酒井 一彦 (サカイ カズヒコ)

Sakai Kazuhiko

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

50153838

ホームページ

http://www.tbc.u-ryukyu.ac.jp/ja/sesoko/home.html

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   熱帯生物圏研究センター   教授  

  • 併任   琉球大学   理工学研究科   海洋環境学専攻   その他  

  • 併任   琉球大学   研究推進機構   その他  

出身大学 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年03月

    琉球大学   理工学部   生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年03月

    琉球大学  理学研究科  生物学専攻  修士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学 -  博士(理学)  生物学専攻

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2009年01月
    -
    継続中

      琉球大学 熱帯生物圏研究センター 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    継続中
     

    沖縄生物学会

  • 1982年01月
    -
    継続中
     

    日本生態学会   地区委員

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本動物学会

  • 1997年04月
    -
    継続中
     

    個体群生態学会

  • 1997年10月
    -
    継続中
     

    日本サンゴ礁学会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 進化生態学,サンゴ礁生態学,集団遺伝学,個体群生態学,群集生態学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 多様性生物学、分類学

  • ライフサイエンス / 進化生物学

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 気候変動へのサンゴの応答

  • サンゴの集団遺伝学

  • サンゴの生活史進化

  • サンゴの繁殖生態学

  • サンゴ個体群および群集の維持、更新および回復に関する研究

論文 【 表示 / 非表示

  • Coral reef research in Sesoko Island -50 years anniversary of Sesoko Station, University of the Ryukyus-

    Saki Harii, Masaya Morita, Kazuhiko Sakai, Frederic Sinniger, Akihiro Takemura, Hideyuki Yamashiro

    Galaxea, Journal of Coral Reef Studies ( Japanese Coral Reef Society )  24 ( 1 ) 1 - 4   2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Near-future levels of pCO2 impact skeletal weights of coral primary polyps (Acropora digitifera).

    Tomoko Bell, Cristiana Manullang, Kazuhiko Sakai, Atsushi Suzuki, Akira Iguchi

    Galaxea, Journal of Coral Reef Studies ( Japanese Coral Reef Society )  24 ( 1 ) 63 - 68   2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Calcification responses of subtropical corals to ocean acidification: a case study from Sesoko Island, Okinawa, Japan.

    Bell T, Manullang C, Kumagai NH, Sakai K, Suzuki A, Iguchi A

    Galaxea, J Coral Reef Stud   24   51 - 61   2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Phosphate bound to calcareous sediments hamper skeletal development of juvenile coral

    Iijima M, Yasumoto J, Iguchi A, Koiso K, Ushigome S, Nakajima N, Kunieda Y, Nakamura T, Sakai K, Yasumoto-Hirose M, Mori-Yasumoto K, Mizusawa N, Amano H, Suzuki A, Jimbo M, Watabe S, Yasumoto K

    Royal Society Open Science ( Royal Society )  8   8: 201214201214   2021年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • An Indo-Pacific coral spawning database.

    Baird et al. In total 91 authors and Sakai K. is 69th author.

    Scientific Data   8   35   2021年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本サンゴ礁学会論文賞

    2011年11月05日   その他の授与機関  

    受賞者: その他の受賞者

  • 日本サンゴ礁学会論文賞

    2009年11月28日   その他の授与機関  

    受賞者: その他の受賞者

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 造礁サンゴの高水温耐性向上可能性に関する総合的研究

    基盤研究(A)

    課題番号: 19H00953

    研究期間: 2019年04月  -  2023年03月 

    代表者: 酒井 一彦  研究分担者: 中村 崇(琉球大学)井口 亮(産総所)、伊藤 通浩(琉球大学)、頼末 武史(兵庫県立大学)、仮屋園 志帆(総研大学)

    直接経費: 34,800,000(円)  間接経費: 10,440,000(円)  金額合計: 45,240,000(円)

     概要を見る

    生物多様性が高いサンゴ礁生態系成立の基盤となっており、高温には脆弱な造礁サンゴ類について、地球温暖化進行下においてサンゴが高温耐性を高めることができるかを、①サンゴそのものの進化的変化、②サンゴそのもののエピジェネティクスによる表現型の可塑性、③サンゴ細胞内に共生する単細胞藻類(褐虫藻)クレードの入替わり、④サンゴ内細菌叢の変化、およびこれらの組合せを、野外調査、(屋外・屋内)水槽実験、遺伝子解析により検討する。

  • サンゴ保全に向けての異分野連携によるサンゴ幼生分散距離の解明

    基盤研究(B)

    課題番号: 15H04326

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 酒井 一彦  研究分担者: 藤井 智史 琉球大学, 工学部, 教授 (30359004) 御手洗 哲司 沖縄科学技術大学院大学, 海洋生態物理学ユニット, 准教授 (80567769)

    直接経費: 13,400,000(円)  間接経費: 4,020,000(円)  金額合計: 17,420,000(円)

  • サンゴ移植を手法としたサンゴ群集回復に関する野外実験

    基盤研究(C)

    課題番号: 21570021

    研究期間: 2009年  -  2011年 

    代表者: 酒井 一彦 

    直接経費: 1,500,000(円)  間接経費: 450,000(円)  金額合計: 1,950,000(円)

  • クローンを利用したサンゴ保全に関する野外および水槽実験

    萌芽研究

    課題番号: 18651112

    研究期間: 2006年  -  2007年 

    代表者: 酒井 一彦 

    直接経費: 1,400,000(円)  金額合計: 1,400,000(円)

  • 温暖化進行下のサンゴ群集の回復と維持:慶良間から沖縄本島への幼生供給と群集回復

    基盤研究(B)

    課題番号: 16310158

    研究期間: 2004年  -  2006年 

    代表者: 酒井 一彦 

    直接経費: 3,000,000(円)  金額合計: 3,000,000(円)

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • サンゴメタ集団の存続可能性と環境変動への応答予測

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年11月  -  2010年03月 

    代表者: 酒井 一彦  資金配分機関: 独立行政法人科学技術振興機構 分任契約担当者イノベーション推進本部副本部長(戦略的創造事業担当) 広瀬 研吉

    直接経費: 800,000(円)  間接経費: 240,000(円)  金額合計: 1,040,000(円)

  • 平成21年度CO2増加が造礁サンゴの生活史に与える影響に関する研究委託業務

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年04月  -  2010年02月 

    代表者: 酒井 一彦  資金配分機関: 独立行政法人国立環境研究所 理事長 大垣 眞一郎

    直接経費: 2,769,610(円)  間接経費: 830,390(円)  金額合計: 3,600,000(円)