東矢 光代 (トウヤ ミツヨ)

Toya Mitsuyo

写真a

職名

教授

科研費研究者番号

00295289

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   国際地域創造学部   国際言語文化プログラム   教授  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 日本大学 -  博士(総合社会文化)  外国語教育

  • University of Hawaii at Manoa -  Master of Arts  English as a Second Language

職歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年10月
    -
    1997年03月

      琉球大学 教養部 専任講師  

  • 1997年04月
    -
    2003年01月

      琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 専任講師  

  • 2003年02月
    -
    2008年03月

      琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 助教授  

  • 2008年04月
    -
    2013年09月

      琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 准教授  

  • 2013年10月
    -
    2018年03月

      琉球大学 法文学部 国際言語文化学科 教授  

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 英語教育

  • 応用言語学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 外国語教育

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 語彙の習得に着目したリスニングプログラムの開発

  • 学習者と学習環境に応じた教授法実践と効果検証

  • 英語による授業と教師教育

論文 【 表示 / 非表示

  • コロナ禍でTIMEを読む:完全オンライン授業の試みと課題

    東矢 光代

    言語学習と教育言語学:2021 年度版 ( 日本英語教育学会・日本教育言語学会合同編集委員会(編集)、早稲田大学情報教育研究所(発行) )  2021   29 - 46   2022年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    本論文は、TIME の記事を活用した英語 4 技能育成のための授業の試みを分析し、発見した課題について報告する。本科目は 2020 年 4 月の緊急事態宣言を受け、一度も受講生と直接対面することなしに、5 月~8 月にかけて 15 週間の講義をすべてオンラインで実施した。実践においては Webclass、Google Forms、Flipgrid、Teams、MS Stream を用い、基本的に対面授業を平行移動する形でタスクをデザインしたが、オンライン化により、想定していた対面授業との違いが見られた。なお COVID-19 の影響下で、TIME の記事もコロナ一色となった。それでも、TIME Online という教材は、日本語では知り得ない新しい知見を得るのに有効であり、オンラインのタスクにより英語を使うという実感を受講生に与えることができた。受講生アンケートの結果も踏まえ、本実践の効果とオーセンティック教材を使った教授デザインのメリットを検証する。

  • Insights Derived from Two Multinational COIL Exchange Contexts

    MacLean, G., Toya, M., Nago, A., Tan, S.

    International Virtual Exchange Conference (IVEC) 2021 Conference Proceedings ( International Virtual Exchange Conference 2021 )  2021   58 - 64   2022年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(国際会議プロシーディングス)

     概要を見る

    This report is based on a presentation at IVEC 2021 about two ninety-minute collaborative online international learning (COIL) exchanges between (1) the University of the Ryukyus in Japan and Universiti Malaysia Pahang and (2) the University of the Ryukyus in Japan and Asian-Pacific COIL partner institutions, notably the University of Hawaii. Such initiatives cannot be accomplished without the efforts of numerous parties: students especially, but also faculty and staff. Preparing our presentation and this report has been a heuristic process that helped us develop a more inclusive and organic approach toward future COIL exchanges. We hope our account will be of use to anyone who intends to develop and improve such efforts. Two faculty and two administrative staff have contributed to this report by providing descriptions of the exchanges as well as insights and interpretations of participant responses to questionnaires about their experiences. The report will briefly discuss an initial (2018) COIL exchange and how it informed future efforts. Thereafter, an online intensive study program (OISP) held in 2021 will be discussed in further detail. Results from participant responses to a pre- and post-exchange questionnaire using the Beliefs, Events, and Values Inventory (BEVI) will be used as a measure of the OISP exchange program implementation and results based on descriptive statistics will follow. Finally, we will discuss the OISP program from the perspective of the administrative support staff involved in coordinating and making such COIL exchanges possible.

  • コロナ禍の遠隔授業における3つの実践の比較分析

    東矢光代

    琉球大学欧米文化論集 ( 琉球大学国際地域創造学部国際言語文化プログラム )  65   1 - 23   2021年03月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    This paper reports three online teaching practices in Spring 2020, in the middle of the COVID-19 pandemic. By examining the designs, online platforms, and students’ reactions, the author made an attempt to evaluate the effects of such virtual teaching/leaning compared to face-to-face classes. The three courses included English teaching methodology B and Intermediate English Seminar at University of the Ryukyus as well as a corresponding university course which also dealt with the English teaching methodology. The results showed that a simple, familiar LMS such as the Webclass was found effective and that group work with the Zoom breakout-room function can lead to a fair microteaching demonstration online. Although the online courses were promoted as a byproduct of the pandemic, the author recognized her skill enhancement in learning about ICT and redesigning and conducting classes based on such knowledge gained while observing students’responses.

  • 現実を映す鏡としてのYouTube教材と言語活動の可能性 : 認定講習コミュニケーション科目におけるセサミストリート

    東矢光代

    高度教職実践専攻(教職大学院)紀要 ( 琉球大学大学院教育学研究科 )  5   189 - 200   2021年02月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

     概要を見る

    This paper reports the use of Sesame Street videos on YouTube as a promising English teaching material for Japanese elementary school teachers as a part of the in-service certified course for junior high school English teaching license. Since the Course of Study released in 2018 states that English becomes a compulsory subject for 5th and 6 graders at the primary school level in 2020, it has been an urgent and critical mission for all concerned to secure a sufficient number of qualified teachers who are capable of conducting English class to elementary school children. Therefore, the author has been involved in the administration of the certified course that trains in-service teachers and this year, offered a class for English oral communication. Due to the severe influence of COVID-19 pandemic, only three teachers participated in the class; however, the class enjoyed authentic communicative activities even with facial masks and social distancing. The author designed the language activities based on two YouTube movies with the topics of “Heroes in Your Neighborhood” and “Meeting Julia”. The materials were found appropriate as they refer to the real-life situations, i.e., the COVID-19 pandemic and acceptance of various behaviors such as of autism. Under the circumstances, the needs for publicly available online materials, both for teaching and learning, will increase in the future. The current report shows a practical example of such ICT use for a teacher training classroom.

  • 4技能統合型の英語多読授業デザイン: 伝え合う活動の構築と目標達成のストラテジー

    東矢 光代

    言語学習と教育言語学 2019 年度版 ( 日本英語教育学会・日本教育言語学会合同編集委員会編集 早稲田大学情報教育研究所発行 )    59 - 71   2020年03月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    新学習指導要領に対応する新教員免許法下での教職再課程認定において,英語は「コアカリキュラム」 に基づいた科目の提供が求められ,シラバス,授業活動においても,将来の中高英語教員に資する内容が求められ ている.そのような状況を受け,筆者は「英語コミュニケーション」分野の「リーディング」で,英語多読を取り 入れた授業を 2019 年前期に実施した.この中では,新学習指導要領に対応した 4 技能統合型の授業構成・活動を意 識し,読む力の育成を主眼にしつつも,「伝え合う」活動を取り入れ,英語で「内容を伝え合う」と同時に「学び方 を伝え合う」取り組みを,主に英語を専攻する大学生 32 名を対象に実施した.15 回の講義を通じてのタスクデザ インの意図とその効果,授業時間外で最低 5 万語を読むという達成目標に向けての授業者と受講者の取り組みにつ いて,授業者の観察と受講者のアンケート調査結果を基に検証する.

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 動機づけ理論に基づく英語での授業実現のためのICT教員研修モデル構築と最適化

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K00652

    研究期間: 2021年04月  -  2025年03月 

    代表者: 東矢光代  研究分担者: 大城 賢

    直接経費: 3,100,000(円)  間接経費: 930,000(円)  金額合計: 4,030,000(円)

  • 複線径路等至性アプローチによる英語での授業へのプロセス探求:小中高比較と理論化

    基盤研究(C)

    課題番号: 18K00744

    研究期間: 2018年04月  -  継続中 

    代表者: 東矢光代  研究分担者: 大城 賢

  • 英語リスニングが苦手な学習者への高周波音域弁別訓練:行動分析学的検証と教授法構築

    基盤研究(C)

    課題番号: 23520752

    研究期間: 2011年04月  -  2016年03月 

    代表者: 東矢 光代  研究分担者: 眞邉 一近 日本大学, 大学院総合社会情報研究科, 教授 (80209676) 石津 希代子 聖隷クリストファー大学, リハビリテーション学部, 准教授 (10446180)

    直接経費: 3,900,000(円)  間接経費: 1,170,000(円)  金額合計: 5,070,000(円)

  • 英語リスニングでの閾値仮説とボトムアップ処理:高周波音域弁別と子音聞き取り能力

    基盤研究(C)

    課題番号: 20520506

    研究期間: 2008年  -  2010年 

    代表者: 東矢 光代 

    直接経費: 1,800,000(円)  間接経費: 540,000(円)  金額合計: 2,340,000(円)

  • 多様な学習者のための実践的英語リスニング訓練法の行動分析学的研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 18520440

    研究期間: 2006年  -  2007年 

    代表者: 東矢 光代 

    直接経費: 1,900,000(円)  金額合計: 1,900,000(円)

SDGs 【 表示 / 非表示

  • 英語教師教育、学習者の特質に応じた言語習得・外国語学習、動機づけ