小林 潤 (コバヤシ ジュン)

Kobayashi Jun

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

70225514

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学部   保健学科   教授  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1991年03月

    琉球大学   医学部   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  博士(医学)  医学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学部 保健学科 教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本国際保健医療学会

  •  
     
     
     

    日本熱帯医学会

  •  
     
     
     

    日本健康教育学会

  •  
     
     
     

    日本寄生虫学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

論文 【 表示 / 非表示

  • Mothers' experiences of parenting a child with chromosomal structural abnormalities: The journey to acceptance.

    Saeko Kutsunugi, Kumiko Tsujino, Kyoko Murakami, Kazuko Iida, Tsugiko Gima, Yumiko Endoh, Yoko Tamashiro, Teresa E Stone, Jun Kobayashi

    Japan journal of nursing science : JJNS     e12387   2020年10月

     概要を見る

    PURPOSE: This study aimed to investigate the process mothers go through in coming to terms with raising a child with chromosomal structural abnormalities. METHODS: Sixteen mothers living in Japan were interviewed and a modified grounded theory approach was used for the analysis. RESULTS: A total of 35 concepts, nine subcategories, and six categories were extracted. The six categories were: (a) Concern about abnormalities; (b) A healthy child is considered as a standard; (c) Deepening attachment to the child; (d) Acceptance of the child as s/he is; (e) Changing attitude toward disabilities; (f) Creating a frontier for other mothers. The parenting journey meant that parents did not move in a straightforward way from the beginning of the process to the endpoint but instead moved between "Deepening attachment to the child" and "Acceptance of the child as s/he is" before they moved ahead. CONCLUSION: Having support and meeting peers of mothers with similar issues is essential for mothers to review their perspectives that healthy children are the standard against which to measure their child and to motivate them to raise their children, but it was extremely difficult to have such opportunities due to rarity of the disorder. It is crucial to accumulate more practical information so that mothers can access and use it. Mothers also need support to enhance their self-worth while giving due consideration to the possibility that they may be conscious of being stigmatized. Nurses need to advocate for these children and families to get the appropriate help, understanding and support.

  • School-based education to prevent bullying in high schools in Indonesia.

    Noboru T, Amalia E, Hernandez PMR, Nurbaity L, Affarah WS, Nonaka D, Takeuchi R, Kadriyan H, Kobayashi J

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society     2020年09月

  • School Health Promotion in Southeast Asia by Japan and Partners.

    Crystal Amiel M Estrada, Ernesto R Gregorio Jr, Kethsana Kanyasan, Jeudyla Hun, Sachi Tomokawa, Maria Corazon Dumlao, Jun Kobayashi

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society     2020年05月

     概要を見る

    School health promotion in Southeast Asia has developed rapidly in recent years, and Japan has been one of the significant contributors to the reinforcement of school health promotion in the region. Starting from the Hashimoto Initiative on global parasite control, Japan advocated for international partnerships with several agencies for the development of school health programs in Southeast Asia. Through a strengthened collaboration with international organizations, countries such as the Lao PDR, Cambodia, the Philippines, and Thailand have created and implemented school health programs on nutrition, sanitation, and deworming, among others. In addition to school health program formulation and implementation, the expanded network in Southeast Asia led to a more capacitated school health personnel, with many workers in the education and health sectors benefitting from the training programs jointly held by collaborating organizations.

  • Implementation of Kenyan comprehensive school health program: improvement and association with students' academic attainment.

    Akiyama T, Njenga SM, Njomo DW, Takeuchi R, Kazama H, Mutua A, Walema B, Tomokawa S, Estrada CA, Henzan H, Asakura T, Shimada M, Ichinose Y, Kamiya Y, Kaneko S, Kobayashi J

    Health promotion international     2020年03月

  • Analysis of integrated health and welfare services and the direction of community care in Seoul and Japan using capacity mapping tool

    Nam EW, You B, Noda S, Kobayashi J, Shon C

    The Seoul Intitute Journal   19   2 - 4   2020年

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 「School Health」掲載論文の抄録

    西尾彰泰, 友川幸, 小林潤, 溝上哲也, 堀田亮, 山本眞由美

    学校保健研究   59   382   2017年12月

     

  • Can a safe delivery be realized in Lao PDR ? - Determinants of selecting childbirth attended by a skilled birth attendant -

    高橋 謙造

    Proceedings of APACPH 2016     2016年09月

     

  • ANTIRETROVIRAL THERAPY AS A RISK FACTOR FOR DEPRESSION, SUICIDAL IDEATION, AND SUICIDE ATTEMPTS AMONG PEOPLE LIVING WITH HIV/AIDS IN THE KATHMANDU VALLEY, NEPAL

    R. M. Amiya, K. C. Poudel, K. Poudel-Tandukar, J. Kobayashi, M. Jimba

    SEXUALLY TRANSMITTED INFECTIONS ( BMJ PUBLISHING GROUP )  89   A333 - A334   2013年07月

     

    DOI

  • Distribution of subsidized insecticide-treated bed nets through a community health committee in Boboye Health District, Niger

    Daisuke Nonaka, Abani Maazou, Shigeo Yamagata, Issofou Oumarou, Takako Uchida, Honoré J.G. Yacouba, Jun Kobayashi, Tsutomu Takeuchi, Tetsuya Mizoue

    Tropical Medicine and Health   40 ( 4 ) 125 - 131   2012年

     

    DOI

  • EA9 ラオス国カムワン県におけるマラリア予防に関する住民の知識と保健行動に関する調査

    宇座 美代子, 佐々木 八千代, 宮城 一郎, 當間 孝子, 小林 潤, 長濱 直樹, 高倉 実, サムラ・ポンピダ, ソンブン・ボンヤデ

    衞生動物 ( 日本衛生動物学会 )  52 ( 0 )   2001年04月

     

    CiNii

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 相川正道賞

    2017年11月   日本熱帯医学会  

    受賞者: 小林 潤

  • ゼロマラリア賞

    2016年04月   マラリア・ノーモア・ジャパン  

    受賞者: 小林 潤

  • 大山激励賞

    2013年03月   大山健康財団  

    受賞者: 小林 潤

  • 奨励賞(日本熱帯医学会)

    2002年10月   日本熱帯医学会  

    受賞者: 小林 潤

  • 労働功労章勳3等

    1999年11月   ラオス国政府  

    受賞者: 小林 潤

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 市民科学と時空間解析よるCOVID-19流行時のデング熱発生リスク評価の研究

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    課題番号: 20KK0223

    研究期間: 2020年10月  -  2025年03月 

    代表者: 小林潤  研究分担者: 川村真也、竹内理恵、斉藤美加、カラベオメディナ ジ ョンロバート

  • 八重山のマラリア撲滅に果たした「サイエンス」の役割の社会学的調査と検証

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2020年07月  -  2023年03月 

    代表者: 小林 潤  研究分担者: 斉藤 美加, 小林 潤

    直接経費: 4,400,000(円)  間接経費: 1,320,000(円)  金額合計: 5,720,000(円)

  • ケイパビリティ(潜在能力)の保障のためのアジアの就学前児の発育発達評価方法の開発

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2019年06月  -  2021年03月 

    代表者: 小林 潤  研究分担者: 友川 幸, 朝倉 隆司, 竹内 理恵, 渡辺 隆一, 城川 美佳, 秋山 剛, 友川 礼, 小林 潤

    直接経費: 4,900,000(円)  間接経費: 1,470,000(円)  金額合計: 6,370,000(円)

  • 途上国における健康教育の一般教科への統合内容分析-衛生教育への宗教の影響

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    代表者: 小林 潤  研究分担者: 竹内 理恵, 小林 潤, ジェンガ サミー, ドゥライ ブレイマ, アーネスト グレゴリオ

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 1,080,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

     概要を見る

    3か国のうちフィリピンでは健康教育がカリキュラムに含まれ、ケニア、ニジェールでは含まれていなかった。一方、宗教教育はフィリピンでは含まれずケニア、ニジェールでは含まれていた。語学、理科、社会、宗教等の教科書に健康に関する話題が含まれており、一般教科への統合は問題なく実施されていると示唆された。含まれる話題は衛生教育、病気やケガ、栄養、安全、環境、災害、社会問題等で、国により重点配分は異なっており、また、国の状況を反映する話題も取り上げられ、ニジェールでは衛生教育、干ばつに関する問題、ケニアではHIV/AIDSや交通事故、フィリピンでは台風の影響など、それぞれの国の問題を正確にとらえていた。

  • プライマリ・ヘルスケアに基づく地域診断ツールの開発と評価:無作為化比較試験

    ■■■

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

    代表者: 小林 潤  研究分担者: 野中 大輔, 高橋 謙造, 當山 裕子, 小林 潤, 野村 真利香, インタボン ヌハック, チャンタコウマン ケトマニー, ポンボンサ ティエンカム, ルアンパサイ チャンタリ, カウナボン センチャン

    直接経費: 2,700,000(円)  間接経費: 810,000(円)  金額合計: 3,510,000(円)

     概要を見る

    ラオス国の農村郡のヘルスセンターにおいて、プライマリ・ヘルスケアの概念に基づいた地域診断チェックリストを開発した。開発した8分野42項目からなるチェックリストを用いた調査を10村で実施したところ、以下の有用性が確認された。1) 地域診断チェックリストは、村落でよくみられる健康問題(下痢症、マラリア、咳等)の危険因子を特定できること、2) 地域診断チェックリストは、地理的・文化的に類似した村落間においてでも、危険因子が異なることを特定できるほど鋭敏であること、3) 地域診断チェックリストを用いた調査は、ヘルスセンター職員に対して特別な訓練を提供せずに、かつ現行の日常業務の中で実施可能であること。

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • SDGsに資する従来の学校保健を超越した政策提言に関する研究

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 受託研究  事業名: 国際医療研究開発費

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

    代表者: 溝上哲也  資金配分機関: 国立国際医療研究センター

  • フィリピン、インドネシアを中心とした東南アジアと日本における持続可能な精神保健システムの強化に資する研究

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究分担者

    研究種別: 受託研究  事業名: 国際医療研究開発費

    研究期間: 2018年04月  -  2021年03月 

    代表者: 早川達郎  資金配分機関: 国立国際医療研究センター

  • 動物媒介性感染症対策の沖縄での施策提言とネットワーク形成に関する研究

    研究費種類: 地方自治体  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 受託研究  事業名: 沖縄県感染症研究拠点形成事業

    研究期間: 2015年04月  -  2018年03月 

    代表者: 小林潤  連携研究者: トーマ・クラウディア、斉藤美加、  資金配分機関: 沖縄県

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 国際保健(学校保健、母子保健、地域僻地保健、感染症対策)