金城 政樹 (キンジョウ マサキ)

Kinjo Masaki

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

20767454

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   助教  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  学士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 助教  

論文 【 表示 / 非表示

  • 長橈側手根伸筋裂離骨折後偽関節の1例

    勝木 亮, 大久保 宏貴, 金城 政樹, 普天間 朝上, 金谷 文則

    整形外科と災害外科 ( 西日本整形・災害外科学会 )  69 ( 2 ) 376 - 380   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>30歳,男性,アフリカ系アメリカ人,米軍の消防士.5か月前,バスケットボール中に転倒し,右手をついて受傷した.同日,右第2中手骨骨折の診断で,2か月間前腕ギプス固定を行われた.右手関節痛が持続し,手背部の骨性隆起を認めたため,当院を紹介された.第2中手骨基部及び手関節背側に圧痛を認めた.手関節背屈は可能だったが,抵抗を加えると疼痛が誘発された.握力は右10 kg,左42 kgと低下していた.単純X線像及びCTにて第2中手骨基部橈側の骨欠損と手関節背側に小骨片を認め,MRIで骨片に長橈側手根伸筋(ECRL)が連続し,陳旧性ECRL裂離骨折後偽関節と診断した.ECRL腱が付着した骨片を原位置に戻して骨移植を行い,tension band wiringによる偽関節手術を行った.術後4週間の前腕ギプス固定後に,関節可動域訓練を開始した.術後4か月で骨癒合が得られた.術後8か月で手関節可動域は制限なく,握力は47 kg(健側40 kg)に改善した.手関節掌背屈時痛や圧痛はなく,原職に復帰した.</p>

  • 小児足趾不全切断の 2 例

    大中 敬子, 普天間 朝上, 金城 政樹, 大久保 宏貴, 仲宗根 素子, 金谷 文則

    日本マイクロサージャリー学会会誌 ( 日本マイクロサージャリー学会 )  33 ( 1 ) 19 - 23   2020年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>Traumatic toe amputation has been rarely reported because of the limited number of cases, difficulty of the operative procedure and fewer problems with the absence of toes than fingers. We report toe amputation in 2 children. Case 1: A 15-year-old girl with crush type, Ishikawa classification subzoneⅡ, incomplete amputation of the first toe underwent revascularization with a vein graft. Skin necrosis was observed at the crush zone, and skin grafting was required after debridement and artificial dermis transplant. Case 2: A 7-year-old girl with crush type, Ishikawa classification subzoneⅡ, incomplete amputation of the fifth toe underwent revascularization. Skin necrosis was observed at the tip of the toe and the distal phalanx was resorbed partially, but the toe survived.</p>

  • Epidemiology of paediatric elbow fractures: A retrospective multi-centre study of 488 fractures

    Okubo H.

    Journal of Children's Orthopaedics ( Journal of Children's Orthopaedics )  13 ( 5 ) 516 - 521   2019年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 急速な皮質骨の菲薄化を呈した骨巨細胞腫による二次性動脈瘤様骨嚢腫の1例

    與那嶺 隆則, 大久保 宏貴, 金城 政樹, 普天間 朝上, 金谷 文則

    整形外科と災害外科 ( 西日本整形・災害外科学会 )  68 ( 1 ) 92 - 95   2019年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>39歳,男性,医学生.1年前から右示指の腫脹を,2か月前から同部位の疼痛を自覚し当院を受診した.中節レベルに腫脹・圧痛を認め,単純X線像上,中節に菲薄膨隆化を伴う骨透亮像を認めた.MRIではT1強調像で低輝度,T2強調像で内部の液面形成を伴う高輝度の腫瘍性病変を認めた.その後,腫脹と圧痛は急速に増悪し,手術直前(初診後6週)の単純X線像では中節皮質骨の菲薄化は著明に進行,一部途絶していた.創外固定器装着,腫瘍搔爬,人工骨・自家骨(β-TCP)移植術を施行した.病理診断は骨巨細胞腫による二次性動脈瘤様骨嚢腫であった.移植骨の良好なリモデリングを認めたが,術後12か月で中節基部掌側に腫瘍が再発した.再手術で腫瘍搔爬,フェノール処理,人工骨(α-TCP)充填を行い,術後はデノスマブ皮下注を行った.再手術後7か月,腫瘍の再々発はなく,可動域制限は軽度残存するが趣味のチェロ演奏も可能で,日常生活に支障はない.</p>

  • Three-dimensional analysis of deformities of the radius and ulna in congenital proximal radioulnar synostosis.

    Nakasone M, Nakasone S, Kinjo M, Murase T, Kanaya F

    The Journal of hand surgery, European volume ( Journal of Hand Surgery: European Volume )  43 ( 7 ) 739 - 743   2018年09月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

全件表示 >>