仲間 隆男 (ナカマ タカオ)

Nakama Takao

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

80264472

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   理学部   物質地球科学科   教授  

  • 併任   琉球大学   研究推進機構   その他  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 広島大学 -  博士(学術)  物性II

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年08月
    -
    継続中

      琉球大学 理学部 物質地球科学科 物質情報学講座 教授  

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 固体物性

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 磁性、超伝導、強相関系

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 極端条件下の伝導現象

  • 希土類遷移金属間化合物の物性

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 高圧技術ハンドブック(共著)

    毛利信男他 編 ( 担当: 共著 )

    その他の出版機関  2007年01月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 「長距離秩序の消失する領域におけるコバルトの磁化状態の解明」

    高江洲義尚,仲間隆男,矢ヶ崎克馬,A. T. Burkov

    琉球大学理学部紀要 ( その他の出版社 )  81   1 - 10   2006年03月

     

  • Observation of direct and reverse metamagnetic transition of d-electron subsystem in ErCo2 and Y0.4Er0.6Co2 compounds

    Kiyoharu Uchima, Takao Nakama, Katsuma Yagasaki

    Bulletin of the Faculty of Science, University of the Ryukyus ( その他の出版社 )  81   11 - 29   2006年03月

     

  • 「交換増強電子系の示す伝導現象」-Y(Co1-xAlx)2およびTmCo2の磁場中電気抵抗と熱電能-

    仲間隆男

    広島大学総合科学部紀要IV (理系編) ( その他の出版社 )  26   183 - 186   2000年12月

     

  • 「高温用電気抵抗・熱電能測定装置」

    矢ヶ崎克馬,仲間隆男,A. T. Burkov

    日本物理学会誌(BUTSURI) ( その他の出版社 )  54 ( 11 ) 578 - 583   1999年11月

     

  • 「17テスラまでの強磁場中熱電能測定装置の開発」

    仲間隆男,辺土正人,玉城純孝,R. Resel,A. T. Burkov,矢ヶ崎克馬

    琉球大学理学部紀要 ( その他の出版社 )  66   21 - 38   1998年09月

     

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • コバルト化合物の電子相関と超伝導

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K05453

    研究期間: 2016年04月  -  2021年03月 

    代表者: 仲間 隆男  研究分担者: 大貫 惇睦 琉球大学, 理学部, 客員教授 (40118659)

    直接経費: 3,600,000(円)  間接経費: 1,080,000(円)  金額合計: 4,680,000(円)

  • 磁気量子臨界点近傍における磁気ゆらぎと輸送特性

    基盤研究(C)

    課題番号: 21540340

    研究期間: 2009年  -  2011年 

    代表者: 仲間 隆男 

    直接経費: 1,600,000(円)  間接経費: 480,000(円)  金額合計: 2,080,000(円)