新垣 伸吾 (アラカキ シンゴ)

Arakaki Shingo

写真a

職名

助教

科研費研究者番号

40801246

現在の所属組織 【 表示 / 非表示

  • 専任   琉球大学   医学研究科   助教  

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月
    -
    2003年03月

    長崎大学   医学部   医学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 琉球大学 -  医学博士  ライフサイエンス / 消化器内科学

  • 琉球大学 -  医学博士  ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • 長崎大学 -  学士  その他 / その他

職歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中

      琉球大学 医学研究科 助教  

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本内科学会 日本肝臓学会 日本消化器病学会 日本消化器内視鏡学会 

論文 【 表示 / 非表示

  • Age-dependent effects of diabetes and obesity on liver-related events in non-alcoholic fatty liver disease: Subanalysis of CLIONE in Asia.

    Seko Y, Kawanaka M, Fujii H, Iwaki M, Hayashi H, Toyoda H, Oeda S, Hyogo H, Morishita A, Munekage K, Kawata K, Yamamura S, Sawada K, Maeshiro T, Tobita H, Yoshida Y, Naito M, Araki A, Arakaki S, Kawaguchi T, Noritake H, Ono M, Masaki T, Yasuda S, Tomita E, Yoneda M, Tokushige A, Kamada Y, Takahashi H, Ueda S, Aishima S, Sumida Y, Okanoue T, Itoh Y, Nakajima A, Japan Study Group of Nonalcoholic Fatty Liver Disease (JSG-NAFLD).

    Journal of gastroenterology and hepatology ( Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia) )    2022年10月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 投稿 症例 抗菌薬肝動脈注射療法が奏効した過粘稠性Klebsiella pneumoniaeによる難治性多発肝膿瘍の1例

    兼元 萌実, 田端 そうへい, 新垣 伸吾, 前城 達次, 外間 昭

    内科 ( 南江堂 )  130 ( 2 ) 312 - 315   2022年08月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 症例 原発性肝細胞癌の腹膜播種破裂により腹腔内出血をきたした1例

    座波 麻耶子, 平安名 常一, 新垣 伸吾, 小山 寛文, 伊良波 裕子, 大田 有可, 石神 康生, 村山 貞之

    臨床放射線 ( 金原出版 )  67 ( 4 ) 405 - 409   2022年04月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • Clinical Outcomes in Biopsy-Proven Nonalcoholic Fatty Liver Disease Patients: A Multicenter Registry-based Cohort Study.

    Fujii H, Iwaki M, Hayashi H, Toyoda H, Oeda S, Hyogo H, Kawanaka M, Morishita A, Munekage K, Kawata K, Yamamura S, Sawada K, Maeshiro T, Tobita H, Yoshida Y, Naito M, Araki A, Arakaki S, Kawaguchi T, Noritake H, Ono M, Masaki T, Yasuda S, Tomita E, Yoneda M, Kawada N, Tokushige A, Kamada Y, Takahashi H, Ueda S, Aishima S, Sumida Y, Nakajima A, Okanoue T, Japan Study Group of Nonalcoholic Fatty Liver Disease (JSG-NAFLD).

    Clinical gastroenterology and hepatology : the official clinical practice journal of the American Gastroenterological Association ( Clinical Gastroenterology and Hepatology )    2022年01月 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

  • 関節リウマチに対しアバタセプト投与中に潰瘍性大腸炎類似の大腸炎を認めた1例

    古賀 絵莉香, 伊良波 淳, 新垣 和也, 田端 そうへい, 大石 有衣子, 大平 哲也, 新垣 伸吾, 金城 徹, 外間 昭, 藤田 次郎

    日本消化器内視鏡学会雑誌 ( 一般社団法人 日本消化器内視鏡学会 )  64 ( 8 ) 1469 - 1474   2022年 [ 査読有り ]

    掲載種別: 研究論文(学術雑誌)

     概要を見る

    <p>症例は67歳,男性.関節リウマチに対してT細胞選択的共刺激調整剤のアバタセプトが投与された.投与開始4カ月後に腹痛・下痢・血便を認め,当科に紹介された.大腸内視鏡検査では潰瘍性大腸炎に類似したびまん性の大腸炎を認めた.他の腸管に病変は認められなかった.アバタセプトによる免疫関連有害事象と判断してプレドニゾロンを投与した.治療により大腸炎は改善した.アバタセプトの投与に伴う免疫関連有害事象の大腸炎は,稀ではあるが,念頭におくべき疾患と考えられた.</p>

全件表示 >>

MISC(その他業績・査読無し論文等) 【 表示 / 非表示

  • 沖縄県における肝硬変の成因別実態

    新垣伸吾 田端そうへい 星野訓一 圓若修一 前城達次 外間昭 藤田次郎 大城武春 宮里賢 普久原朝史 仲吉朝邦 仲吉朝史 柴田大介 佐久川廣

    肝硬変の成因別実態2018 ( 医学図書出版 )    150 - 153   2019年03月  [査読有り]

     

研究発表等の成果普及活動 【 表示 / 非表示

全件表示 >>