調査技術』 (海のジパング計画)

    石橋 純一郎, 正木 裕香, 岡村 慶, 野口 拓郎, 土岐 知弘, 新城 竜一 ( 担当: 共著 , 担当範囲: 地質調査で採取された堆積物試料中の間隙水の地球化学的解析 )

    国立研究開発法人海洋研究開発機構次世代海洋資源調査技術研究開発プロジェクトチーム  2018年11月 ( ページ数: 59 ,  担当ページ: p.52 )

     概要を見る

    海底熱水鉱床近傍の掘削試料中の間隙水中に溶けているホウ素のホウ素同位体比を測定することによって,熱水の流れに関する情報を得ることができた。このことから,海底熱水鉱床の形成メカニズムを明らかにする上で,間隙水中のホウ素同位体比を調べることが一つの強力な地球化学的なツールになることが示された。

  • 琉球列島の自然講座 サンゴ礁・島の生き物たち・自然環境

    土岐 知弘 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 海底熱水研究なう@沖縄トラフ )

    ボーダーインク  2015年03月 ( ページ数: 207 ,  担当ページ: p.160-161 )

     概要を見る

    沖縄トラフにおける海底熱水研究の最新トピックをわかりやすく紹介した。

  • 琉球列島の自然講座 サンゴ礁・島の生き物たち・自然環境

    土岐 知弘 ( 担当: 単著 , 担当範囲: 海底熱水研究なう@沖縄トラフ )

    ボーダーインク  2015年03月 ( ページ数: 207 ,  担当ページ: p.160-161 )

     概要を見る

    沖縄トラフにおける海底熱水研究の最新トピックをわかりやすく紹介した。

  • Nature in the Ryukyu Archipelago

    Tomohiro Toki ( 担当: 単著 , 担当範囲: When do you research hydrothermal systems? Now! )

    Change and Coral Reef/Island Dynamics Faculty of Science, University of the Ryukyus  2015年 ( ページ数: 154 ,  担当ページ: p.120-121 )

     概要を見る

    沖縄トラフの海底熱水研究の最新トピックをわかりやすく英語で紹介。

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 泥火山研究における地球化学の役割と課題

    土岐 知弘

    琉球大学理学部紀要 ( 琉球大学理学部 )  ( 108 ) 1 - 26   2020年03月

     

  • 泥火山研究における地球化学の役割と課題

    土岐 知弘

    琉球大学理学部紀要 ( 琉球大学理学部 )  ( 108 ) 1 - 26   2020年03月

     

  • 沖縄トラフ海底熱水系研究30年史

    土岐 知弘

    月刊海洋号外(海洋システムの謎に挑む化学 : 蒲生俊敬教授退職記念号 : 総特集) ( 海洋出版 )  61   174 - 179   2018年05月

     

  • 沖縄トラフ海底熱水系研究30年史

    土岐 知弘

    月刊海洋号外(海洋システムの謎に挑む化学 : 蒲生俊敬教授退職記念号 : 総特集) ( 海洋出版 )  61   174 - 179   2018年05月

     

  • 多良間海丘熱水活動域での鉄利用微生物の解明

    牧田寛子, 毛利諒子, 坂本貴大, 鈴木優美, 鹿島裕之, 宮崎淳一, CHEN Chong, 松井洋平, 吉梅剛, 山中寿朗, 倉場可織, 横田瑛里, 岡村慶, 野口拓郎, 中村謙太郎, 土岐知弘, 崎山智彦, 橋本泰志, 高村岳樹, 高井研

    ブルーアース要旨集   2018   88   2018年

     

    J-GLOBAL

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 日向灘沖における九州パラオ海嶺沈み込みの影響評価 KS-21-18 航海序報告

    木下 正高, 橋本 善孝, 瀬戸口 亮眞, 濱田 洋平, 金松 敏也, 土岐 知弘, 満留 由来, 鹿児島 渉悟, KS-21-18 航海乗船者一同

    海と地球のシンポジウム 科学のフロンティア×研究船  (東京大学 伊藤謝恩ホール+オンライン)  2021年12月  -  2021年12月   

  • 沖縄トラフ南部,背弧拡大プロセスの解明に向けて:KH-21-3 Leg 1

    大坪 誠, 久保田 好美, 三澤 文慶, 木下 正高, 新井 隆太, 土岐 知弘, KH-21-3乗船研究者一同

    海と地球のシンポジウム 2021 科学のフロンティア×研究船  (東京大学 伊藤謝恩ホール+オンライン)  2021年12月  -  2021年12月   

  • The roots of helium in surface sediments of submarine mud volcanoes off Tanegashima

    Yuki Mitsutome, Tomohiro Toki, Takanori Kagoshima, Naoto Takahata, Yuji Sano, Yama Tomonaga, Akira Ijiri

    AGU Fall Meeting 2021  (New Orleans, LA & Online Everywhere)  2021年12月  -  2021年12月   

  • Roots and reservoir of venting fluid at Taketomi submarine hot spring

    Tomohiro Toki, Ryuichi Shinjo, Yuki Mitsutome, Syogo Oushima, Harue Masuda, Akira Ijiri, Shinji Nakaya

    AGU Fall Meeting 2021  (New Orleans, LA & Online Everywhere)  2021年12月  -  2021年12月   

  • 種子島沖海底泥火山の表層堆積物中のヘリウムの起源

    満留 由来, 土岐 知弘, 鹿児島 渉吾, 佐野 有司, Tomonaga Yama

    東京大学地震研究所共同利用研究集会「海溝海側の過程に関する横断的研究:沈み込み帯インプットの実態解明を目指して」  (オンライン(Zoom))  2021年10月  -  2021年10月   

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第24回しんかいシンポジウムポスター発表賞

    2008年03月14日   海洋研究開発機構  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 堆積物に埋積した黒鉱様海底熱水鉱床の探査技術の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年09月  -  2010年03月 

    代表者: 土岐 知弘  資金配分機関: 国立大学法人岡山大学 学長 千葉 喬三

    直接経費: 5,926,240(円)  間接経費: 1,777,872(円)  金額合計: 7,704,112(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 与那国島の湧水への海水侵入の進行について