高良 富夫 (タカラ トミオ)

Takara Tomio

写真a

科研費研究者番号

70163326

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学 -  博士(工学)  知覚情報処理・知能ロボティクス

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1988年05月

      琉球大学 工学部 助手  

  • 1988年05月
    -
    1995年03月

      琉球大学 工学部 助教授  

  • 1991年
    -
    1992年

      カーネギーメロン大学 コンピュータサイエンス学科 客員研究員  

  • 1995年04月
    -
    2018年03月

      琉球大学 工学部 教授  

  • 2018年04月
    -
    継続中

      琉球大学 名誉教授  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音声言語処理,認識工学,自然言語工学,情報工学,パターン認識,遺伝的アルゴリズム,知能

  • 遺伝的アルゴリズム

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知覚情報処理

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 情報教育法に関する研究

  • 琉球およびアジアの言語音声の合成による分析

  • 音声の分析・合成・認識・言語処理

論文 【 表示 / 非表示

  • Speech analysis-synthesis system using genetic algorithm and Fujisaki model and its application to coarticulation,

    Tomio Takara and Ryoichi Eto

    Acoustical Science and Technology   43 ( 4 ) 219 - 227   2022年07月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • プロフェッショナルの無意識 ~高度な技能・匠の技~

    高良富夫

    沖縄職業能力開発大学校紀要   ( 11 ) 46 - 53   2021年07月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 琉球列島西表島でカエルの嗚き声と人工合成音トラップに誘引される蚊とチスイケヨソイカ

    TOMA Takako, TAKARA Tomio, MIYAGI Ichiro, FUTAMI Kyoko, HIGA Yukiko

    衛生動物 ( 日本衛生動物学会 )  70 ( 4 ) 221 - 234   2019年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>The attractiveness of frog sounds to biting <i>Uranotaenia</i> mosquitoes and <i>Corethrella</i> midges was determined using natural and synthesized sounds. The traps with each species' call of eight frog species or a series of them, were set in a forest of Iriomote Island. Out of 17 mosquito species collected, <i>Uranotaenia macfarlanei</i> Edwards was the predominant species. Most <i>Ur. macfarlanei</i> females were collected by characteristic calls which had dominant frequency of about 1,000 Hz. We synthesized 23 sounds which varied in frequency spectrum (original burst, sinusoidal, and noise), wave form, repeated rhythm, and loudness of sounds. The burst sound was synthesized by editing the original scream of male <i>Fejervarya sakishimensis</i> Matsui et al., which had two dominant frequencies of 1,038 Hz and 2,312 Hz. The sinusoidal sound had a dominant frequency of 1,000 Hz, while the noise sound had no dominant frequency. <i>Uranotaenia macfarlanei</i> females were collected with the original burst and sinusoidal sounds more than noise sound. They were also well attracted when loudness was higher than about 75 dB SPL. The original burst sound also attracted <i>Corethrella nippon</i> Miyagi more than sinusoidal and noise sounds. Prediction model indicated that low loudness sounds still attracted <i>C. nippon</i> compared to <i>Ur. macfarlanei</i>.</p>

  • Generative model of spectra for a word using Fujisaki model and genetic algorithm

    Takara Tomio, Higa Akichika, Eto Ryoichi, Ishikawa Go

    Acoustical Science and Technology ( 一般社団法人 日本音響学会 )  39 ( 2 ) 147 - 149   2018年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • サポートベクタマシンを用いたWAFへの異常検知機能の実装と評価

    伊波 靖 , 高良 富夫

    情報処理学会論文誌コンピューティングシステム ( その他の出版社 )  7 ( 1 ) 1 - 13   2014年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • なぜ時間は存在しないのか

    Barbour Julian B., 川崎 秀高, 高良 富夫 ( 担当: 単著 )

    青土社  2020年

  • 琉球ことばの科学 : 情報時代の琉球語探検

    高良 富夫 ( 担当: 単著 )

    琉球新報社  2016年

  • 音とことばの実験室

    高良富夫 ( 担当: 単著 )

    琉球新報社  2014年08月 ( 担当ページ: p.90 )

  • 自然言語工学入門

    高良富夫 ( 担当: 単著 )

    アトム研究室  2008年10月

  • 平成17年度~平成19年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書

    高良富夫 ( 担当: 単著 )

    その他の出版機関  2008年05月

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 巻頭言 ~ものづくり人づくり夢づくり~

    高良富夫

    沖縄職業能力開発大学校紀要   ( 11 )   2021年07月

     

  • プロフェッショナルの無意識 ー 高度な技能ー

    高良富夫

    職業能力開発総合大学校技能科学研究論文誌   37 ( 2 )   2020年09月

     

  • 琉球大学における情報工学の教育と研究

    高良富夫

    電子情報通信学会画像工学研究会資料 ( その他の出版社 )    1995年11月

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 母音スペクトル空間上の主成分を用いる音声合成の検討

    高良富夫,山城駿佑,大石節

    日本音響学会春季研究発表会論文集  2015年03月  -  2015年03月   

  • 音素獲得モデルにおけるマグネット効果の検討

    高良富夫,松茂良滉,宮平雄介

    日本音響学会春季研究発表会論文集  2015年03月  -  2015年03月   

  • 音素獲得モデルにおけるスペクトルパラメータの検討

    高良富夫,平良優香里,松茂良滉,河野卓也

    日本音響学会秋季研究発表会論文集  2014年09月  -  2014年09月   

  • Speech Analysis and Synthesis of Ryukyuan and Asian Languages

    Tomio Takara

    Proceedings of the International Symposium on ICT for Environmental Sustainability  2014年06月  -  2014年06月   

  • 音声単語の獲得モデルにおける特徴パラメータの検討

    高良富夫,金高恭平,平良優香里

    日本音響学会春季研究発表会論文集  2014年03月  -  2014年03月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 琉球方言の音声データベース

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2000年  -  2003年 

    資金配分機関: -

  • 高速ネットワークにおける教育コンテンツ流通・制作・活用の実証試験

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2000年  -  2003年 

    資金配分機関: -