押川 渡 (オシカワ ワタル)

Oshikawa Wataru

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

80224228

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   工学部   工学科エネルギー環境工学コース   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 -  博士(工学)  その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年07月
    -
    継続中

      琉球大学 工学部 機械システム工学科 材料システム工学講座 准教授  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 材料加工・処理

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 鉄鋼材料の大気腐食環境における寿命評価

論文 【 表示 / 非表示

  • 人工海水を用いた腐食環境下におけるZn-30mass%Al 溶射皮膜の大気暴露特性

    中野 敦,押川 渡,米沢 昇,森田千尋,白井敬大

    鋼構造協会論文集 ( 日本鋼構造協会 )  27   106   2020年

  • 屋外促進暴露試験を用いたZn-30mass%Al溶射鋼の腐食特性評価

    中野 敦,押川 渡,米沢 昇

    材料と環境     2019年

  • 人工海水腐食環境下におけるZn-Al溶射皮膜の腐食性評価

    森田千尋、中野 敦、白井敬大、押川 渡、米沢 昇

    鋼構造年次論文   27   377 - 386   2019年

  • Ⅳ.各種環境での電気化学測定―ACMセンサ―

    押川 渡

    Zairyo‐to‐Kankyo ( 公益社団法人 腐食防食学会 )  67 ( 7 ) 273 - 279   2018年

     概要を見る

    <p>大気腐食環境下でのACMセンサの測定例について,事例を挙げて解説した.10分ごとに得られたセンサ出力と湿度データを解析することにより,濡れ時間,海塩付着量が推定でき,降雨時のセンサ出力を補正することで屋外における腐食速度が推定可能となった.</p>

  • 鋼製杭の浅層土壌中における暴露試験

    藤橋 健太, 奥地 誠, 押川 渡, 田原 晃, 篠原 正, 片山 英樹

    Zairyo‐to‐Kankyo ( 公益社団法人 腐食防食学会 )  67 ( 5 ) 216 - 221   2018年

     概要を見る

    <p>再生可能エネルギー固定買取制度を背景に,太陽光発電設備は急増した.太陽光発電設備の基礎杭は,浅層土壌中に金属表面が接し,地際部より突出している.本研究では,この環境における腐食の把握を目的に,杭状試験体の暴露試験と暴露試験場土壌の分析を行った.浅層土壌中の腐食量は,土壌中の腐食量として一般的に示される年間0.02 mmの腐食量を上回った.それらの腐食量は各土壌を電解質とした分極抵抗測定結果と良い相関を得た.地際部のマクロセル腐食は,土地造成など人為的な作用により土壌の化学組成が大きく変化することが一因であると考えられる.</p>

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 鋼橋の腐食劣化メカニズムの解明と耐久性診断に関する研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年08月  -  2010年03月 

    代表者: 下里 哲弘  連携研究者: 共同研究者:工学部・教授 有住 康則/工学部・准教授 押川 渡 (社)日本建設機械化協会 小野 秀一/(社)沖縄建設弘済会 玉城 喜章  資金配分機関: 支出負担行為担当官 国土技術政策総合研究所長  西川 和廣

    直接経費: 7,272,728(円)  間接経費: 727,272(円)  金額合計: 8,000,000(円)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 溶融亜鉛めっきと溶射(亜鉛アルミニウム、アルミマグネシウム)の性能評価

    研究期間: 2015年  -  2015年 

  • 塩害環境における二相およびオーステナイト系ステンレス鋼溶接部の耐食性評価

    研究期間: 2014年  -  2014年 

  • 沖縄におけるひし形金網用線材の屋外暴露試験

    研究期間: 2010年01月  -  2012年01月 

    代表者: 押川 渡  資金配分機関: カラーワイヤー工業会 会長 赤 畑 仁 司

    直接経費: 1,200,000(円)  金額合計: 1,200,000(円)

  • 実暴露試験による高強度鋼の水素脆化特性評価

    研究期間: 2009年09月  -  2010年02月 

    代表者: 押川 渡  資金配分機関: 独立行政法人 物質・材料研究機構 契約担当役 理事 馬越 佑吉

    直接経費: 840,000(円)  金額合計: 840,000(円)

  • 溶融亜鉛めっきと亜鉛アルミニウム溶射の性能評価

    研究期間: 2009年07月  -  2010年03月 

    代表者: 押川 渡  資金配分機関: 株式会社ダイヘン 電力機器カンパニー 配電機器事業部長 児玉 昭男

    直接経費: 1,000,000(円)  金額合計: 1,000,000(円)

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 腐食環境評価

  • 鉄鋼材料の大気腐食