渡嘉敷 健 (トカシキ タケシ)

Tokashiki Takeshi

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

80253946

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科建築学コース   准教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 信州大学 -  工学修士  その他 / その他

  • 信州大学 -  工学修士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 准教授  

  • 2006年04月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 准教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 建築環境工学,音響工学,環境騒音

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 屋上緑化における二酸化炭素削減に関する研究

  • 市街地における環境騒音の主観評価

  • 道路交通騒音の経年変化

  • 屋上緑化における二酸化炭素削減に関する研究

  • 市街地における環境騒音の主観評価

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 風速と残留騒音レベルの関係に対する統計的検討

    内田 英夫、町田 哲、山本 泰久、渡嘉敷 健、山下 恭弘 (担当範囲: 市街地データ測定及び解析)

    騒音制御   45 ( 6 ) 289 - 299   2021年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    風車音は,環境省のマニュアルに従って有効風速範囲内の風車音と残留騒音のレベル値の差で評価される。このため,測定時の風速による残留騒音の違いは評価の差になる。そこで,風速と残留騒音レベルの関係を統計的に検討した。

  • Route survey research of US military aircraft at Futenma Air Base and Kadena Air Base in Okinawa Prefecture

    渡嘉敷健

    The 50th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, ( The 50th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, )    2021年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

     概要を見る

    本研究の目的は、(1)米軍の訓練に伴う騒音問題を目視で把握・検討し、(2)米軍と国の対策が有効かどうかを確認することである。 測定結果、(3)目視確認。 調査により、米軍航空機のトラックマップを作成します。 (4)測定によって得られた各航空機モデルの特性を把握し、将来の目視検査の効率を目指す。

  • The aircraft noise pollution on the noise mapping and track map

    渡嘉敷健

    Proceedings of the 13th International Congress on Noise as a Public Health Problem (ICBEN) 2021, Stockholm,Sweden, ( Proceedings of the 13th International Congress on Noise as a Public Health Problem (ICBEN) 2021, Stockholm,Sweden, )    2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

     概要を見る

    騒音測定のLdenの値や騒音レベルから、航空機が騒音測定地点からどれくらい離れた距離を通っているかが予測でき、さらに目視調査をすることによって、その結果により正確性を出せることがわかった。

  • Awareness research on noise pollution in Okinawa Prefecture

    渡嘉敷健

    Proceedings of the 13th International Congress on Noise as a Public Health Problem (ICBEN) 2021, Stockholm,Sweden, ( Proceedings of the 13th International Congress on Noise as a Public Health Problem (ICBEN) 2021, Stockholm,Sweden, )    2021年06月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

     概要を見る

    沖縄県では、米軍基地の航空機による騒音が社会問題として取り上げられています。環境問題を構成する8つの項目は、大気汚染、水質汚染、土壌汚染、騒音、地盤沈下、悪臭、放射能、地球温暖化ガスです。騒音がどのように汚染として認識されるかについて調査研究を行い考察した。

  • Infants' Response to Futenma Aircraft Noise and Sound Environment

    渡嘉敷健

    The 49th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, Sole, ( The 49th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering, Sole, ,pp.1-6 )    2020年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

     概要を見る

    本研究の目的は、①米軍航空機騒音に対する幼児の反応の目視調査を含む実態把握と考察、②騒音計と目視・傾聴調査の測定結果から地点ごとの騒音被害状況の考察③航空機騒音が幼児に及ぼす影響についてのアンケート調査を普天間基地周辺の保育園に通う幼児の保護者に対して行い、音環境の評価と分析を行うこととする。

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 居住環境の科学-自然エネルギーから環境適応型建材まで-

    渡嘉敷 健 ( 担当: 単著 )

    ■■■  1900年01月

  • 居住環境の科学-自然エネルギーから環境適応型建材まで-

    渡嘉敷健, 他10名 ( 担当: 共著 )

    琉球大学公開講座委員会  1900年

  • 居住環境の科学-自然エネルギーから環境適応型建材まで-

    渡嘉敷健, 他10名 ( 担当: 共著 )

    琉球大学公開講座委員会  1900年

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県内の米軍航空機騒音に関する影響調査