髙橋 美奈子 (タカハシ ミナコ)

TAKAHASHI Minako

写真a

職名

准教授

科研費研究者番号

60336352

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 併任   琉球大学   教育学研究科   その他  

  • 専任   琉球大学   教育学部   学校教育教員養成課程   准教授  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年05月

    University of Hawaii at Manoa  Linguistics  修士課程  修了

  •  
    -
    2000年09月

    University of Hawaii at Manoa  Department of East Asian Language and Literatures  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • University of Hawaii at Manoa -  修士  人文・社会 / 言語学

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    2002年03月

      琉球大学教育学部生涯教育課程日本語教育コース助手  

  • 2002年04月
    -
    2007年03月

      琉球大学教育学部生涯教育課程日本語教育コース講師  

  • 2007年04月
    -
    2009年03月

      琉球大学教育学部生涯教育課程日本語教育コース准教授  

  • 2009年04月
    -
    2017年03月

      琉球大学教育学部生涯教育課程子ども地域教育コース准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

      琉球大学教育学部学校教育教員養成課程小学校教育コース学校教育専攻子ども教育開発専修准教授  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 2000年10月
    -
    継続中
     

    日本語教育学会

  • 2000年10月
    -
    継続中
     

    大学日本語教員養成課程研究協議会

  • 2000年10月
    -
    継続中
     

    現代日本語研究会

  • 2000年10月
    -
    継続中
     

    社会言語科学会

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    琉球大学言語文化研究会

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育学、談話研究、社会言語学

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 日本語教育

  • 人文・社会 / 日本語学

主たる研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 現代沖縄社会における自然談話の研究

  • 沖縄県における日本語を母語としない児童生徒に関する研究

  • 接触場面における自然談話の研究

論文 【 表示 / 非表示

  • 学級担任が把握する日本語指導が必要な児童生徒の支援状況-沖縄県北谷町における公立小中学校の全学級を対象にした調査より-

    髙橋 美奈子・渡真利聖子・平良ゆかり

    琉球大学国際教育センター紀要   ( 6 ) 14 - 31   2022年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 保育者による行為要求表現の形式と文体

    髙橋美奈子, 奈良梨夏子

    言語文化論叢   ( 18 ) 103 - 115   2021年05月

    掲載種別: 研究論文(大学,研究機関紀要)

  • 「幼稚園教諭養成における保育内容の授業構成に関する基礎的研究-『領域に関する専門的事項』の内容の検討-」

    岡花祈一郎・増澤拓也・三田沙織・中尾達馬・淡野将太・國吉真哉・浅井玲子・ 村上呂里・髙橋美奈子・吉田悦治・小川由美

    『琉球大学教育学部紀要』   第98集   127 - 137   2021年03月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 沖縄県における「外国人の子供の就学状況等調査結果」に関する一考察

    髙橋美奈子・渡真利聖子・中川麻美・平良ゆかり・天願千里佳

    琉球大学教育学部紀要 ( 琉球大学教育学部 )  97   119 - 141   2020年09月

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 日本語学習者にみられる日本語のジェンダー規範意識:―相手言語接触場面と第三者言語接触場面の談話分析から―

    髙橋 美奈子, 谷部 弘子, 本田 明子

    ことば ( 現代日本語研究会 )  40 ( 0 ) 72 - 89   2019年12月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>日本語が「第三者言語」として使用される機会が増えている現在、第三者言語接触場面における実証的な研究の必要性は高い。本稿では、実態と意識との乖離が指摘されているジェンダー規範を取り上げ、日本語学習者がどのようなジェンダー規範意識をもっているのかについて、相手言語接触場面と第三者言語接触場面を比較し明らかにする。分析に使用したデータは、留学生の日常談話データおよび意識を明らかにするための半構造化インタビューである。結果として、学習者は来日前から日本語のジェンダー規範についての知識があり、規範を肯定的にとらえていた。しかし、実際の言語使用においては、意識と異なり、規範にとらわれない自由な言語使用がみられた。中には、第三者言語接触場面より相手言語接触場面での方が日本語のジェンダー規範を順守しようとする言語使用もあった。学習者のもつ規範意識と実際の言語使用との複層性にどう向き合うか、日本語の教育に携わる者の意識が問われている。</p>

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • そのまんまの日本語 自然談話コーパスの会話で学ぶ

    遠藤織枝, 阿部ひで子, 小林美恵子, 三枝優子, 髙橋美奈子, 髙宮優実, 中島悦子, 本田明子, 谷部弘子 ( 担当: 分担執筆 )

    ひつじ書房  2020年03月 ( ページ数: 123 )

  • 今どきの日本語 変わることば・変わらないことば

    遠藤織枝編 髙橋美奈子 他著 ( 担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第11章 コミュニケーションの極意2 )

    ひつじ書房  2018年06月 ( ページ数: 213 )

  • 談話資料日常生活のことば

    遠藤 織枝, 小林 美恵子, 佐竹 久仁子, 高橋 美奈子, 現代日本語研究会 ( 担当: 編著 , 担当範囲: はじめに、第11章 家族の談話にみられる行為要求表現の現在 )

    ひつじ書房  2016年08月

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 日本語母語話者との会話で何が学べるか-非日本語環境における学習者の日本語習得の特徴-

    本田明子,谷部弘子,髙橋美奈子

    日本語教育国際研究大会     2014年07月  [査読有り]

     

  • 書評:山田智久著(2012)『日本語教師のためのTIPS77② ICTの活用』くろしお出版

    髙橋美奈子

    留学生教育 ( 琉球大学留学生センター )  ( 10 )   2013年03月

     

  • 沖縄で気づかされる日本語の多様性

    髙橋美奈子

    言語文化論叢「会報」 ( 琉球大学言語文化研究会 )  ( 10 )   2012年10月

     

  • アメラジアンスクールにおける言語教育に関する一考察

    髙橋美奈子

    ことば ( 現代日本語研究会 )  ( 31 ) 5 - 7   2010年12月  [査読有り]

     

  • 沖縄県における年少者日本語教育研究

    髙橋美奈子

    平成18年度~平成20年度科学研究費補助金 若手研究(B)研究成果報告書 研究代表者 髙橋美奈子 課題番号18720140, ( その他の出版社 )    2009年06月

     

全件表示 >>

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

  • 子どもの日本語教育のエージェンシー形成―大学院生と地域支援者による学び合い―

    齋藤ひろみ・髙橋美奈子

    子どもの日本語教育研究会第7回大会  (オンライン)  2022年03月  -  2022年03月   

  • 沖縄県内における外国にルーツを持つ子どもの就学状況・法令の現状

    髙橋美奈子

    JICA 2021年度国際理解・開発教育指導者養成講座(中上級編)学校現場での多文化共生の実現に向けて  2021年12月  -  2021年12月   

  • 沖縄県における「外国人の子供の就学状況等調査結果」報告

    髙橋美奈子、渡真利聖子、中川麻美

    第22回 沖縄県子ども日本語教育研究会  2020年09月  -  2020年09月   

  • 沖縄県の子どもの日本語教育に関わる実践事例報告

    平良ゆかり、天願千里佳、髙橋美奈子、渡真利聖子

    2020年度 子どもの日本語教育研究会 特別企画  (リモート会議形式)  2020年08月  -  2020年08月   

  • 言葉・制度・心の壁に阻まれる子どもたち-今、私たちにできることは-

    黒田華, 田中宝紀, 髙橋美奈子

    日本語支援のための教師研修 一般公開講演会  (琉球大学50周年記念館)  2019年11月  -  2019年11月   

全件表示 >>

科研費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県における外国人児童生徒のための日本語教育支援・指導体制構築に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 21K00600

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月 

    代表者: 髙橋美奈子  研究分担者: 北上田源、渡真利聖子

  • 日本語学習者談話の有効性に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 16K02817

    研究期間: 2016年04月  -  2018年03月 

    代表者: 高橋美奈子  研究分担者: 谷部弘子、本田明子

  • 日本語学習者の言語行動のバリエーション獲得に関する研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 25370582

    研究期間: 2013年04月  -  2015年03月 

    代表者: 谷部弘子  研究分担者: 高橋美奈子、本田明子

  • 現代沖縄社会における自然談話の分析研究

    基盤研究(C)

    課題番号: 00000000

    研究期間: 2013年04月  -  2015年03月 

    代表者: 高橋美奈子 

    直接経費: 0(円)  間接経費: 0(円)  金額合計: 0(円)

  • 沖縄県における年少者日本語教育研究

    若手研究(B)

    課題番号: 18720140

    研究期間: 2006年04月  -  2008年03月 

    代表者: 高橋美奈子 

全件表示 >>

その他研究費獲得情報 【 表示 / 非表示

  • 日本語を母語としない児童生徒ともに学べる学校づくり・授業づくり

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 文部科学省科学技術人材育成費補助事業 琉球大学ジェンダー協働推進室「オーガナイザー養成支援」

    研究期間: 2022年06月  -  2023年03月 

    資金配分機関: 文部科学省

  • 沖縄県における外国人児童生徒の就学状況に関する研究

    研究費種類: 財団・社団法人等の民間助成金  参画方法: 研究代表者

    研究種別: 研究助成  事業名: 宇琉麻学術研究助成基金

    研究期間: 2020年09月  -  2021年09月 

    代表者: 髙橋美奈子  連携研究者: 渡真利聖子、北上田源、中川麻美  資金配分機関: 琉球大学

  • 琉球大学への日本語指導アドバイザー派遣

    研究費種類: 公的研究費(省庁・独法・大学等)  参画方法: 研究代表者

    研究種別: その他  事業名: 文部科学省日本語指導アドバイザー

    研究期間: 2020年02月  -  2020年02月 

    代表者: 髙橋美奈子  資金配分機関: 文部科学省

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 中級日本語学習者向けの日本語会話教科書作成

    研究期間: 2016年08月  -  2019年12月 

    代表者: 遠藤織枝  連携研究者: 阿部ひで子,小林美恵子,三枝優子,髙橋美奈子,髙宮優実,中島悦子,本田明子,谷部弘子 

  • 日本語学習者の言語行動のバリエーション獲得に関する研究

    研究期間: 2013年04月  -  2015年03月 

    代表者: 谷部弘子  連携研究者: 高橋美奈子,本田明子 

  • 世代別現代日本語自然談話コーパスの作成

    研究期間: 2011年02月  -  2016年08月 

    代表者: 遠藤織枝,小林美恵子,佐竹久仁子,髙橋美奈子  連携研究者: 孫琦,佐々木恵理,増田祥子,中島悦子,谷部弘子,髙宮優実,牧野由紀子,斎藤理香,本田明子 

SDGs 【 表示 / 非表示

  • ことばとジェンダー、日本語を母語としない児童生徒への支援、接触場面