鈴鹿 俊雅 (スズカ トシマサ)

Suzuka Toshimasa

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

00468068

ホームページ

http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~suzuka/Site/Home.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   海洋自然科学科   教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年03月

    京都大学  理学研究科  化学専攻  博士後期課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  理学博士  有機化学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月
    -
    2011年03月

      琉球大学理学部 海洋自然科学科 解析化学講座 助教  

  • 2010年07月
    -
    2012年03月

      九州大学理学府先導物質化学研究所 流動教員 兼任  

  • 2011年04月
    -
    2020年09月

      琉球大学理学部 海洋自然科学科 解析化学講座 准教授  

  • 2020年10月
    -
    継続中

      琉球大学理学部 海洋自然科学科 海洋化学講座 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 電気工事施工管理技士(1~2級)

  • 衛生管理者(第1種)

  • 衛生工学衛生管理者

  • 中学校教諭専修免許

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

全件表示 >>

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高分子合成

  • 両親媒性レジン担持Pd錯体を用いた水中でのクロスカップリング反応

  • シクロペンタジエン類の不斉合成

  • 新規骨格転位反応を用いたタキソールのAB環部位の合成

学位論文 【 表示 / 非表示

  • シクロペンタジエン類の不斉合成

    2003年03月 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cyanide-Free Cyanation of Aryl Iodides with Nitromethane by Using an Amphiphilic Polymer-Supported Palladium Catalyst

    Toshimasa Suzuka, Ryoko Niimi, Yasuhiro, Uozumi

    Synlett   18   2021年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Use of halichondramide as a probe for actin-related studies

    Chiaki Tanaka, Viqqi Kurnianda, Masaya Morita, Toshimasa Suzuka, Junichi Tanaka

    Phytochemistry Letters   44   35 - 41   2021年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Friedel–crafts-type alkylation of indoles in water using amphiphilic resin-supported 1,10-phenanthroline–palladium complex under aerobic conditions

    Suzuka T.

    Catalysts ( Catalysts )  10 ( 2 )   2020年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Trunculins X and Y from an Okinawan sponge Sigmosceptrella sp.

    Hirade H.

    Tetrahedron ( Tetrahedron )  75 ( 33 ) 4620 - 4625   2019年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Polymer-Supported Terpyridine–Palladium Complex for the Allylic Alkylation with Arylboronic Acid in Water

    Suzuka Toshimasa, Takayama Naoki, Unten Masanori, Onda Kaoru, Ogihara Kazuhito

    Transactions of the Materials Research Society of Japan ( 一般社団法人 日本MRS )  44 ( 1 ) 41 - 44   2019年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>  A novel homogeneous transition-metal catalyst, a polymer-supported terpyridine–palladium(II) complex, was found to promote the allylic alkylation with phenylborinic acid under phosphine-free conditions in water with good yield. The catalyst was recovered and reused several times without loss of catalytic activity. To our knowledge, this is the first example of the allylic alkylation with pheylboronic acid in water using a polymer-supported terpyridine–palladium(II) complex under aerobic conditions. The stereochemistry of the allylic alkylation with phenylboronic acid was demonstrated to be not net retention. </p>

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • Flavonoids, isoflavonoids and other constituents from the fresh mature seeds of Sophora tomentosa L.

    OGIHARA Kazuhito, KUNIYOSHI Eiken, SUZUKA Toshimasa, HIGA Matsutake, 荻原 和仁, 鈴鹿 俊雅

    琉球大学理学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Science, University of the Ryukyus ( 琉球大学理学部 )  ( 101 ) 1 - 7   2016年03月  [査読有り]

     

    CiNii

  • Phenylethanoid Glycosides from the fresh immature legumes of Golden Trumpet Tree (Tabebuia chrysotricha)

    OGIHARA Kazuhito, MURATA Masayuki, SASAMOTO Shohei, Suzuka Toshimasa, Higa Matsutake, 荻原 和仁, 鈴鹿 俊雅

    琉球大学理学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Science, University of the Ryukyus ( 琉球大学理学部 )  ( 100 ) 13 - 19   2015年09月  [査読有り]

     

    CiNii

  • Constituents from the fruits of Messerschmidia argentea (IV)

    K. Ogihara, K. Kuwae, T. Suzuka, M. Higa

    Bull. Fac. Sci. Univ. Ryukyus   93   47 - 54   2012年04月  [査読有り]

     

  • Glucosides from the Leaves of Cynanchum liukiuenese (II)

    K, Ogihara, R. Chinen, T. Suzuka, M. Higa, S. Yogi

    Fac. Sci. Univ. Ryukyu.   89   59 - 64   2010年04月  [査読有り]

     

  • Anthraquinones and Other Constituents from the Roots of Hemerocallis Fulva L. var. Sempervirona M. Hotta

    K. Ogihara, F. Kikushima, S. Matsui, H. Shinyashiki, T, Suzuka, M. Higa

    Fac. Sci. Univ. Ryukyu.   90   11 - 16   2010年04月  [査読有り]

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • Catalytic Asymmetric Allylic Substitution of meso-1,4-Diacetoxy-2-Cycloalkene in Water with a PS-PEG Resin-Supported Chiral Palladium Complex

    T. Suzuka, H. Takenaka, and Y. Uozumi

    4th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS 14)  2007年08月  -  2007年08月   

  • Catalytic Asymmetric Allylic Substitution of meso-1,4-Diacetoxy-2-Cycloalkene in Water with a PS-PEG Resin-Supported Chiral Palladium Complex

    H. Takenaka, T. Suzuka, and Y. Uozumi

    1st Asian Conference on Coordination Chemistry  2007年04月  -  2007年04月   

  • Cross Coupling of Nitromethane in Water Catalyzed by amphiphilic Resin-Supported Palladium Complexes

    T. Suzuka and Y. Uozumi

    IFOC-5  2006年10月  -  2006年10月   

  • Cross Coupling of Nitromethane in Water Catalyzed by amphiphilic Resin-Supported Palladium Complexes

    T. Suzuka and Y. Uozumi

    IKCOC−10  2006年08月  -  2006年08月   

  • Safety Asymmetric π-Allylic C1 Alkylation with Nitromethane in Water Catalyzed by an Amphiphilic Resin-Supported Chiral Palladium Complex

    T. Suzuka and Y. Uozumi

    International Conference on Polymers and Organic Chemistry 2006  2006年03月  -  2006年03月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 海水中溶存PCB類の高選択的脱ハロゲン化反応の開発

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 水処理技術の省エネルギー化、低コスト化及び高効率化

    研究期間: 2019年11月  -  2020年10月 

    資金配分機関: 公益財団法人 鉄 鋼 環 境 基 金 

    直接経費: 1,497,000(円) 

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 有機機能材料に関する基礎研究

    研究期間: 2009年05月  -  2010年03月 

    代表者: 鈴鹿 俊雅  資金配分機関: 有限会社 機能材料研究所

    直接経費: 700,000(円)  金額合計: 700,000(円)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2021年度  物質化学概論  講義

  • 2021年度  基礎ゼミI  演習

  • 2021年度  研究基礎実習  演習

  • 2021年度  化学II  講義

  • 2019年度  化学実験  講義

全件表示 >>