豊島 麗子 (トヨシマ レイコ)

Toyoshima Reiko

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

30295290

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   国際言語文化プログラム   教授  

留学歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年09月
    -
    1990年12月

    マサチューセッツ大学ボストン校  

  • 1991年01月
    -
    1994年12月

    メリーランド大学カレッジパーク校  

  • 2005年01月
    -
    2005年09月

    ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校  

取得学位 【 表示 / 非表示

  •  -  Master of Arts  English Language and Literature

  •  -  Master of Arts  English as a Second Language

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2001年01月

      琉球大学講師  

  • 2001年02月
    -
    2007年03月

      琉球大学助教授  

  • 2007年04月
    -
    2014年03月

      琉球大学准教授  

  • 2014年04月
    -
    継続中

      琉球大学教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2011年01月
    -
    継続中
     

    Australiasia Victorian Studies Association   member

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ヴィクトリア朝文学,イギリス小説

  • ポストコロニアル文学

  • Postcolonial Literature

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭2種免許

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 19世紀イギリスからオーストラリアへの女性移民の表象

論文 【 表示 / 非表示

  • Skepticism about Reality in "The Moment before the Gun Went Off"

    Reiko Toyoshima

    欧米文化論集 ( 琉球大学国際地域創造学部国際言語文化プログラム )  ( 65 ) 65 - 77   2021年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    アパルトヘイト以後の南アフリカで起きた、白人農場主の銃の暴発事による黒人労働者の死亡事件が、どのように海外に報道され海外と国内の人々の現実構築と行動にどのように作用するかを「フレーミング」概念を援用して考察した。現実は基本的に欠落を伴い、除外された現実を補足しなければ全体を構築できないが、人々にはその能力がないことを示し、ゴーディマーの現実に対する懐疑を検証した。

  • Criticism of Victorianism in The Importance of Being Earnest

    Reiko Toyoshima

    Southern Review ( 沖縄外国文学会 )  ( 34 ) 17 - 29   2019年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Invading, Undermining, and Subverting the English Systems: The Revolutionary French Woman in Vanity Fair

    Reiko Toyoshima

    欧米文化論集   ( 57 ) 43 - 68   2013年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • Dark Representations of Australia in Great Expectations

    Reiko Toyoshima

    欧米文化論集   ( 56 ) 29 - 47   2012年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • Protectors of Single Female Emigrants and Agents of Empire: Matrons on the Ship

    Reiko Toyoshima

    『欧米文化論集』  ( 琉球大学国際言語文化学科(欧米系) )  ( 55 ) 29 - 44   2011年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    マトロンは航海中、男性の保護者のいない独身女性移民を守り教育する役割を担っており、マトロン制度は英国・植民地両政府、個人・団体の支援者の訴えで1840年代から1860年代にかけて拡充した。航海中の記録や事件、マトロンの訓練や任命に影響力のあった慈善団体等の活動を調べ、マトロンが女性移民の保護者であると同時に、植民地・帝国が望む女性集団を教育・供給するという帝国のエージェントの役割も果たしていることを示した。

全件表示 >>

論文査読・海外派遣等、研究諸活動 【 表示 / 非表示

  • 沖縄外国文学会査読者

    学術論文査読件数 

    2011年10月
    -
    継続中
     

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 1850年代及び1860年代のオーストラリア女性移民表象と国民意識形成の研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K00391

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 豊島 麗子 

    直接経費: 1,600,000(円)  間接経費: 480,000(円)  金額合計: 2,080,000(円)

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2020年度  異文化理解  講義

  • 2020年度  英語講読演習中級  演習

  • 2020年度  大学英語  演習

  • 2020年度  イギリス文学研究I  講義

  • 2020年度  イギリス文学研究II  講義

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2015年03月
    -
    継続中

    英語多読・多聴のすすめ

  • 2011年09月
    -
    2011年11月

    琉球大学外国語センター主催ハワイ異文化研修2011参加者レポート集

  • 2008年10月
    -
    2009年02月

    [平成19年度第2回法文学部FDシンポジウム : 共通外国語教育の課題]法文学部教育委員会

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 高円宮杯第66回全日本中学校英語弁論大会沖縄県予選大会の審査

    沖縄県中学校英語教育研究会 

    2014年10月
     
     

     概要を見る

    高円宮杯第66回全日本中学校英語弁論大会沖縄県予選大会に審査委員長として参加した。

  • 高円宮杯第65回全日本中学校英語弁論大会沖縄県予選大会の審査

    沖縄県中学校英語教育研究会 

    2013年10月
     
     

     概要を見る

    高円宮杯第65回全日本中学校英語弁論大会沖縄県予選大会に審査委員長として参加した。

  • 「沖縄県高校生米国派遣事業」選考委員会委員

    財団法人沖縄県国際交流・人材育成財団 

    2003年
     
     

     概要を見る

    財団法人沖縄県国際交流・人材育成財団「沖縄県高校生米国派遣事業」の選考委員会委員として派遣者選考に従事した。

学術貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「西原町新渡戸菊プロジェクト」

    沖縄県中頭郡西原町 

    2015年8月
    -
    2019年5月

     概要を見る

    琉球大学と西原町及び西原町商工会の包括連携協定に基づく、産学官連携事業「西原町新渡戸菊プロジェクト」の地域振興等調査研究構成員として、翻訳支援及び会議・アンケート等を通して地域活性化の推進に寄与した。