金城 昇 (キンジョウ ノボル)

Kinjo Noboru

写真a

職名

教授(転出・退職)

科研費研究者番号

60128478

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   教育学部   生涯教育課程   教授  

  • 併任   琉球大学   教育学部   その他  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学 -  体育学修士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1979年04月
    -
    継続中

      琉球大学 教育学部 保健体育講座 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 健康教育,ライフスキル教育,臨床動作法,行動科学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ライススキル教育プログラムの開発と普及

  • 介護者・被介護者への動作法の適用による心身に及ぼす影響

  • 行動科学的アプローチによる運動・食行動の変容と継続

論文 【 表示 / 非表示

  • 住民のつながりを活かした健康づくりプロジェクト戦略モデルによる運動キャンペーンの実践

    島袋 桂, 斎藤 美希, 島袋 愛, 金城 淳, 幸地 将希, 金城 太志, 金城 昇

    日本健康教育学会誌 ( 日本健康教育学会 )  26 ( 1 ) 13 - 27   2018年

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    <p>目的:本研究では楠木の戦略理論を参考に,コンセプトを「パートナーづくり」,しかけを「競走」とした健康づくりプロジェクト戦略モデルを作成し,戦略に沿って実践した運動キャンペーン「貯歩っとレース」のプロセス評価を行った.</p><p>事業/活動内容:沖縄県A村では,平成20年度から健康づくりプロジェクトが展開され,ステークホルダーへのフォーマティブリサーチにより,地域住民のつながりが強い等の特徴が明らかにされた.その資源を活かすために,平成24年度から新しい戦略を導入した.一定期間の歩数を記録する「貯歩っとレース」の内容も地域の特徴を活かした形に変更された.その評価のために,戦略変更前後の参加者1,087名への調査と住民2名にインタビューを行った.</p><p>事業/活動評価:戦略変更前後を比較した結果,「貯歩っとレース」の平均参加者数は46.8名から137.8名に増加し,記録シートの提出率は46.8%から75.3%に増加した.また,国が推奨する目標歩数を超えた参加者も増加した他,非活動的な住民も参加者に取り込めたことが示唆された.インタビューから,住民同士の呼びかけで参加者が集まっていたこと,特に「貯歩っとレース」後にウォーキングを実施する住民の増加が確認された.</p><p>今後の課題:「パートナーづくり」と「競走」による戦略モデルの有効性が示唆され,参加者増加や事業後の運動実施等の成果があった.地域と関わりがない住民へのアプローチが今後の課題となる.</p>

  • 学校・家庭・地域の連携による食生活教育プログラムの開発及び普及に関する実践的研究(第1報)

    石川 銘徳,徳山 恵,稲嶺 加代子,桑江 尚子,仲宗根 睦子,當山 小百合,上里, 嘉郎,大城, 恵里子,村上, 芳美,

    No.6 (1998/12) ( 琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター )  ( 6 ) 29 - 53   2008年11月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 学級活動における養護教諭の行う保健指導の実践的研究(2) ―附属小学校におけるエイズ教育を通して―

    宮里 春江,浅井 利眞

    No.1 (1993/10) ( 琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター )  ( 1 ) 69 - 81   2008年11月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    本稿で対象とした実践は、「エイズ」を扱った授業としては先駆的な実践であり、多大な評価を受けている。この実践は、エイズ教育と性教育の狭間で必ず問題にあげられる「感染経路としての性交」を教育内容として、小学校段階に位置づけた点で興味ある実践である。本稿では、分析の視点を「感染経路としての性交」にしぼり検討を行った。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 学級活動における養護教諭の行う保健指導の実践的研究(1) ―附属中学校におけるエイズ教育を通して―

    池原 あさみ,

    No.1 (1993/10) ( 琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター )  ( 1 ) 53 - 68   2008年11月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    今回の学習指導要領は、学級活動での養護教諭の保健指導への参加をうたっている。しかしながら、養護教諭の役割は、個別指導、集団指導、学級担任・保健担当教諭への支援など多領域にわたる。また、各学校では、学級活動などにおける保健指導が必ずしも実践されているわけではない。一方、それぞれの学校における子ども達の健康現実を把握した時、早急な集団指導が必要かつ重要な場合もある。そのような中、筆者らは学級活動や道徳、その他の時間での保健指導への活用を目的に教材づくりを進めている。本稿では、今問題となっている「エイズ教育」の実践を通して、その教材化といくつかの問題について検討した。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

  • 全校生徒集団を対象とした講演会形式のエイズ教育の検討 -高等学校における性・エイズ特設授業の実践から-

    我如古 直哉,新垣 美央,上原 直子,後呂 健二,嘉陽 宗芳,野原 賢一,金, 福柱,

    No.11 (2004/3) ( 琉球大学教育学部附属教育実践総合センター )  ( 11 ) 35 - 44   2008年04月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    県内では12月1日のエイズデーに因んだ特設授業の取り組みは多いものの、エイズ教育の充実という視点からの検討はあまりなされてこなかったように思われる。確かに何百名規模の全校児童生徒集団を対象にすることを考えるとその内容構成や展開方法からしてその効果に限界を感じざるをえないのが実情である。しかし、これだけ毎年実施されることからすると、このことを肯定的に 捉えて新しい発展方向を検討することは意義あることだと考える。今回県立糸満高等学校生約1300名を対象にした性・エイズ特設授業を実践する機会を得たので、従来のエイズ教育の内容や方法の分析をもとに、行動変容をも視野に入れた特設授業のあり方について検討を加えた実践を試みたので報告する。尚、本実践報告は本学大学院教育学研究科保健体育専修の科目である「保健体育科教育特論演習II」及び「保健体育科授業開発・同授業研究」の一環として実施したものである。 (管理者追加)リポジトリ登録情報を移行しました。確認のうえ、加除修正をしてください。

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • ライフスキル教育を基礎にした食生活教育~学校における食教育の可能性~食生活Vol.98

    金城昇

    その他の掲載誌 ( その他の出版社 )    2004年05月

     

  • 「プリシード・プロシードモデルを活用した食生活教育プログラムの開発とその実際」

    金城昇

    生活教育 ( その他の出版社 )  45 ( 10 )   2002年10月

     

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 宜野湾市介護予防 運動器の機能向上事業 (一般高齢者施策)

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

    代表者: 金城 昇  資金配分機関: 宜野湾市長 伊波 洋一

    直接経費: 3,010,000(円)  間接経費: 120,000(円)  金額合計: 3,130,000(円)

  • 南城市地域健康づくり支援プログラムの開発及び評価

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

    代表者: 金城 昇  資金配分機関: 南城市長 古謝 景春

    直接経費: 3,000,000(円)  金額合計: 3,000,000(円)

  • 恩納村健康づくり事業支援プログラム開発及び評価

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: その他

    研究種別: 受託研究  事業名: -

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月 

    代表者: 金城 昇  資金配分機関: 恩納村役場 村長 志喜屋 文康

    直接経費: 8,543,000(円)  間接経費: 854,000(円)  金額合計: 9,397,000(円)